電 力総研 水 力あれこれ
と はずがたりな掲示板(利 水スレ電 力スレ)
天ノ川・十津川電源開発と逍遙 十津川第二発電所 奥吉野発電所 北山川 熊野川
20.9.12完成

十津川第一発電所と栗平川上流土砂ダム

山行が隧道レポート 七泰の滝の下の謎の穴」に関連して判明した十津川第1発電所に関わる取水路の謎の解明である。

十津川(北山川と合流して熊野川[新宮川])の中流域と云って良いのだろうか?全くの山の中に風屋ダムと十津川第一発電所はある。スペックは以下の通り。

発電所名:十津川第一発電所[水力.com
事業者:電源開発(株)
運開:1960.10
種別:一般水力(ダム水路式・貯水池式)
出力:認可最大出力75.0MW 常時出力21.0MW
水量:最大使用水量60.00m3/s (内・滝川4.7m3/s,内・芦廼瀬(あしのせ)川4.7m3/s)
有効落差:144.23m
放水:十津川(139m)

風屋(かぜや)ダム(風屋貯水池)[ダム便覧
竣工:1960.10 (着工:1954)
容量:総貯水容量:1億3,000万m3・有効貯水容量: 8,900万m^3
面積:流域面積553km2(直接:445km2・間接:108km2) 湛水面積:4.46km^2(ha)
水深:利用水深30m

発電力,使用最大水量,有効落差,有効貯水容量,流域面積などどれを取っても日本一流のダムである。電発が建設し1960(S35)年に完成。日本の高度成長を電力供給面で支える一翼を担ったダムである。

さて,山行がでの隧道レポート 七泰の滝の下の謎の穴内の机上調査篇での「建設の機械化1960年6月号」より抜粋された
十津川第1発電所計画一般図
の画像左手,滝川支水路

国土地理院地図に描かれた水路

には乖離(矛盾)がある。

十津川第1発電所一般計画図での滝川支水路の分岐部は上の国土地理院地図のの部分であるが,其処に分岐の記載はない。

その部である滝川沿いの水路管と村道との交点には手持ちのマップルにも導水路前BSがあって此処から一山越えた滝川の取水口が奥里取水口であるのは間違いない。

一方で,この部は「機械化1960年」(一般計画図)だと栗平川取水口との分岐点となっていて一気に風屋貯水池へ流出してるっぽいが,現在の国土地理院では此処には分 岐はなく寧ろ栗平川取水口(計画地?)付近へ一旦大回りして栗平川取水口計画地辺りで分岐して奥里取水ダムの更に奥の取水口へ伸びてる支線(「機械化」の一般計画図に は記述無し)と一緒になって風屋調整池へ流れ込んでいる様に描かれている。

取水口も一般計画図では栗平川と滝川本流の2箇所から取ってて合理的なのに態々滝川から2箇所で取水して栗平川の方へ迂回して風屋ダムに流し込んでいるのも可怪しいし,導水路前バス停付近(+部)が標高280m,栗平川取水口(計画地)付近の分岐点の標高が 304mとなっているから(分岐部が地下深くにあるという事であろうが)この経由は色々可怪しい。

寧ろこの国土地理院図での分岐部こそが「機械化」の一般計画図に於ける栗平川側の取水堰の位置っぽいのである。

と,云う事で早速ググってみると新たな情報が。

紀伊山系直轄砂防事業の対応状況について
[巨大pdf注意!]

この資料には長殿谷砂防堰堤群の 対応状況と並んで栗平(くりだいら)川砂防堰堤群の対応状況があってどうやら大規模な土砂崩れが此処でも起きたらしい(ずっと「くりひら」と訓(よ)んで たけど「くりだいら」らしい)。もしかして栗平川取水口も呑み込まれた結果地形が改編されてる!?と思って更に調べを進める。

紀伊山系直轄砂防事業
栗平地区(奈良県十津川村)
https://www.kkr.mlit.go.jp/kiisankei/map/8.html

に拠ると平成23年(2011年)紀伊半島大水害で上流で大規模な土砂崩れが発生して湛水池が出来てるそうな。+派上の国土地理院の+の場所に対応している。
水路はこの時点では判然としてないが「機械化」の一般計画図に則っている。

また湛水池からWebカメラ方面への航空写真もあった。

大部派手に山腹が逝ってしまって居る。

どうやら手許の2007年度版の県別マップルには載ってない(A)の箇所にあるこのトンネルは割と最近に建設されたようだ。この災害復旧工 事の為に建設されたものにしては苔むしているけど2007年に出来ていなくて2020年に出来てると成ると災害復旧工事の為に先ず建設されたと考えるのが自然なような。。

また栗平川取水口がこの災害に呑み込まれた可能性は位置的に否定された。

謎は解明されなかったが,一方で栗平川上流に巨大な湛水池が出来てるのだからいっそ治水・利水両用のダムを建設出来ないやろか??
この辺は崩れやすい地質のようで直ぐ近くの奥吉野発電所の旭ダムでは排砂トンネルが建設されたそうな。

ゼンリンを切って独自路線に進んだgoogleだけど地図も独自で,独自の衛星写真でも使ったか,しっかりと湛水池が載っている。
国土交通省へ対する挑戦状か!?(笑)
https://www.google.co.jp/maps/@34.0733493,135.8251596,15z


閑話休題(それはさておき),更に風屋ダムに関する調査を続行すると此処へ来て新証言キター!!

https://www.kkr.mlit.go.jp/river/iinkaikatsudou/qgl8vl0000004aue-att/40_4.pdf[巨大pdf注意!]

これだと機械化1960と同じ経路で水路が描かれている。施設の所有者である電発の資料なので間違いは有るまい。

国土地理院が敗北(水路経路が間違い)との(意外な?)結末となった。因みにこの資料は風屋ダムの濁りに関して作成されたもののようである。大自然との斗いは続く宿命のようである。
この取水管だけど放っとくと風屋ダムの直下で十津川に流れ込んでしまうのを風屋ダムに注ぐ為のものである。第1集水用注水口で流量4.7m2/sである。標高約297m。,先程見たように栗平川取水口(計画地)付近の分岐点の標高が304mで奥平取水ダム付近が標高304mなので殆ど有効落差が取れずこの送水管を用いた小水力発電もなされていないと云う事らしい。奥平取水口だけではなくダムとなっているので一寸規模が大きいのかも(ストビュー)しれない(その後調べてみると堤高に基準が あって15m以上はダム,それ未満は堰堤との事が判った)けど,それでも発電は一寸難しそう・・(その後各所の水量などを見るに4.7m3/s等は結構上 等の水量である。発電したいwとは言え取水をメインにしているので風屋ダムとの有効落差がほぼ無くて発電は十津川第一P/Sに纏めた方が効率的という事で あろう。)。   
ただ一寸謎も有って,例の+地点,滝川沿いの水路管と村道との交点では導水管は道路の下を通ってる感じで,道路面付近で標高280m程。湖面が少々高すぎる気がする。通潤橋みたいに奥里ダム側の勾配で水を落とししてもう一度向かいの山の斜面途中迄勢いで上げたりしてるのかな?(→どうやらそうらしい。ソース:ダムペディアの滝川を渡る水圧鉄管辺りを参照されたし)

兎も角,確定した情報で取水堰・取水ダム情報を纏めておく。ダム便覧も取水堰も載せてくれれば良いのに。海外の様に貯水量で分けて暮れた方が良い。

<第一集水路>
奥里取水ダム[ダム便覧(標高297.6m)
河川: 新宮川水系滝川(十津川支流)
流域面積:34km2 ( 全て直接流域 ) 
総貯水容量:17.6万m3
取水量:3.0m3/s
ダム事業者:電源開発(株)
着手/竣工:1954/1960

栗平取水堰(擬定地:標高302.4m)
河川: 新宮川水系栗平川(滝川支流)
取水量:3.0m3/s 
ダム事業者:電源開発(株)

第一集水路(標高:298m)
最大集水量:4.7m3/s
注水先:風屋ダム(取水口295.0m)

<第二集水路>
小川取水堰(標高:326.6m)
河川: 新宮川水系芦廻瀬(あしのせ)川(十津川支流)
取水量:3.0m3/s 
ダム事業者:電源開発(株)

大野川取水堰(標高:309 m)
河川: 新宮川水系大野川(芦廻瀬(あしのせ)川支流)
取水量:4.7m3/s 
ダム事業者:電源開発(株)

第二集水路
最大集水量:4.7m3/s
注水先:十津川第一発電所


風屋貯水池の水質混濁が問題になっているようであるが,まあそれとは関係なく我が奥栗平川ダム構想いけんちゃうか。
まあ山体崩壊とか簡単にするような地質だとやばいかね,常考・・・とまれ,日本の技術力を信じたいとこ。

因みに地形が改編しちゃってるからよく判らないけど土砂ダムの地点はこの辺。 標高500m程,流域面積10km2以下と云った所。
ウオノ谷カヅネ谷を経由して,(3m3/sを2箇所で集水して4.7m3/sなので1m3/sを3箇所で集水して2m3/s程度行けるかな??と云う事でそれよりは控えめにして)1.5m3/sで標高296m位で風屋ダムに流し込むことを考えると,凡そ2,500kW(仮称:高時発電所・近傍の山より。)である。そこそこちゃうか。更に奥里ダムの上流の滝川からも導水すればより水量確保が可能である。3m3/sを確保出来れば5,000kWに出来る♪より上流ではあるが今4.7m3/s取ってる所を3m3/s取る位は余裕では無いか?

この発電系による影響は栗平取水口(及び奥平ダム)の機能低下である。取水量低下でも既存設備の施設維持コストは掛かり資本効率は低下するが,結局風屋ダムに流入するので使用水量そのものへの直接の悪影響は出ない。