電力総研 水力あれこれ
とはずがたりな掲示板(利 水スレ電 力スレ)
十津川第一発電所 十津川第二発電所 奥吉野発電所 北山川 熊野川
20.09.12運開
十津川・天ノ川・川迫川の水力発電開発と逍遙 (20.9.24)

水力発電所ギャラリー 新宮川[熊野川]水系
http://www.suiryoku.com/w_system/kinki/shinguu/shinguu.html

発電データベース(1級河川:2010(H22)年3月31日現在)
https://www.mlit.go.jp/river/toukei_chousa/kasen/jiten/suiryoku/kkr.pdf

弥山川源流] ―弥山川取水堰(0.557m3/s・ 844.7m)→弥山発電所(0.42MW・ 0.557m3/s・747m)・(行者還岳・神童子谷[川迫川源流]─)川迫ダム→川合発電所─(● 開発余地!?)─九尾ダム→和田発電所(→猿谷ダム)─小川取水堰堤─(猿 谷ダム・川原樋 川[川原樋川発電所]→)長殿発電所(旭川[奥吉野発電所])─(● 高時発電所!?)─(滝 川・栗平川→)風屋ダム─(芦廻瀬川 →)十津川第一発電所(75MW・ 60m3/s)─二津野ダム十津川第二発電所─(三越川)─(四村川[四村川発電所]・大塔 川)(45m)─(北山川)(27.7m)→[熊野(新宮)川]

概ね上流から下っていく。支流は青背景にした。本流は天(てん)の川,十津川,熊野川と名を変えるが,法的には新宮川が正式名称扱いされてるようである(→熊野川ブランドに負けて法定名も熊野川になった様だ。水系名は変わらず新宮川の侭)。益子(ました・飛弾)川の項参照
天川村領域が天ノ川と呼ぶのは恥ずかしながら最近迄知らなかったから下流は熊野川・上流は全部十津川という印象だった。。
十津川は北山川と合流することで熊野川になるけど,天ノ川は猿谷ダムってのは変だから川原樋川との落合後らしい。

関電:弥山川取水堰 (844.75m)[場 所]
最大取水量:0.557m3/s
流域面積:6.8km2

弥山は(みせん)と訓(よ)む。最初は判らなかったので(ややま)と勝手に呼んでて,アンカーがyayamaになってるのは内緒だw

弥山川沿いの林道は封鎖されていた。

一般車両のみならず通行者の進入も禁止との看板が立っていた

更に工事中でもあるらしい。まあ工事の雰囲気なんて感じなかったけど。まあいずれにせよ,弥山の取水口には接近断念。

2015年頃には登山者は通れた(mttelさんのブログ)みたいなのにねえ。。


川迫ダムから100m上の土地から僅かな水量引っ張って来て発電する420kWだけで事業になるのかと思ったが,寧ろ,弥山川から川迫(こうせ)ダムへの導水路に発電所設置した感じである。川迫ダムもかわせこと読んでいた。


■ここに開発余地在り。

川迫ダムの湛水位は743m。上流には30.6km2の流域面積。
余り広くは無いので大したことは出来そうに無い。
弥山P/Sの完成した1940年ならいざ知らず2020年の現代だと厳しいかなぁw
ひとまず保留で。FITで誰かやってくれないかな!?より増強してこちらで検討

弥山(みせん)発電所[水 力.com]
事業者:関西電力(株) 
所在地:奈良県吉野郡天川村北角(きとずみ)
運開:1940.9
水路式・流込み式
認可最大出力:420kW     常時出力: 63kW
最大使用水量:0.557m3/s
有効落差:96.40m
水車:出力450kW1台
流域面積:6.8km2
取水:弥山川取水堰(844.75m)
放水:川迫ダム(747.00m)

此処も概ね物部川の法則(最大取水量m3/sは流 域面積km2の1/10が目安)に从(したが)ってゐる。多雨地帯の流込式の目安になりそう。

川迫ダムの脇のR309から対岸に見える建物が発電所である。
最初に行った時は水を吐いていたがぼけっとしてて現地では認識しておらず写真撮ってなかった w
二回目に通りがかった時はダム湖全体が水が抜いた感じになっていて水も吐いて居なかった。。木の向こう側で水も吐いてないと何が何だか判らんがw(水力さんは流石判っていらっしゃって葉が落ちる冬に撮ってらっしゃる。)
21.5
あれこれ調べてるとこの発電所敷地内に水利使用標識(mttelさん)(個人的に長いので利水標と略称したりしてる)があるみたいである。
なんと。。あちこちの取水堰堤,取水口などを巡って無いぞと怒り狂うことしばしだったが発電所に設置してあることもあるの?!

川迫(こうせい)ダム(747m)
http://www.suiryoku.com/gallery/nara/kawai/kawai.html

    昭和13(1938)年:着手    昭和15(1940)年:竣工
総貯水容量:47.6万m3     有効貯水容量:24.9万m3
流域面積:30.6 平方キロメートル     湛水面積: 8ha(0.08km2)

山の中の広々したダムであった。実際は貯水量も少なめであり2011年現在で20.0万m3程しかない。
3.145m3/sで放水すると17.6hと云った所である。

水利標

上流遠望…砂利の山がある。堆積した砂利を除去したのであろうか?


モジキ谷取水堰(南谷+毛敷(モジ キ)谷)(743.7m)
http://maps.gsi.go.jp/#16/34.225926/135.900965/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1


毛敷谷



手前の苔むしたコンクリートは南谷からの水路の蓋


南谷
モジキ谷に取水口があると云う事で辿って云ったが南谷という矢印がある。先程の水路も気になるので,帰りかけてたけど南谷にも取水口がある!?と気付いて 行ってみた。

小ぶりなダムが現れた。

水利標識


白倉谷取水堰




山上川取水堰(洞(どろ)川)





川合弥山発電所取水口別利水量一覧
取水口名 標高・場所 利水量(A) 集水面積(B) (A)/(B)比 その他・備考
弥山川 844.7m 0.557m3/s 6.8km2 8.19%
弥山発電所

川迫(こうせい)ダム
3.145m3/s 30.6km2 10.26% 貯留量:200,339m3(2011年現在)
南谷 758m
0.056m3/s 0.49km2 11.43% モジキ谷のサブ谷的存在,毛敷谷へ送水。
毛敷(モジキ)谷 748.1m
0.223m3/s 3.02km2 7.38%
白倉谷 746.6m 0.640m3/s 7.7km2 8.31%
山上川 740.9m
2.115m3/s 25.2km2 8.39% みたらい渓谷
川合発電所(合計)
6.179m3/s


ここでも安積発電所と同じく各取水口の取水量の和が発電所の使用水量。

因みに深谷から取水しようとしても一寸水量が足りないな。遠いし。


川合発電所[水 力]
事業者:関西電力(株)
所在地:奈良県吉野郡天川村北角(きとずみ)
運開:1940.11
ダム水路式・調整池式
認可最大出力:7,000kW  常時出力:1,200kW
最大使用水量:6.179m3/s
有効落差:143.30m
水車:2台 総出力8600kW
取水:川迫ダム(747.00m)・モジキ谷白倉谷山 上川
放水位標高:598.00m (天ノ川)
導水路:川迫─川合PSで4.7km

九尾(つづらお)ダム(568m)
関西電力(株)
総貯水容量:1,137,000m3    有効貯水容量: 648,000m3
貯留量:358,665m3 →何処かのダム(例えば茗荷谷ダム) では利水標の貯留量≒水力.comやダム便覧の有効貯水量はほぼ同じだったけど此処は随分乖離がある。水害でダム底が埋まったのか?(直ぐ上流部分には山 腹崩壊と復旧工事の気配がストビュウにはあり)取水量7.49m3/sで取水した場合13.3h程和田発電所とダイレクトに繋がる長殿発電所を動かすこと が出来る。
流域面積:111.4 km2
湛水面積: 15ha (0.15km2)
着手/竣工:1936/1937 →1年で完成するんかっ。まあそれ程大きくは無いダムだけど。


調べてみると大災害があったようだ。
出典:国交省


桑の谷
谷の入口付近。取水後の沢の水量の様子とピントが合って仕舞ってる何かの葉っぱ。

取水堰堤の様子

利水標



和田発電所[水力
奈良県吉野郡天川村和田 [場 所]
運開:1937     設備改修:1994
事業者:関西電力(株)
ダム水路式・調整池式
認可最大出力:2,100kW      常時出力: 300kW
最大使用水量:7.490m3/s
有効落差:34.30m
水車:出力2180kW1台
取水:九尾ダム(7.49m3/s)・桑の谷(0.31m3/s)
放水:長殿発電所への導水路(533.55m)
21.5
此処でも川合発電所他と違ってダム取水量=発電所利水量となっている。舂米発電所と同じ使用法である。途中の谷で取れた水量分だけダムの取水量を減らして貯水量を節約するスタイルか。

ここから画面奥の山を越えると大塔町の東のどん詰まり篠原である。地図だと川瀬峠があるので昔は山を越えた往来はあっただろうが今は自動車が通わぬ忘れ去られた(多分)峠である。調べてみると「舟ノ川郷は…婚姻や物流なども含めて川瀬峠を越えた天川村と近い関係にある」(くりんとのフィールドノート)とあった様にその感覚は正しそう。和田発電所から篠原の存在を知って南を眺めると,宇井から延々と狭隘な県道を走る事を余儀なくされた僻地篠原も一山越えた直ぐ向こうという感覚が湧いてくるから面白い。道路交通だけで眺めると全然違う風景が現れる。

さてこの発電所も出力がイマイチである。。長殿発電所への継送的な発電所と云っても良いかも。九尾ダムの調整池の貯留水量は直接的には和田発電所の調整力であるけど実際には長殿発電所と連動させた運用には成ってゐるであろう。

(猿 谷ダム)→紀の川・十津川綜合開発

川原樋川
(川原樋取水堰→紀の川綜合開発)川原樋川発電所(川原樋川)347m

川原樋川発電所[水 力]・[場所]
運開:1986.8
事業者:関西電力(株)
水路式・流込式
認可最大出力:11.400kW  常時出力:1,000kW
最大使用水量:8.00m3/s
有効落差:174.10m
水車:2台 総出力12000kW
流域面積:71.7km2
取 水(639.0mは何処だ?):川原樋川[大股取水堰](636.4m)→ 北股川[地下で合流?](647.9m)→ タイ谷(636.1m) (此処か?)
放水:川原樋川(454.10m)

■川原樋川から十津川へ向けて開発余地あり!



関電:篠原堰堤(531.7m)
河川:小原川(舟ノ川)
http://maps.gsi.go.jp/#16/34.171867/135.820391/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

小原川は舟ノ川とも云う。五條市大塔町宇井から岐れて十津川村沼田原(ぬたはら),その後再び大塔町に入り中坊傍示,惣谷を経て篠原へ至る行き止まり県道r235篠原宇井線で結ばれる篠原に取水堰がある。此処にも利水標は見当たらなかった。
ここの取水量は結構知りたかったんだけど。

遠景

近景



(旭川)←揚水:奥吉野発電所
(高時発電所!?)奥吉野発電所・旭ダムから3m3/sで発電出来ると3,700kW程

長殿発電所[水 力][新 エネ財団
事業者:関西電力(株)
所在地:奈良県吉野郡十津川村長殿場 所
運開:1937.12,設備改修:1993.3(運開後56年),2011.3:豪雨災害で破潰,2018.7:復旧
水路式・流込み式
認可最大出力:15,300kW(被災前)→16,200kW[ソー ス]    常時出力:4,030kW(被災前)
最大使用水量:9.46m3/s
有効落差:196.00m(被災前)
水車:3台 総出力18000kW(被災前)
取水:和田発電所(533.55m)舟ノ川(小原川)(531.7m)
放水:十津川(329.60m・ 被災前→332.08m・災害後)
流域面積:157.4平方キロメートル
導水路:和田─小原川─長殿(9km程)

付近の山津波で完全に破壊された長殿P/S。地上部分には余り何もない殺風景な(割と新しい,とは云っても1968年運開・・)木曽発電所みたいになっていた。

但し,圧倒的な水圧鉄管が歴史(1937運開)を強くアピール♪



風 屋ダム・十津川第一発電所
認可最大出力75.0MW 最大使用水量60.00m3/s

二津野ダム・十津川第二発電所

(三越川)72m

大塔川45m
四村川発電所(四村川→大塔川)[水 力]
事業者:関西電力(株)
水系:新宮川水系四村川
運開:1925(四村川電気(株))
設備改修:1991/2009
水路式・流込み式
認可最大出力:88kW(改修後)・87kW(改修前) 常時出力:88kW
最大使用水量:0.31m3/s
有効落差:37.61m(改修後?) 37.263m(改修前?)

なんでこんな小水力が残ってるんだ?!
場所は此 処。いっちょ前の設備持ってるぅw
将来的にはもっと本格的な水発建設の為に水利権を確保しているのかも知れない。
例えば,此処(68m)と 此処(113m)を 結んで有効落差45m,水量も1.0m3/s確保すると370kWとなる。まあそれでも小さいな。。


(北山川)合流,以下(熊野(新宮)川)24.7m