中 電水力 電 力総研TOP
とはずがたり掲示板 (利 水スレ)
大井川水系赤石・畑薙第一第二発電所関 連設備

先ずはダムを持ち調整や貯水可能な発電所の一覧である。

井川以遠の大井川の調整力を持つ発電所とダム群
発電所名 水車
出力(MW) 水量(m3/s) 妄想最大(+増分) ダム名 河川名 有効貯水量
(万立米)
最大 常時 最大 常時 出力(MW) 水量(m3/s)
赤石 1 40.5 0.0 28.00 0.00?

赤石 赤石沢(大井川源流) 120.0
畑薙第一 2 86.0 1.4 100.0

畑薙第一 大井川源流 8,000.0
畑薙第二 2 85.0 14.7 60.00 12.12

畑薙第二 大井川源流 360.0
井川 2 62.0 13.0 80.00 ?? (+) (+) 井川 大井川源流 1億205
合 計

(③+)


1億1558.8
調整力 ④ (①-②) 新調整力  (④+③)


井川湖1億205万立米を終点に畑薙第二・畑薙第一・赤石と並べて見るのが今回。
畑薙第二ダムも貯水量は多いけど畑薙第一発電所の揚水用の部分もあるのには注意したい。

田代ダム
[wiki]
1902年日英同盟が成立し、日本とイギリスの関係はより親密になった。これを機 にイギリス資本が日本経済にも影響を及ぼし始めた。大井川でも1906年(明治39年)に日英両国の民間資本による水力発電事業が計画された。この際「日 英水力発電株式会社(日英水電)」の設立に向けて準備が行われたが、1911年(明治45年)にイギリス資本は撤退し、日本単独での事業となった。同年日 英水電が設立され、大井川水系初の水力発電所として小山発電所(認可出力:1400 kW。現在は廃止され撤去)の運転が開始された。当時は木曽川や天竜川などで電源開発が盛んであり、より充実した電力事業を展開するために電力会社の合併 が繰り返された。大井川水系関連では日英水電が1921年(大正10年)に早川電力に吸収合併され、その早川電力は1925年(大正14年)に東京電力 (現在の東京電力とは全く異なる。松永安左エ門の東邦電力系列)に合併し、さらに発展して大井川電力となった。
昭和に入ると大井川水系においてもダム式発電所による水力発電が行われるように なった。1927年(昭和2年)、大井川本川源流部に田代ダムが完成し、田代第一発電所(認可出力:6800 kW)・田代第二発電所(認可出力:21000 kW)が稼動した。この田代ダムは富士川水系早川の保利沢ダムへ導水をしており、大井川と富士川を跨いだ水力発電が行われた。
とのこと。詰まり最初大井川の開発をした日英水電が合併が進む中で山梨県の早川を地盤とする早川電力と合併することになって,大井川の水を富士川へ流す計 画が持ち上がったということのようである。(しかも大井川開発の割と初期に。)


 

赤石ダム(赤石沢)[水 力.com]
    総貯水容量:309.0万立米・有効貯水容量:120.0万立米 流域面積:202.0平米

木賊堰堤(大井川)

赤石発電所[水 力.com]
1990年運開
認可最大出力:40.5MW 常時出力:0.0MW
最大使用水量:28.00m3/s (内、木賊堰堤分19.6m3/s)
有効落差:162.6m
立軸フランシス水車 出力40600kW×1台



畑薙第一ダム[水 力.com]
取水:大井川
畑薙第一発電所揚水上部調整池・一般発電貯水池
総貯水容量:1億740.0万立米    有効貯水容量: 8,000万立米

畑薙第一発電所[中 電][水 力.com]
区分:ダム式・混合揚水式(揚水:上部→畑薙第一ダム湖・下部→畑薙第二ダム湖)
運開:2号機:1962年9月 3号機:1962年11月
出力:認可最大:86.0MW・常時1.4MW?
最大使用水量:100.00m3/s・常時使用水量:?
有効落差:101.70m

畑薙第二ダム[水 力.com(第一)][水 力.com(第二)][概要図]
取水:大井川・東河内川[東河内堰堤]・明神谷[明神谷堰堤]
畑薙第一発電所下部調整池・畑薙第二発電所調整池

畑薙第二発電所[水 力.com]
区分:ダム水路式・調整池式
運開:1961年
出力:認可最大:85.0MW・常時14.7MW?
最大使用水量:60.00m3/s・常時使用水量:14.7m3/s
有効落差:164.10m

井川ダム[水力.com]
1957年竣工
総貯水量:1億1,242.3万立米(竣工時:1億5000万立米)
有効貯水量:1億0205.0万立米(竣工時:1億2,500万立米)
流域面積:459.3平米

井川発電所[水力.com]
1957年運開
ダム式・貯水池式
出力:認可最大:62.0MW・常時:13.0MW
最大使用水量:80.00m3/s→水力.comに常時の記載無し。。使用水量が発電量に比例するなら16.7m3/s程度か?
有効落差:92.70m
水車:立軸フランシス水車 33,000kW×2台