中電水力 電力総研TOP 水力いろいろ
とはずがたり掲示板 (利 水スレ)
20.10.21運開

寸又川開発

嘗て,寸又川の奥地迄,戦前は帝室林野局,戦後は東京営林局千頭営林署が林業経営をしており,戦間期に水力発電用ダム建設の為の工事軌道がきっかけの森林 鉄道を経営しており,その後森林鉄道を林道に転換を経て現代では規模縮小と林道の廃道化が進んでいると云う現状である。現地のレポとしては「山行が」の愛 称で知られる廃道サイト『山さ行がねが』ヨッキれんこと平沼義之氏のレポが一番詳しいかと思われるが,それも探索は10年も前の事であり,その後も崩壊は進む一方と思われる(こんなレポも見かけた。2018年)。

ヨッキのレポ中でも,光(てかり)岳への登山ルートとしても役立つのに維持出来なかった事に対する嘆息が示され共感を禁じ得ない所であるが,林道が破潰的な影響を山に与えたこともほぼ確実の様で,山歩きには全く興味が無い訳でも無いけどまあ林鉄とかに比べれば大部関心は落ちる電力開発マニアの俺としては自然環境に配慮しつつこの豊かな再生可能な包蔵資源をなんとか利用したいと思わざるを得ないのである。

沿線沿革[wikiなど参照]
1930(S5) 千頭ダム着手
1931(S6) 9月第二富士電力により寸又川専用軌道沢間~大間間(10.5km)が開通 12月 大井川鉄道・金谷~千頭全通
1933(S8) 寸又川専用軌道大間~千頭堰堤間(9.8km)が開通
1934(S9) 大井川ダム・寸又川ダム着手
1935(S10) 千頭ダム竣工・湯山発電所運開[第二富士電力](22.2MW)・大井川電力専用軌道が大井川発電所(崎平)~千頭で運行開始,沢間・川根両国開業(千頭~崎平は大井川鐵道に乗り入れ?)。寸又川軌道,千頭堰堤~大樽沢開通(4.3km)。
1936(S11) 大井川ダム・寸又川ダム竣工・大井川発電所運開[大井川電力](68.2MW)
1938(S13) 大間発電所完成,寸又川軌道は帝室林野局に無償譲渡され千頭森林鉄道と改称。
1939(S14) 千頭森林鉄道:大樽沢 - 大根沢間(6.0km)が開通。
1945(S20) 千頭森林鉄道:大根沢 - 柴沢間(10.1km)が開通。
1947(S22) 帝室林野局が解体されて東京営林局千頭営林署の所轄に変更。
1951(S26) 寸又峡温泉観光客の運行を開始
1954(S29) 中部電力専用鉄道として大井川ダム(奥泉堰堤)~堂平の運行開始
1959(S34) 中部電力専用鉄道を大井川鐵道が引き継ぎ旅客運行を開始
1962(S37) 千頭森林鉄道:逆河内支線が開通。
1963(S38) 千頭森林鉄道:寸又峡温泉への観光客、宿泊客用の列車の運行中止。
1964~   寸又川左岸林道の建設開始
1968(S43) 千頭営林署:大根沢流域の開発が終了。
1969(S44) 千頭森林鉄道:全線廃止。
1968~70 沢間~大間間の森林鉄道跡を転用するなどして寸又右岸林道開設

中電から引き継いだ様に大井川鐵道が東京営林局からせめて寸又峡温泉迄運行継続出来れば面白かったのにねえ。。

さて,現代に於いては寸又川の開発はほぼされて居らず,電源開発は大井川本流沿いに沿って進められた。
大井川(川口・久野脇・大井川・井川)をザッと見て来て問題は大貯留量が大井川源流域(2億7,000万m3=畑薙第一8,000万+井川1億205万+ 長島6,800)に固まってるけどそれ長島より南側はほぼ流しっぱなし(304.5万m3=大井川102.5+境川34.3+笹間川168)である と云う点だった。

発電所の無い長島は資料が無くて不明だが,畑薙も井川も殆ど水を漏らしてない。最大の支流,寸又川であるが大間ダムがあるもののダダ洩れと云って良い。 (寸又川ダムもあるが大井川ダムと合算でよく解らん。)

先ずは県資料と水力.comから

水 力]さんに拠ると
>湯山発電所より更に8km、寸又峡温泉から11km遡ると千頭ダムがあり ます。
とのこと。
場 所]で見ると偉い山奥である。日本全国行ってるけどこんな山奥にもちゃんと足を運んでいて,水力管理者さん何者!?って感じになるw

勿論ヨッキも行ってて[山行が(千頭堰堤 ~大樽沢)]等のレポをもにしているけどまあヨッキはカタギじゃないので。。(どちらかというとマタギw)
2020年11月15日現在,ヨッキは左岸林道を帰還中で(正 確には10年前の帰還中のレポを順次公開中でw),次々と現れる崩落地にハラハラで,しかもこれは10年前の状況で今はだいぶ崩壊が進んでゐるという情報 がピンピンと耳に入り(例えばこれ。また国土地理院の地図にも当時は記載されていたが既に途中から先は記載はされなくなってゐる),矢も盾も溜まらず2020年版の山と高 原の地図43『塩見・赤石・聖岳』を購入してみた。
「寸又川左岸林道は崩落が激しく通行不可」・寸又川左岸林道は日向沢の下で林道完全崩壊(この辺)・日向林道完全崩壊・尾根のカーブ先で完全崩壊・「寸又川左岸林道は2011年の台風の被害によりお立台(よく出てくるがこの辺にある展望台)より上部は崩壊し通行不可能」
と恐ろしい表記の連続であり,極めつけは地図そのものに釜の島小屋辺り迄しか載っておらず,もっと北側は載っているのに個人的には一番知りたい柴沢とその先の林道は掲載範囲からコの字型に避けられてしまっているのである!!!
登山者からのルートからも外れ一番人跡未踏の奥地になってしまっているのかも。。

そのヨッキのレポに拠ると
>沢間~千頭堰堤の区間は、昭和5年から8年にかけて第二富士電力が寸又川 専用軌道として建設している。ついで千頭堰堤から2.6kmの延伸線も、昭和9年5月に同社が建設した。
そして千頭堰堤完成後の昭和13年12月、これらが全て帝室林野局(後の東京営林 局)に譲渡され、千頭森林鉄道と呼ばれるようになったのである。

また『山行が(千頭林鉄 総扉)』に 拠ると
> この豊かな水資源は、当然電力開発の面からも着眼された。昭和3年寸又川の水利権を得た第二富士電力株式会社(昭和11年富士電力株式会社に合併)は、御 料地内に高堰堤を設けて、一大貯水池を構築し、寸又川の流水量を調節し、水力発電用に供する計画を立て…  東京営林局百年史 p.554 より
だそうだから帝室林野局に譲渡された時点では所有者は富士電力(株)だったようだ。

从(したが)って千頭ダムも湯山発電所も第二富士電力が建設している。堤高64.030mの立派なハイダムが千頭堰堤 呼ばわりされてるのは堰堤が15m以下のしょぼい奴と法律で規定された戦後では無く未だダムのことを一般に堰堤と呼んでた(トンネルが隧道だった)時代の 故であろうか。
出典:山行が(原典:千頭営林署資料)←どこで閲覧 できんにゃろか??

以下,一寸ネタバレがあるので山行がの千頭を未だ熟読してないファンの方は本文迄スキップ願います。

謎は第二富士電力が建設したと云う千頭堰堤から2.6kmの延伸線(下 線部とは)である。この先にも発電所を建設する余地というかプランがあったのであろうか?水利権の書類でも探しに行かねばならないのかも。と思ったらヨッ キが捜し出して来た構想が東側堰堤と東側発電所である!そしてそれは実現しなかった幻の発電所なのである!!(;Д`)はあはあ

そもそも林鉄の始まりは『山行が(千頭林鉄 総扉)』
>帝室林野局は、木材搬出の水路がダムで閉ざされれば、当然木材の流送が不 可能となるので、その水利権の代償として、同会社が寸又川使用区間に森林鉄道を敷設し、無償で当局に譲渡するならば、工事を許可することも支障ない旨を回 答した。
>東京営林局百年史 p.554 より
とあるように,ダム建設の補償工事だったようだ。2.6kmはダムの区域だったのかも知れぬが,山行がのレポを読み進めて行くともう一つよっ きの重要な情報
出典:千頭森林鉄道 千頭堰堤~大樽沢  (レポート編3-7)
>昭和初期に発行された寸又峡の絵地図(とは註:別の場所でヨッキは掲示してくれて る。)などには、千頭堰堤よりも上流に「東側堰堤」(東側というのはこの辺りの地名)というのが、千頭堰堤と同じようにダムを従えて描かれているが、これ は実際の構造物も記録もないため着工されなかったと(私は)判断している。
と述べているのである!

実際はどう云う状況なのだろうか。その2.6km先,下の地図の赤線の末端方面,最後の川の迂回を直結してる部分はトンネルである。逆河内の分岐点は 670m。トンネル出た辺りにあったのか,2.6km地点の川標高は685m程度。ヨッキのレポだとこの辺[山行が]。林鉄の敷地が限界まで川縁に降りてる箇所の様である。。

そしてそこでヨッキは古い構造物(一部スロープが撤去された砂防堰堤)を見付けている。ヨッキは東側堰堤の想定設置場所と推定しているが,比高が足りない ので東側堰堤というよりはこの砂防ダム建設用に軌道を敷いたのであろう。既に有効落差143mもの巨大発電システム(千頭堰堤湯山発電所のユニット)を 建設出来た当時(昭和初期)の電力会社がこんな40mばかりのしょぼい有効落差で発電所(恐らく千頭堰堤湖畔に建設)とセットとなる堰堤を建設する訳がないのである。(千頭堰堤より下に発電所を建設することは水を無駄に使うことになるので考えられない。)
実際には終点付近には湯山発電所土砂留堰堤があって,どうやらこのための軌道だったようだ。

さて此処で気になるのが東側という地名がどの範囲迄及んだのかと云う事であろう。。ヨッキは勿論,東側に関しても説明されており[山行が]
>明治42年の地形図には、山中に点在する10を越える数の家屋が描かれており(○で囲んだ範囲にある)、併せていくつかの地名も記されていることが見て取れるだろう。
>この地図は、昭和初期に相次いで千頭堰堤や千頭林鉄といった大規模な“文明装置”が導入される以前から、寸又川上流の当地方に人が住んでいた証拠の一つである。
>だが、そんな彼らの住み家は…昭和41年の地図では地名と供に忽然と消えている。全国の農村部で過疎の問題が大きく採り上げられるようになるのが40年代以降だが、それよりもさらに早い段階で、この地は見放されたらしい。
>現在の地図と重ねて見ると、昭和40年代から急ピッチで建設が進められた左岸林道や日向林道は、概ねかつての集落跡地を結ぶように作設されたことが伺える。…
>これらの集落は、「天地」という注記のある一箇所を除けば全て寸又川の左岸、すなわち東側に点在している。
>おそらくそのこと“のみ”が由来となったのだろうが、これら散居する小集落群の総称を「東側」といった。
>『本川根町千頭の民俗』(近畿大学文芸学部 編/平成10(1998)年)…は東側地区に所属した小字(集落名)として、上日向、日向、尾崎、上閑蔵、下閑蔵の5つを挙げている。
とあって,現在だと上日向がこの辺上閑蔵がこの辺にあった様だ。そして小根沢辺りはもう東側地区の範囲外であったようだ。

これらを踏まえつつ,幻の東側堰堤の場所を想像するに,千頭堰堤から湯山発電所ばりの有効落差を確保する為に150m程上流となると小根沢辺りであり,ダ ムで水面が嵩上げされることを見越しても大樽沢辺りであり(大樽沢の先は谷が細くなっていて堰堤建設の好適地に見える),個人的にはこの辺りを東側堰堤の 擬定地としたい。

上で見た様に,大樽沢や小根沢は東側からは外れる様で,「東側堰堤」という名前では可怪しいと思われるかも知れないけど,ここ千頭堰堤に対するパートナーが此処は何故か湯山発電所になってて解りにくいが,基 本的に発電専用ダムは発電所側がメインであり,ダムはその付属物としての扱いとなる為,発電所の立地名が発電所名になり,且つ,その立地外(有効落差を確 保する為に基本的に発電所が立地する地名とは別になる)でも発電所と同じ名前がダム(堰堤)側の立地名に無関係に発電所の立地する地名で付けられてしまう る例は枚挙にいとまが無い。(例えば益田川(飛騨川)参照。瀬戸・東上田・小坂・久々野とダムの名前が発電所の立地名であり,その発電所がダム湖端に立地しているので東上田には瀬戸ダムと東上田発電所があって,小坂には東上田ダムと小坂発電所もあると云う様にややこしいことに成ってゐる。)
詰まり小根沢や大樽沢はもう東側の領外だけど東側という大字?にある千頭堰堤に東側発電所を建設するならそれへ水を供給する発電所が大樽沢にあろうがなんなら栃沢にあろうが東側堰堤と名付けられるのは電力界ではそれ程異例なことではないのである。

後述するが大間川のレポをしてるヨッキの著 書(平沼 義之『廃道探索 山さ行がねが』じっぴコンパクト文庫2016)では
>(大間川)堰堤工事が終了した昭和13年,当初の取り決めに従って全線が帝室林野局に譲渡され
となっている。東側堰堤並びに発電所の断念の時期が気になる所であるが,実際に着工された場合にはこの林鉄を借りて資材などを運搬する心算だったのであろう。

新発電所となればヨッキにとっては兎も角こちらにとっては真っ正面の課題となる♪先ずは既存の発電所の様子をみて,後に増強を検討する。現代に於いては大樽沢で発電するのでは少々物足りぬ感じがするので思いっきり風呂敷を拡げたいと思うw

1.現状

(大井川合流点)

寸又川ダム(寸又川)[水 力][便覧
中部電力(株)
目的:発電
堤高/堤頂長:     34.8m/58.8m
流域面積/湛水面積     1018.9km2 ( 直接:240.9km2 間接:778km2 ) /11ha
総貯水容量/有効貯水容量     987千m3/522千m3
着手/竣工:     1934/1936

寸又川ダムには大井川ダムより取水された水も加わり,纏めて大井川発電所(崎平発電所,とヨッキの地図にはある)へと送られる。
川自体もこの後大井川本流と合流して終わる。

大井川ダムとは山を隔てた直ぐ隣りである。朝日発電所の朝日ダムと秋神ダムの様に双子ダムの様相である。但し大井川ダムの水は一旦寸又川ダムに送られて此処を経由して大井川発電所に送られるのが違う。ダムを見て見たかったけど近寄れなかった。

大間発電所[水 力]
中部電力(株)
着工:1936.10
運開:1938.12[富士電力(株)]
地下化:1992.8
ダム水路式・調整池式
認可最大出力:16,500kW(地下化前13,200kW)  常時出力:380kW
最大使用水量:23.10m3/s
有効落差:83.73m(地下化前69.20m)
水車:出力17000kW1台
導水路:総延長2042.6m
流域面積:201.6平方キロメートル
取水:寸又川[大間ダム]473.94m
放水:寸又川384.85m

大間聚落へは恐ろしくくねくねして所々のみ改良された山を越えて行く必要があるが,その時,眼下に見えるのが大間発電所である。
20.8




大間聚落(寸又峡温泉)の手前には真新しい朝日トンネルがあって,その脇に閉鎖された林道があったが,それこそが寸又川左岸林道であった。

現道補修工事中とか書いてあるけどまあゲートも錆び錆びで補修工事してる感じは無い。まあそれで良いんだけど。
それにしても延長短くね?1?569mと二桁目が剥がれて読めなくなってるけど,ヨッキに拠れば
>柴沢よりさらに奥深くにある40.6km地点が、左岸林道の終点である。山行が
とある。只今ヨッキは20km付近をよろよろ歩行中だが10何キロかで廃道状態が終わって整備区間に突入するのかも!?
2020年現在の今はこの区間も完全崩壊で国土地理院の地図で跡も辿れない感じやけどな。。

この道もう入って直ぐに大崩落していて,まあこりゃあかんわとはなった。

これから奥地に発電所と取水口を建設検討を勝手に(w)する訳だが,此処らは抛棄する予定。無駄に高いところを通って山腹の崩壊を引き起こしダムに無駄に土砂を貯めてゐる。


大間(寸又峡温泉)
矢鱈と人が居た。此処から先は自家用車は進入禁止っぽい。知らなかったが雰囲気を読んで訊きもせずに引き返してきた。


大間ダム[水 力]
中部電力(株)
目的:発電
着手/竣工:1936/1938[富士電力(株)]
堤高:46.1m、堤頂長:107m
総貯水量:151.9万m3 / 有効貯水量: 74.1万m3
流域面積:201.6km2
湛水面積: 0.1km2

大間発電所に送水する大間ダム。
湛水面積は小さいが堤高46.1mで貯水量は湛水面積が狭いにしてはなかなかの74.1万m3。

~大間川~

下流から上流に入る進行方向から見て飛竜橋を左折すると大間川沿いの林道かと思われるが,既に国土地理院の地図では消されている。崖が続いていてそれと解る塩梅となっている。
昔は此処にも工事用軌道が入っていた筈である。

奥湯沢[地 図
取水口
大間川堰堤と湯山発電所の間に設けられた取水口

入口も無いのに何故か奥湯沢付近から歩道が復活している。。

大間川堰堤[地 図
取水堰堤
大間川堰堤も建設の為に第二富士電力の工事用軌道が建設されたようである。
こちらのヨッキのレポは著書平沼義之『廃 道探索 山さ行がねが』じっぴコンパクト文庫2016での発表となっている(購入は地元の書店は勿論,日本でまともに税金を納めようとしないアマ ゾン以外を推奨)。
正直ウェブの方が臨場感(フォントや写真のカラーなど)含め全てが面白いのであるけど,秋田へ引っ込んでしまったヨッキである。東京に拠点を維持するには 苦しかったのかもしれないと思うと是非皆さんにも続篇と もども著書を買って応援して上げて欲しいと思う所である。引用に関しては著書の方が有りがたいしね。文庫本にしてはフォントなんかも結構大きめでそれなり に読みやすくなっております。
兎も角,平沼(2016)に拠ると,専用軌道は堰堤の先,700m程続いて終わっていたようだ。工事基地が堰堤から離れた広めの場所に設けられた,と云っ た感じであろうか。700mと云うとこの辺である。

この林道というか山道,ずっと行くと山犬段の方で車道と繋がっているが,この林道は南赤石林道で山犬段以北は完全な廃道状態[山行が(地図付き)]とのこと。今は廃道扱いされずに残ってる区間もだいぶ縮小された様である・・。




湯山発電所[水力
中部電力(株)
着工:1932[第二富士電力(株)]
運開:1935[1936年に第二富士電力は富士電力に合併されている。詳細不明だが奥寸又の電源開発プロジェクトの為の事業会社だった可能性が高いね]
wikiに 拠ると岡崎地盤で三河地区の電力を統合した中部電力(株)という会社があり,この中部電力は電力供給能力の向上に努め,
>中部電力は建設中の段階で同社(第二富士電力)と電力受給契 約を締結し、 出力全部を受電するとともに自社で発電所から自社変電所まで送電線を建設することとなった[46]。1935年3月に湯山発電所は出力2万4000キロ ワットで竣工し、同時に中部電力への供給が開始された。湯山発電所からは、西渡発電所に 至る約43キロメートルの間に77キロボルト送電線が架設され、既存送電線によってさらに豊橋市郊外の玉川変電所へ送電された。上記のように増強された電 源に対して、電力の供給先としては、1934年時点では日本レイヨン岡崎工場(現・ユニチカ岡崎事業所)、日清レイヨン岡崎工場(後の日清紡績美合工 場)、内外綿安城工場などと契約していた。
とのこと。wikiに 拠るとそもそも富士電力は今でもある富士紡(しらんなあ。。)の系列会社だったそうな。
それにしてもこんな所に西渡発電所が出てきて繋がってたとは!電発の遙か前から佐久間辺りはもっと東と直結してた様だ。
また岡多線の北岡崎に専用線のあったユニチカ,名鉄本線美合に専用線のあった日清紡など迄出てくる始末♪因みに中部電力は名古屋をその地盤の一つとする五 大電力の一つ東邦電力と関係が深く,後に東邦電力に吸収合併されることとなる。名古屋のガス会社は今でも東邦ガスであるが,電力会社は東邦電力ではなく中 部電力として戦後発足している。
ダム水路式・調整池式
認可最大出力:22,200kW  常時出力:3,400kW
最大使用水量:18.92立方メートル毎秒 常時使用水量: 3.43立方メートル毎秒
有効落差:143.648m
水車:2台 総出力30000kW
導水路(千頭ダム→発電所):総延長3739.2m
導水路(大間川→発電所):総延長4300.9m
流域面積:177.5平方キロメートル
取水:寸又川[千頭ダム]、大間川、奥湯沢、他641.52m
放水:寸又川485.87m


千頭(せんず)ダム[場 所(640m程度)][水力
着手/着工/竣工:1930/1932.8/1935.10[第二富士電力]
堤高: 64.030m、堤頂長:177.671m
 総貯水量:4,950,000立方メートル
有効貯水量:4,349,000立方メートル
流域面積:132  平方キロメートル
湛水面積: 0.25平方キロメートル


2.増強(…この項,検討をする内に読みにくくなったので結論をこちらに再掲。)
千頭発電所18.5MW 奥寸又川発電所4.0MW 西河内発電所3.3MW 奥大間発電所2.7MW


現代的にはもっと大規模に発電することになろう。発電所は勿論千頭ダム湖畔に置かれることになろう。千頭発電所と仮称しておく。

ヨッキは散々苦労してやっと大樽沢迄辿り着いて(地図だとこ の辺(723m)・ 山行がだとこの辺)いるし私も東側堰堤の擬定地と推定したけど(少なくとも現代的な)水力発電的には全然未だ手前である。
例えば(林業の)拠点だった大根沢迄行かずとも小根沢迄行けば標高825mと千頭ダム(EL=640m)に対して有効落差180m程稼げる。導水路延長は 4.56km。近い。

千頭発電所への水を供給出来る集水面積は65.85km2である。8掛けして5.2m3/sとして約7.75MWと云った所。結構小さいな。。湯山が20MW級だったのでこれでは少々ものなりない。
ましてや大樽沢をや,である。

大 根沢迄行くと標高は稼げるが流域面積は減る。高度は880m,54.72km2である。有効落差235m,水量は4.4m3/sってとこ。これは 8.6MWと云ったとこ。これはこっちだな~。

導水路も6.4km程度と穏当な距離であるし,途中で小根沢の取水も出来そう。

因みに小根沢の流域面積:8.4km2。"小"根沢だけに小さい。0.67m3/s程度か。

とはいえまあ建設に際して(林道では無く林鉄を)工事軌道として復活させてって時代では無いかなあ。。

因みに逆河内の890m付近迄2.8km程(合計9.2km)で意外に近く取水出来そうである。

流域面積は26.3km2。2.1m3/s程期待できそう。

これら(小根沢と逆河内)により先程の大根沢取水の発電所(仮称・千頭発電所)の水力を7.17m3/sに迄上げる事が出来て,出力は14,000kWに 迄高められる。

大根沢取水案
出力:14,000kW[+14.0MW]
最大水量:7.17m3/s
有効落差:235m
取水:大根沢堰堤(寸又川)[54.7km2・4.4m3/s]・逆河内[26.3km2・2.1m3/s]・小根沢[8.4km2・0.67m3/s] 880m
放水:千頭ダム(寸又川)(640m)
小根沢のプランも逆河内導水検討してやらないとアンフェアである。勿論小根沢での取水はなし。逆河内側を調べてみると導水距離は一寸だけ長めの3.0km 程。集水面積は27.8km2。水量は殆ど増えずに2.2m3/s。出力は11.0MW。

標高高くしたら出力上がるってことはもっと高標高も調べるべきか?

代替案比較は重要なので栃沢(EL=910.4m)で行く。
導水路の距離は10.5kmである。

次に集水領域。86.23km2となった。6.9m3/sってとこである。

と云う事で有効落差は910-640-5=265mで水量6.9m3/sで計算すると15,200kWである!むぅ。導水路1.3kmを延ばせば 1.2MW増えるとなるとこっちかね。

この際,もう一つ上の柴沢(1100m)でもやるか!?有効落差は455m
流石に長くなる。。導水路は18.65km。

面積61.6km2。取水量は4.9m3/s。

有効落差455m,水量4.9m3/sで18,500kW。一寸効率下がってきたような気もするけど未だ出力は下がらない。

1250mで!(もう適切な地名が無い)
先ずは導水路。22.8km

45.66km2。3.65m3/s

落差605m,水量3.65m3/sで18,350kW。やっと下がったw

1,100m取水の柴沢案なのかな。。出力的にはOKだけど導水管距離は倍増してるしなあ。。

ちょい下の1,000m水準でもやってみる。

集水面積75.25km2。水量は6.0m3/sって感じか。

発電量を求めるなら柴沢だけどトータルの効率性は逆河内かも?最適値が1050m位にありそうかも。。
集水面積68.73km2。5.5m3/s程度。



取水Lv
流域面積
導水距離
水量 落差
出力
小根沢
820m
93.65km2 7.55km
7.4m3/s 180m
11,000kW
大根沢
880m 89.42km2
9.2km 7.17m3/s
235m 14,000kW
栃沢
910m 86.23km2
10.5km 6.9m3/s 265m 15,200kW

1000m
75.25km2
13.5km
6.0m3/s
355m
17,700kW

1050m
68.73km2
16.7km
5.5m3/s
405m
18.500kW
柴沢
1100m
61.6km2
18.65km
4.9m3/s 455m
18,500kW

1250m
45.66km2 22.8km 3.65m3/s 605m
18,350kW

[私案]千頭発電所
出力:18,500kW[+18.5MW]
最大水量:5.5m3/s
有効落差:405m
取水:逆 河内(支流)逆 河内寸 又川栃 沢大 根沢小 根沢 (1050m)
放水:千頭ダム(寸又川)(640m)

結構,普通に行けそうでは無いか。再び山奥に建設の槌音が響いて今は廃道化している諸インフラが一時的にせよ活躍することを望みたい所。

さて,この千頭発電所の上流にも一つ発電所を建設可能か検討してみる。
放水は上の千頭発電所の取水口で行うことになる。一番可能性があるのが寸又川本流であろう。
うんなかなかいい感じだ♪

[構想]奥寸又川発電所
出力:2,660kW[+2.66MW]
取水:寸又川(ダルマ沢・リンチョウ沢)1336.9m
放水(発電):寸又川[釜の島~柴沢・1050m]
落差:281m
流域:11.438km2 → 水量:1.14m3/s

導水路:4.95km

だがポテンシャルありそうだしもう一ふんばり頑張ってみる♪
2km程の延長で柴沢に至る。詰まりこの辺は千頭林鉄の最奥部の柴沢より更に奥地である。此処に柴沢,そして更に奥のレポ[YamaReco]あり。
左岸林道だがヨッキの作成した地図に拠ると柴沢からこちらの方へ続いているらしい。徹底的に直さないとダメそうだが。。
寧ろ柴沢から寸又川源流域のリンチョウ石小屋迄は林道も無いということになるか。

流域は狭い。。6.0km2。取れても0.6m3/sってとこ。


[構想・拡張版]奥寸又川発電所
出力:4,000kW[+4.00(+1.34)MW]
取水:寸又川(ダルマ沢・リンチョウ沢)1336.9m柴沢1343m
放水(発電):寸又川[釜の島~柴沢・1050m]
落差:281m
流域:11.438+5.99=17.43km2 → 水量:1.14+0.6=1.74m3/s
導水路:4.95+2.05=7.0km (0.57)

もういっちょ。
異様に標高の高い上西河内(958m)を使う。5.8km2と狭い。。

お隣の下西河内(958m)も使ってみる。7.0km2。

導水路はまあ4km程度。千頭堰堤湖畔644m付近へ放流。


[構想]西河内発電所
出力:3,300kW[+3.3MW]
水量:1.3m3/s
落差:310m

更に大間川の奥にも可能性がありそうである。

[構想]奥大間発電所
出力:2,700kW[+2.7MW]
水量:2.5m3/s
導水:3.47km
取水:大間川(782.6m)
放水:大間川[湯山P/S取水口](647.8m)
流域:24.9km2