木曽川上流域の発電所
20.10.27運開
伊奈川
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%A5%88%E5%B7%9D%E3%83%80%E3%83%A0

伊那川は、木曽山脈(中央アルプス)の最高峰・木曽駒ヶ岳に端を発し、南西へと流れ木曽川に合流する河川である。急峻な地形に加え、冬の豪雪によって流量 を豊富であったことから、水力発電の適地として古くから注目されていた。大正時代、下流より橋場発電所・田光発電所が順次運転を開始し、昭和初期に相之沢 発電所が完成。木曽発電による伊那川開発はこれで一段落した。

戦後、伊那川を含む木曽川筋の水力発電所を継承した関西電力は、未だ開発の余地を残す伊那川に注目。上流に伊奈川ダムを建設し、木曽川との間に存在する標 高差440メートル余りを利用した大規模な水力発電を計画した。伊奈川ダムは1974年(昭和49年)に着工し、1977年(昭和52年)に完成。伊奈川 発電所が運転を開始した。

開発はその後も続行され、1986年(昭和61年)、伊奈川ダム上流に伊奈川第二発電所が完成。伊奈川発電所とは異なり大ダムを伴わない水路式発電所であ るが、400メートルにも及ぶ落差を利用し、新たに最大2万1,600キロワットの電力を発生できるようになった。これにより、関西電力の木曽川における 発電所総出力は100万キロワットの大台を突破した。

http://www.suiryoku.com/gallery/nagano/inagawa2/inagawa2.html
関西電力株式会社 伊奈川第二発電所
昭和61(1986)年2月5日:運用開始
水路式・流込式
認可最大出力:21600kW  常時出力: 2500kW
最大使用水量:6.50立方メートル毎秒
有効落差:399.48m
水車:横軸ペルトン水車 出力22300kW1台
導水路:総延長4422.6m
導水路:総延長3117.1m
導水路(3本):総延長5170.5m
標高
取水位標高:1410.80m
放水位標高: 998.00m
面積
流域面積:38.8平方キロメートル
河川
取水:伊奈川金沢東川ケサ(今朝)沢、他1410.8m
放水:ケサ沢[伊奈川ダム]998.00m

伊奈川系統はなかなか効率的な発電系列である。伊奈川ダムの水量が不安であるので積極的に取水していきたい。
隣の滑川水域(同じ木曽川水系)になるけど,その上流から6.2km程度の導水で12km2を確保できる。1.0m3/s程は行けるかな。
24.9MW[+3.3MW]程度には出来る。1986年運開で経年35年程度だから未だだろうけど来たるリプレース時には是非やって貰いたい。


伊奈川ダム[地図
http://www.suiryoku.com/gallery/nagano/inagawa/inagawa.html

昭和49(1974)年:着手
昭和52(1977)年:竣工
堤高:43m、堤体長:105m
総貯水容量:803,000立方メートル 有効貯水容量:505,000立方メートル
流域面積:76.6 平方キロメートル  湛水面積: 0.06平方キロメートル

この伊奈川ダム(1977竣工),なんと伊奈川発電所(木曽川沿・40.7MW・11.00m3/s・438.00m・1977運開)と相之沢発電所(伊 奈川沿・6.2MW・3.11m3/s・243.0m・1938運開)に水を供給している。後からダムが建設されてより高効率の新発電所が建設されたが, 生き残った例である。なかなか珍しい。

P/S名
出力
水量
落差
水効率
伊奈川P/S
40.7MW
11.00m3/s
438m
3.7
大桑P/S
12.6MW
38.40m3/s
39.09m
0.32



477.09m
4.02
相之沢P/S
6.2MW
3.11m3/s
243m
1.99
田光P/S
2.5MW
2.78m3/s
108.79m
0.90
橋場P/S
1.9MW
4.09m3/s
55.80m
0.46

10.6MW

407.59m
3.35
両ルートの比較をすると云うまでも無く新ルートの圧勝である。基本的に相之沢を使用する必要が感じられないけど水が溢れそうな時に使う感じかな?橋場がぎりぎり大桑発電所の取水口の下で発電してるのも悶絶である。
但し伊奈川ダムの流域は76.6km2と使用水量に比べて小さい様な気がする。

これで課題は粗方出尽くした感がある。
①伊奈川ダムへの取水量増大(→地図見て無いと思ったけど水力さんに寄ると越百川からの導水はちゃんとあるらしい。)
②相之沢系統の有効活用。田光発電所への新水源開発と出力増強(と相之沢発電所の廃止?)
③橋場発電所の高効率化
と云った所だ。

①に関しては伊奈川第二の増強もその一端を担っている。

http://www.suiryoku.com/gallery/nagano/inagawa/inagawa.html
関西電力株式会社 伊奈川発電所
昭和52(1977)年11月4日:運用開始
ダム水路式・調整池式
出力
認可最大出力:40700kW
  常時出力: 3100kW
水量
最大使用水量:11.00立方メートル毎秒
落差
有効落差:438.00m
設備
水車:出力42000kW1台

導水路(越百川→伊奈川ダム):総延長3366.3m
導水路(伊奈川ダム→発電所):総延長2688.7m、
標高
取水位標高:995.00m
放水位標高:539.50m
面積
流域面積:76.6平方キロメートル
河川
取水:越百(こすも)川→伊奈川[伊奈川ダム]
放水:木曽川

水圧鉄管が途中で地下に潜る大胆な配置。


http://www.suiryoku.com/gallery/nagano/ainosawa/ainosawa.html
関西電力株式会社 相之沢発電所

所有:木曽発電株式会社[運開]
昭和13(1938)年3月12日:運用開始
発電の区分
種別:一般水力
発電形式(落差を得る方法):ダム水路式(運開当時は流込み式、未確認)
発電方式(水の利用方法):調整池式(運開当時は水路式、未確認)
出力
認可最大出力:6200kW(運開当時6100kW)  常時出力:   0kW
最大使用水量:3.11立方メートル毎秒
有効落差:243.80m(運開当時245m)
水車:出力6420kW1台
流域面積:76.6平方キロメートル
取水:伊奈川[伊奈川ダム]982.0m
放水:田光発電所711.50m


http://www.suiryoku.com/gallery/nagano/takou/takou.html
関西電力株式会社 田光発電所
所有:中央製紙株式会社[運開]
大正13(1924)年12月17日:運用開始
水路式・流込式
認可最大出力:2500kW  常時出力:   0kW
最大使用水量:2.78立方メートル毎秒
有効落差:108.79m
水車: 出力2550kW1台
導水路:総延長2445.4m
取水位標高:711.37m
放水位標高:587.54m
流域面積:88.6平方キロメートル
取水:相之沢発電所、伊奈川711.37m
放水:伊奈川587.54m

相之沢の放水先に伊奈川が載ってなくて田光の取水先に相之沢の他に伊奈川も載ってるのに使用水量が減るのは可怪しいやろヽ(`Д)ノ

先ずは田光発電所への集水。

浦川710m付近より 18.32km2 1.8m3/s程度か

下山沢18.3km2。ただしここは与川発電所に使用されている。44.7km2から1.67m3/sしか取水せず1926運開の余りやる気のない発電所なのでこちらで水を取り上げても問題は無さそう。

勿論,与川経由より田光経由の方が水を有効活用できる。
P/S名
出力
水量
落差
水効率
与川P/S
1.76MW
1.67m3/s
135.4m
1.05





田光P/S
2.5MW
2.78m3/s
108.79m
0.90
橋場P/S
1.9MW
4.09m3/s
55.80m
0.46

4.4MW

407.59m
1.36

とはいえパッとしないか。。

寧ろ浦川からは伊奈川ダムへ送る方が面白いかも。これで①に対応出来るのである。

浦川1010m付近より。11.6km2。1.1m3/s程獲って越百川経由で伊奈川ダムへ。

1.1m3/s増やしただけで既設水車の容量42MWを超える44.4MWになってしまう。
相之沢(3.11m3/s)を廃止して2号機を3.11+1.1=4.21m3/sで増設しても良いかも。15.300KW程行ける。
ただ,現況でも76.6m3/sの流域面積で無理して11m3/sに3.11m3/sを供給してる感はある。ダムに貯めて発電量を増やす方向が良さそう。

と云う事で田光の増強は伊奈川・越百川の伊奈川ダムに取られない箇所からちゃんと取水すると云う方針にする。12.35km2程。
1.2m3/s程増やすと4.3m3/s程になる。発電量は3,800kW[+1.3MW]程か。


関西電力(株) 橋場発電所
http://www.suiryoku.com/gallery/nagano/hashiba/hashiba.html
大正 4(1929)年2月14日:運用開始
水路式・流込式
認可最大出力:1900kW
  常時出力: 220kW
最大使用水量:4.09立方メートル毎秒
有効落差:55.80m
水車:横軸フランシス水車 出力1935kW1台
発電機:横軸三相交流同期発電機1台
導水路:総延長1913.6m
取水位標高:588.48m
放水位標高:525.94m
面積
流域面積:119.5平方キロメートル
河川
取水:伊奈川(588.48m)
放水:伊奈川525.94m

何が悪くて不効率なのか調べてみたが単純にと落差が小さいということだけのようである。発電所そのものは84.95%と最高率だった。
と云う事で先ずはリプレース時に橋場からもっと下流に移す。


その際に水量も再検討。田光発電所取水口以下で取水出来る流域として27.55km2を得る。2.7m3/sを田光の増強後の水量4.3m3/sに足して7.0m3/sとする。

新大桑でも新須原でも野尻でも良いけど仮称

[新規]新橋場発電所
出力:5,800kW[+3.9MW]
水量:7.0m3/s
落差:100m
取水:伊奈川(588.48m)
放水:木曽川(484m)

さて旧ルート開発の効果はというと??

P/S名
出力
水量
落差
水効率
伊奈川P/S
40.7MW
11.00m3/s
438m
3.7
大桑P/S 12.6MW 38.40m3/s 39.09m 0.32



477.09m 4.02
相之沢P/S
6.2MW
3.11m3/s
243m
1.99
田光P/S
2.5MW→3.8MW[+1.3MW]
2.78→4.3m3/s
108.79m
0.90
橋場→大桑P/S
1.9MW→5.8MW[+3.9MW]
4.09→7.0m3/s
55.8→100m
0.46→0.82

10.6MW→15.8MW[+5.2MW]

451.79m
3.77

3.7と3.77を比較して大逆転だっww
と,思ったら伊奈川は須原の放水口=大桑の取水口経由で大桑P/Sで発電できてた。。それはあかんわ,惨敗や(大桑の処理量が全く足りないという問題はあるけどそれはそちらで解決して貰うべき問題)。

橋場の放水設備の小改造でお茶を濁すことに。。

[再考]橋場発電所
出力:3,250kW[+1.35MW]
水量:7.0m3/s
落差:55.80m
取水:伊奈川(588.48m)
放水:木曽川(524m)

P/S名
出力
水量
落差
水運用効率
伊奈川P/S
40.7MW
11.00m3/s
438m
3.7





相之沢P/S
6.2MW
3.11m3/s
243m
1.99
田光P/S
2.5MW→3.8MW[+1.3MW]
2.78→4.3m3/s
108.79m
0.90
橋場P/S
1.9MW→3.25MW[+1.35MW]
4.09→7.0m3/s
55.8
0.46

10.6MW→15.8MW[+5.2MW]

451.79m
3.35

結局引き続き伊奈川のサブルートとして頑張って貰うことに。
まあそんな旨い話しは無いわ。。