電 力総研 水 力あれこれ
と はずがたりな掲示板(利 水スレ電 力スレ)
20.9.28運開

益田川(飛弾川)関連発電所(その1)

飛騨川水系電源開発: 飛騨川 益田川 益田川(源流) 馬瀬川

かつては源流の野麦峠から馬瀬川合流点までを「益田(ました)川」、馬瀬川合流点より木曽川合流点までを「飛騨川」と呼称していたが、1964年(昭和 39年)に河川法が改訂され、水系一貫管理の観点から源流より木曽川合流点までの全域が1965年(昭和40年)に「飛騨川」と改称された。
益田 川,元々今の下呂市は益田郡であった。なんということか,益田という地名を棄ててしまったのである。法律上飛騨川だろうが何だろうが,馬瀬川合流迄を益田 川として本項では扱うことにする。法律が何と云おうと,熊野川・十津川・天ノ川であるし紀の川・吉野川だし信濃川・千曲川なのである。

さて,本項では益田川を中心に見ていく。馬瀬川はこちらを参照されたし。益田川の上流部はこちら

水力.com:[1-1]・朝日発電所・[1-2]久々野発電所・[1-3]小坂発電所・[1-4]中呂発電所・[1-5]東上田発電所・[1-6]瀬戸第一発電所・瀬戸第二発電所・[1-7]下原発電所・[1-8]大船渡発電所・[1-9]馬瀬川第一発電所・[1-10]馬瀬川第二発電所
ダム便覧:[2-1]岩屋ダム・[2-2]馬瀬川第二ダム・[2-3]西村ダム・[2-4]東上田ダム・[2-?]下原ダム
Wikipedia:[3-1]朝日ダム・[3-2]秋神ダム
ダムの訪問記:[4-1]小坂堰堤(小坂ダム)

増強策提案
青屋川久々野ダム導水(+3.5MW) 小坂川新規開発(+7.2MW) 山之内川開発(+10.    85MW)  合計[+21.55MW]


戦後着工された兄弟ダム。共に朝日発電所に水を供給する秋神ダムと朝日ダムである。
1億トン級の貯水量を誇る超巨大ダムに比べれば物足りないとは云え,一体的に運用される両者併せると3,948.9万m3。巨大ダムには違いない。益田川 の下流のダムの安定的な発電に大いに寄与しよう。朝日発電所自体も20.5MWと水発にしては大きめの発電量である。使用水量もいきなり31m3/sと飛 ばしている♪




朝日ダム
中部電力(株)
着手/竣工:1952/1953
堤高:87m
総貯水容量:2,551.3万立方メートル    有効貯水容量:2,251.3万m3
満水位標高:872m    低水位標高:830m
流域面積:308.3km2 (直接:225.0km2    間接:83.3km2)
湛水面積: 0.98平方キロメートル
 
~秋神川~
秋神(あきがみ)ダム
益田川支流秋神川
中部電力(株)
着手/竣工:1952/1954
堤高:74m
総貯水容量:1,758.4万立方メートル    有効貯水容量:1,697.6万m3
満水位標高:872m    低水位標高:830m
流域面積:83.3 平方キロメートル    湛水面積: 0.70平方キロメートル

朝日発電所
中部電力(株)
所在地:岐阜県高山市朝日町寺附
運開:1953
ダム式・貯水池式
認可最大出力:20,500kW      常時出力:6,700kW
最大使用水量:31.10m3/s
有効落差:77.00m
水車:2台 総出力21800kW
導水路:総延長1825.7m
流域面積:308.3km2
取水:飛騨川[朝日ダム]秋神川[秋神ダム](872.00m)
放水:飛騨川(久々野ダム直上)(793.50m)

朝日ダム及び秋神ダムより水の供給を受ける。

wiki(飛騨川流域一貫開発計画など)に拠ると,

飛騨川流域の水力発電事業を継承した中部電力は、日本発送電が調査していた朝日発電所とダム工事に着手する。当時,頻繁な停電を伴う 深刻な電力不足に陥っていた。このため大規模な貯水池を有する水力発電所を建設することで年間を通じ安定した電力供給を行い、当時石炭不足で稼働率の低 かった火力発電所に代わる主力設備として大規模なダムを擁する水力発電所の建設が日本各地で盛んに行われるようになった。

更に流域間で効率的な水の利用を行うことで既に運転している水力発電所の出力や年間発生電力量を増加
させることも電力供給上重要となった。このため飛騨川流域でも戦前とは異なり流域全体で水力発電開発計画を進める必要が生じ、朝日発電所の建設などを経て(中部電力は)1962年流域全体の大規模水力開発計画を立てた。これが飛騨川流域一貫開発計画である

等とあり,戦後の中電に拠る,益田川開発計画の出発点になった発電所の様である。

青屋川
829m地点で44.1km2の流域面積


久々野ダム
高山市[場所]・中部電力(株)・発電
取水:飛騨川(朝日ダム直下)
送水:久々野発電所
堤高:26.7m
取水量:34.60m3/s[ダム湖の風景
総貯水容量:124.7万m3 / 有効貯水容量: 39.5万m3
満水位標高:793.5m
低水位標高:790.5m
流域面積:229km2 湛水面積: 15ha

満水位と低水位が3mしか変わらない。。これでは有効貯水量が総容量に比べて低い訳だ,,使える様にすれば良いのに。

久々野発電所[水力
高山市久々野町[場所]・中部電力(株)・発電
出力:38,900kW
最大使用水量:34.60m3/s
有効落差:127.48m
流域面積:312.3km2
取水:久々野ダム(793.5m)
送水・放水:小坂発電所(3号機)・飛騨川(649.5m)
運開:1962

小坂ダム(小坂堰堤)[水力
高山市久々野町[場所]・中部電力(株)・発電
取水:飛騨川(久々野発電所直下)
送水:小坂発電所(1号機・2号機)

小坂発電所[水力
下呂市小坂町[場所]・中部電力(株)・発電
出力:   
最大使用水量:44.70m3/s(対久々野P/S+10.1m3/s)
  1・2号機…16.70m3/s 3号機…28.00m3/s
有効落差:
受水(1・2号機):小坂ダム
受水(3号機):久々野発電所
放水:飛騨川(東上田ダム直上)
運開:1930・ 1966・三号機増設
    流域面積:1、2号機 499.5km2(久々野ダムと小坂ダムの差は187.2km2ある。水量の増分は10.1m3/sでやや抑えめである。。)
    流域面積:  3号機 312.3km2(久々野と同じ=そのまま送られる)

1962年に建設された久々野発電所で使用される34.6m3/sの水は一旦飛騨川を挟む小坂ダム経由で取水する1930年運開の1・2号機では16.7m3/sしか使い切れず1966年に増設された久々野発電所から直送される3号機でなんとか使える様にしたようだ。
3号機の使用水量は28.0m3/sで久々野の使用水量よりも10.10m3/s程多い。
10.10m3.sが間の青屋川などからの流入量ということのようだ。他に秋神川・無数川谷などもあるから全てではないけど。
調べてみると青屋川の流域面積は44.1km2程。推定4m3/s程か。
青屋川から久々野ダムにこの4m3/sのを引き込めば,先ず青屋川(829m)から久々野ダム湖(796m)の落差で発電出来て,更に久々野発電所の使用水量を増やすことが出来る

[仮称]青屋発電所
出力:900kW[+0.9MW]
有効落差:28m
使用水量:4m3/s

[増強]久々野発電所
出力:43,900kW[+0.5MW]
使用水量:38.6m3/s[+4m3/s]

両者併せて1.4MWか,,大きくは無いな。。
青屋の取水ポイントを上げてみる。

青屋川は直後で二俣に岐れるので九蔵川(894m)・二俣川(894.9m)で取水。流域面積は40km2以下には成らないであろう。

[第二案]青屋発電所
出力:3,000kW[+3.0MW]
有効落差:95m
使用水量:3.8m3/s

まあこれくらい欲しいよね。
 
小坂川

中部電力株式会社
小坂川発電所[水力
中部電力(株)
所在地:下呂市小坂町落合[場所]
運開:1983
水路式/流込式
認可最大出力:21,300kW  常時出力:4,300kW
最大使用水量:6.00立方メートル毎秒
落差
有効落差:423.90m
設備
水車:立軸ペルトン水車 出力22000kW1台
発電機:立軸三相交流同期発電機1台
導水路(兵衛谷→濁河川):総延長986.1m
導水路(濁河川→発電所):総延長5660.4m
流域面積:38.3平方キロメートル
取水:兵衛谷濁河(にごりご)川(1116.00m)
放水:小坂川(659.35m)

流域面積39.3km2にしては最大使用水量が多く6.00m3/sもあって,有効落差が驚異の423mってこともあり,巨大な発電力を叩き出している。

小坂川発電所直下(659m)から小坂ダム(509m)迄落差あるので開発可能である。

新小坂発電所
最大出力:7,200kW~9,600kW
最大使用水量:6.0m3/s~8.0m3/s
有効落差:145m
導水路:大洞川を跨いで約7.6km

本州内陸部のというか中部山岳地帯のポテンシャルすげえな。

 
~山之内川~

取水口(850m水準)
山之内川 8.69km2

名称不詳A
名称不詳B
鈴が洞谷 3.21km2

カジヤ谷
名称不詳C
名称不詳D
岩崎谷 3.86km2

クレ石谷
大島谷 1.11km2

益田川(460m)

谷名は河川データセットより
有効落差:385m

取水沢名
流域
面積
推定可能
取水量
山之内川 8.69km2 0.8m3/s
名称不詳A 未調査 0.01m3/s
名称不詳B 未調査 0.01m3/s
鈴が洞谷 3.21km2 0.3m3/s
カジヤ谷 未調査 0.05m3/s
名称不詳C 未調査 0.01m3/s
名称不詳D 未調査 0.01m3/s
岩崎谷 3.86km2 0.3m3/s
クレ石谷 未調査 0.05m3/s
大島谷 1.11km2 0.1m3/s
合計
1.6m3/s

導水路:14.53km


[新設]飛騨萩原発電所
出力:5,100kW[+5.1MW]

更に上流に,神通川水系だけど水源みっけた。越境して受水しよう。
受水時に落差が180m程あるので発電もしたい。

取水:1040mレベル
宮川防災ダム便覧
河川:ヌクイ谷
事業者:岐阜県
流域面積/湛水面積     8.6km2 ( 直接:5.8km2 間接:2.8km2 ) /20ha
総貯水容量/有効貯水容量     162.8万m3/112.8万m3
ツメタ谷

放水:858mレベル
山之内川萩原発電所取水堰

[新設]奥山之内川発電所
最大出力:1,150kW[+1.15MW]
使用水量:0.8m3/s
有効落差:175m

この0.8m3/sは上乗せ可能。

[再検討]萩原発電所[新設]飛騨萩原発電所
出力:8.000kW[+8.0MW]
使用水量:2.4m3/s

いいねぇ~♪高原大好きw

ただ山之内の方が一寸小さいかな。流域面積も8.6km2あるとある間接流域とか地図上は不明だし0.8m3/sも取れるかわからんし。

もう一寸広めてみたw
レベルを揃える為に宮川防災ダムの直下と久々野防災ダムからの取水がメイン。
導水距離は下記の7.1kmに加えて水圧鉄管分

取水口:1000mレベル

宮川導水路
ヌクイ谷 ・ツメダ谷 併せて10.9km2。宮川防災ダムに発電利水の容量確保して計画的に流したい。


久々野導水路
・久々野防災ダム[便覧
河川:無数河川
事業者:岐阜県
流域面積/湛水面積     4.9km2 ( 全て直接流域 ) /16ha
総貯水容量/有効貯水容量     1462千m3/1272千m3
名称不詳(仮称:二俣谷) 1.13km2

名称不詳
名称不詳
放水:858mレベル
山之内川萩原発電所取水堰

有効落差:135m

取水沢名
流域
面積
推定可能
取水量
ヌクイ谷
ツメタ谷
10.82km2
0.8m3/s
久々野ダム
4.9km2
0.5m3/s
三俣谷(仮称)
1.13km2
0.1m3/s
名称不明イ
未調査
0.01m3/s
名称不明ロ
未調査
0.01m3/s
合計

1.42m3/s

[再検討]奥山之内川発電所
最大出力:1,550kW[+1.55MW]
使用水量:1.42m3/s
有効落差:135m

ヌクイ谷・ツメタ谷・久々野ダムからの取水分1.3m3/sは上乗せできる。

[再々検討]萩原発電所
最大出力:9,300kW[+9.3MW]
使用水量:2.9m3/s
有効落差:385m

両発電所併せて10.85MW。これは採算ベースにのるのではないか??

東上田ダム(小坂ダム)[地理院(502m)
下呂市小坂町[場所]・中部電力(株)・発電
集水:飛騨川・小坂発電所
送水:東上田発電所・中呂発電所
堤高:18m
流域面積/湛水面積: 770km2 ( 全て直接流域 ) /21ha
総貯水容量/有効貯水容量     1065千m3/561千m3
着手/竣工     1952/1954

久々野ダムが朝日にあって,小坂ダムが久々野にあって,東上田ダムが小坂に瀬戸ダムが東上田にあるのでやむを得ないけど本当は東上田ダムだけど国土地理院にも小坂ダムと書かれちゃってる東上田ダム。此処から中呂発電所を通じて馬瀬川へ水を送り込む重要なダムである。

中呂発電所→[と構想]では増強
下呂市中呂・中部電力(株)・発電
出力:13,300kW
水車:出力13800kW1台
最大使用水量:20.00m3/s
有効落差:79.00m
受水:東上田ダム
送水:岩屋ダム

東上田発電所→[と構想]ではピーク電源化
出力:
最大使用水量:40m3/s
有効落差:
受水:東上田ダム
放水:飛騨川


瀬戸ダム
種類:取水堰
取水:飛騨川
送水:瀬戸第一
 
~馬瀬川~

西村ダム→[と構想]では廃止
下呂市馬瀬西村[場所]
中部電力(株)
目的:発電
堤高:19.5m
流域面積/湛水面積     217.3km2 ( 直接:163.3km2 間接:54km2 ) /5ha
総貯水容量/有効貯水容量     276千m3/200千m3
着手/竣工     1933/1938
受水:馬瀬川
送水:瀬戸第二発電所[飛騨川]
 


 
竹原川
 
瀬戸第一発電所・第二発電所
岐阜県下呂市瀬戸
関西電力(という現在の関電とは名前は一緒だが別会社)が開発し,全国一社に統合された日本発送電迄は第一第二の区別無しだったそうな。

瀬戸第一発電所→[と構想]では東上田発電所の水量減少に対して東上田ダム~瀬戸ダム間の集水強化へ変化無し
運開:1924.3
水路式・流込式
認可最大出力:28200kW(運開時27000kW)      常時出力: 7740kW
最大使用水量:32.00m3/s
有効落差:101.69m
導水路:総延長12381.2m
流域面積:924.7平方キロメートル
取水:飛騨川[瀬戸ダム]
放水:飛騨川(269.85m)

瀬戸第二発電所→[と構想]では廃止
運開:1938.9(関西電力(株),日本配送電迄は瀬戸第一と第二は同一の瀬戸発電所)
水路式・流込式
    認可最大出力:21000kW(運開時20800kW)      常時出力: 4400kW
    最大使用水量:15.50立方メートル毎秒
    有効落差:156.60m
導水路:総延長13774.2m
    流域面積:222.4平方キロメートル
    取水:弓掛川、床鍋谷、他→馬瀬川[西村ダム]450.00m
    放水:飛騨川271.51m

馬瀬川で検討した様に今は有効活用し切れてないけど。西村ダム他取水口から瀬戸PSに流すより馬瀬経由の方が有利に出来そう。
 
~馬瀬川~

岩屋ダム
場所:
事業者:(独法)水資源機構管轄
目的:治水・潅漑・上水道・工業用水・発電
流域面積:
[1-1] 1,034.9km2( 直接:264.9km2  間接:770km2 )
[2-1] 1,804.9km2( 直接:1034.9km2  間接: 770.0km2)
[3-1] 1,734.9km2
湛水面積:426ha(4.26km2)
      総貯水容量:1億7,350万立方メートル
     有効貯水容量:1億5000万立方メートル
        治水容量: 5,000万立方メートル(有効貯水容量の内)
     発電、利水容量:1億立方メートル(有効貯水容量の内)

馬瀬川第一発電所
ダム式・混合揚水式
認可最大出力:288,000kW  常時出力:0kW
最大使用水量:335.00m3/s
有効落差:99.60m
取水位標高:406.00 m→岩屋ダム
放水位標高:303.50 m→馬瀬川第二ダム
上部貯水池:馬瀬川[岩屋ダム]
下部貯水池):馬瀬川[馬瀬川第二ダム]

馬瀬川第二発電所[1-2][3-2]
馬瀬川第二ダム湖は巨大ダムである岩屋ダムの逆調整池であり,また揚水発電所としての馬瀬第一発電所の下部調整池も兼ねている。
下部調整池である第二ダム湖は、第一発電所が五時間連続して揚水発電を行う運転に耐えられるだけの有効貯水容量を持つ。また①馬瀬川第二発電所は第二ダムの下流、約100メートル先の右岸に地下式として建設され、ピーク時発電に対応するため常時発電は行わず、電力需要が増大する夏季に最大6万6,000キロワットを発電する。②発電された水は延長5.5キロメートルの放水管を通じて飛騨川本流の大船渡ダム湖上流端で放流される。

馬瀬川第二発電所
中部電力(株)
所在地:岐阜県下呂市金山町岩瀬[場所]
運開:1976.6
一般水力・①ダム式・調整池式
認可最大出力:66,400kW  常時出力:0kW
最大使用水量:113.00m3/s
有効落差:69.55m
水車:出力68000kW1台
流域面積:1,049.0km2
取水(位標高):馬瀬川[馬瀬川第二ダム](309.00m)
放水(位標高):②飛騨川(230.5m)


下原ダム
河川:  木曾川水系飛騨川
事業者:中部電力(株)
目的:発電
堤高:23.9m
流域面積/湛水面積     1147km2 ( 全て直接流域 ) /35ha(0.35km2)
総貯水容量/有効貯水容量     2936千m3/684千m3
着手/竣工     1933/1938

下原発電所→[と構想]では増強
中部電力(株)
所在地:岐阜県下呂市金山町中切
運開:1938.12(運開時の事業者不明w)
ダム水路式・調整池式
認可最大出力:22.200kW      常時出力:3,800kW
最大使用水量:80.00m3/s
有効落差:34.55m
設備
    水車:2台 総出力26250kW
    導水路:総延長5346.3m
流域面積:1563.7平方キロメートル
取水:飛騨川[下原ダム]、馬瀬川[馬瀬川第二ダム(下流の取水堰)](268.30)
放水:飛騨川(230.80m)

大船渡ダム[益田川(230m)
種類: 取水堰
貯留量:412,000立方メートル

大船渡発電所
中部電力(株)
場所:岐阜県下呂市金山町大船渡
運開:1929.12 [岐阜電力(株)→東邦電力]
水路式・調整池式
 認可最大出力:6400kW      常時出力:2800kW
最大使用水量:64.0立方メートル毎秒
有効落差:12.30m
水車:2台 総出力3450kW
導水路:総延長388.3m
流域面積:1574.0平方キロメートル
取水:飛騨川[大船渡ダム](229.50m)
放水:飛騨川(216.85m)




此処から飛騨川となる。