中 電水力 電 力総研TOP 水力いろいろ
とはずがたり掲示板 (利 水スレ)
大井川水系井川・奥泉発電所関 連設備

先ずはダムを持ち調整や貯水可能な発電所の一覧である。

大井川の調整力を持つ発電所とダム群
発電所名 水車
出力(MW) 水量(m3/s) 妄想最大(+増分) ダム名 河川名 有効貯水量
(万立米)
最大 常時 最大 常時 出力(MW) 水量(m3/s)
赤石 1 40.5 0.0 28.00 0.00?

赤石 赤石沢(大井川源流) 120.0
■畑薙第一(混合揚水)286.01.4100.01.63?

畑薙第一大井川源流8,000
■畑薙第二 2 85.0 14.7 60.00 12.12

畑薙第二 大井川源流 360.0











井川 2 62.0 13.0 80.00 ?? 93.0(+31.0) 120.0(+40) 井川 大井川源流 1億205
奥泉292.035.660.0029.44138.0(+46.0)90(+30)奥泉(井川逆調整池)大井川源流60.0
湯山 2 22.2 3.4 18.92 3.43

千頭 寸又川 434.9
大間 1 16.5 0.38 23.10 ??

大間 寸又川 74.1
大井川 3 68.2 28.8 72.53 28.89 104.0(+37.8) 110.53(+39) 寸又川・大井川 寸又川・大井川源流 合計102.5
久野脇 2 32.0 13.0 78.00 29.68 48.0(+24.0) 116.00(+39) 境川 境川(大井川支流) 34.3
川口 2 58.0 19.3 90.00 30.53 87.0(+29.0) 135.00(+45) 笹間川 笹間川(大井川支流) 168
合 計 ①476.4 ②128.18

(③+167.8)


1億1558.8
調整力④348.22 (①-②)新調整力516.02 (④+③)


基本的に南アルプスに降った水は畑薙第一と井川の両ダム合計2億m3で一旦貯めて安定化する模様。実際井川は7月と9月の一年で最も雨量のある月を除いてほぼ放流していない。大井川上流の雨を受け止めきっていると云えよう。

井川湖1億205万立米を起点に井川,奥泉,大井川,久野脇,川口と増強するのが良さそうと云うのが前回迄の結論。
とはいえ,川口迄流してもそのまま放水してしまう必要があるので勿体ないのである。ここは抜きんでた貯水量を誇る井川ダム・井川湖(や長島ダム・接岨湖)に受け止めて貰う為に赤石と畑薙第二で考えると良さそう。混合揚水なので一般水力発電もするので畑薙第一も加えてみた。
湯山も比較的大きいとは云え上流に調整池を持ったダムがないのが残念。畑薙第二ダムも貯水量は多いけど畑薙第一発電所の揚水用の部分もあるのには注意したい。

井川ダム[水力.com]
1957年竣工
総貯水量:1億1,242.3万立米(竣工時:1億5000万立米)
有効貯水量:1億0205.0万立米(竣工時:1億2,500万立米)
流域面積:459.3平米

此処に駐車して湖周の遊歩道を歩くと廃止された井川線の堂平貨物駅跡迄歩けそうであった。今後の課題である。
というか井川線の井川駅は豊鉄田口線の田口駅みたいな聚落から離れた谷底みたいな所にあった。堂平の方が便利では無いか?復活して旅客営業すべき。とはいえ旅客鉄道としての
役目は軽微で殆ど観光鉄道なのでこれでいいのか。。

井川発電所[水力.com][静岡県]
1957年運開
ダム式・貯水池式
出力:認可最大:62.0MW・常時:13.0MW
最大使用水量:80.00m3/s→水力.comに常時の記載無し。。使用水量が発電量に比例するなら16.7m3/s程度か?
有効落差:92.70m
水車:立軸フランシス水車 33,000kW×2台
設備利用率:44.9%
出典:静岡県
井川発電所の最大使用流量は80.00m3/sであり,下流の奥泉発電所の利用水量の60.00m3/sを凌駕する。
電力会社にとって貴重な生産資源という資産である水を無駄遣いする事は許されないので80.00m3/sで発電に利用できるのは下の奥泉ダムが満量になるまでであろう。
一方常時使用水量は奥泉が29.44m3/sに対して井川は不明ながら発電量から判断するに16.7m3/s程度の様である。差の一定部分は関の沢川堰堤、栗代川堰堤からの取水であろうが両支流の堰堤だけで差12.74m3/sの全ては取れそうにない。
奥泉ダムの水量が低下したら井川発電所で発電して水を送り込む運用をしているのかも知れぬが,井川では発電には使用しない常時水量を奥泉では利用しているのかも知れぬ。

奥泉ダム(井川ダム逆調整池)[水力.com]
1955年竣工
総貯水量:315.0万立米 有効貯水量:60.0万立米
流域面積:464.6平米
送水:奥泉発電所用の水を取水。

長島ダム
割と近年竣工。大井川には珍しく発電には利用していない。
とはいえこんな風に無駄に豪快に放流しているので発電に利用すべきだ。
無駄と云えば国交省のダム事務所も無駄に立派であった(下の画像の右上の建物。タムとの比較で小さく見えるが結構でかくて立派。)



奥泉発電所[水力.com][静岡県]
1956年運開2012年改修
ダム水路式・調整池式
出力:認可最大:92.0MW(改修前87.0MW)・常時:35.6MW(45.6MW)→常時出力も結構高い
最大使用水量:60.00m3/s・常時:29.44m3/s(改修前)
有効落差:173.82m(改修前は168.70m)
水車:立軸フランシス水車×2台 計94,000kW
取水:奥泉ダム[大井川]、関の沢川堰堤、栗代川堰堤(概念図には送水先の記述がないけど水力.comに拠ると奥泉発電所に送水しているようだ)
設備利用率:65.7%[2015年実績]
出典:静岡県
奥泉ダム遠景。目の前の水面は大井川ダムのダム湖であり手前の堰堤が大井川ダム
20.8
発電所とダム湖はアプト式区間を前に電化されて機関車の基地もあるアプトいちしろ駅の直ぐ脇にある。

そして吊り橋で繋がっているが大井川発電所と違って公開はしてないようで吊り橋は関係者以外通行禁止であった。


この発電所以下,大井川脇野田川口と概ね30m3/s前後の常時流量である。