電力総研TOP 水力発電色々
とはずがたりな掲示板電 力スレ 利 水スレ
20.09.08完成
物部川水域

水量豊かな物部(ものべ)川流域である。
物部守屋とかの「もののべ」かと思ってたが此処は「ものべ」と呼ぶらしい。弥 山を「ややま」としてしまったに引き続いての失態であるけどファイル名がmononobeになってしまってるのは内緒だw

出典:四 国電力

水量(一部)
出典:四 国電力

四国地区水力発電所一覧表(物部川水系抜粋・いずれも高知県)
2015 (H27).3.3日現在
https://www.safety-shikoku.meti.go.jp/skh_d8/08_toukei/27_toukei/suiryokuichiran.pdf

[水]…水力.comさん当該発電所頁
設置者名 発電所名 取水河川名 流域面積
(k㎡)
使用水量
(㎥/s) 
有効落差
(m)
最大出力
(kW)
常時出力
(kW)
ダム高
(m)
使用開始
年 月
その他・備考
住 友共同電力(株) 五王堂[] 上菲生川(西 熊渓谷)東 熊川安 野尾川
笹 川、冬谷川、他
48.29 3.80 349.45  11,100 2,300 1960(S35).7 水路式・流込式
川口[] 物 部川杉 熊川、成山谷川、他 55.10 4.20 200.00 7,000 1,400 1957(S32).11 水路式・流込式
仙頭[] 物部川[岡の内堰堤]、則友川 119.60 10.00 83.38  7,000 1,100 1957(S32).7 水路式・調整池式
取水位標高:282.00m
放水位標高:191.23m
住友共電計




25,100



高知県公営企業局 永瀬[] 物部川[永瀬ダム] 295.20 30.00 89.63 22,800 5,900 87.00 1955(S30).8 ダム水路式・貯水池式
年間発電量:106,400MWh
設備稼働率:53.27%
吉野[] 物部川[吉野ダム] 343.40 37.00 16.12 4,900 980 26.90 1973(S28).4 ダム式・調整池式
年間発生電力量:23,700MWh
設備稼働率:55.21%
杉田[] 物部川[杉田ダム] 440.00  40.00 35.02 11,500 2,700 44.00 1959(S34).9 ダム式・調整池式
取水位標高:78.00m
放水位標高:42.50m
県企業局計




39,200



物部水系計




64,300



流域面積(km2)の1/10ぐらいの使用水量(m3/s)になってる!?

水力発電利水ダム一覧
[ダ]…ダム便覧さん当該頁
ダム名 管理者名 着工 / 竣工 貯水量 流域面積/湛水面積
( km2 / ha)
その他
岡の内堰堤 住友共電



永瀬(ながせ)ダム[] 国土交通省
四国地方建設局
1950 / 1956 総量:49,090千立米
有効量:41,470千立米
295.2 / 2.08
吉野(よしの)ダム[] 高知県 1952 / 1953  総量:2,091千立米
有効量:474千立米
343.4 / 0.32
杉田(すいた)ダム[] 高知県 1952 / 1959 総量:10,532千立米
有効量:5,732千立米
440 / 0.94
吉野と杉田は調整池式程度の規模である。大井川や寸又川ダムに似ている。

発電量増強
さてここでやりたいのは最上流の取水口へのダム建設である。
具体的には五王堂発電所の西熊堰堤(上韮生川)と笹川堰堤,川口発電所の別府(べふ)堰堤(物部川)である。
どちらかと言えば下流に発電所があって効果が倍増する川口…かと思ってたけど有効落差を考えると五王堂を安定化させた方が良さそうである。

西熊ダム(案)
取水点が617.4mである。湛水位標高を650mとしてみる。
堆砂とか考えて一寸低い場所に設置。こんな感じか。
ダム湖の湛水面積は2.3ha
   
617mが2,369m2,有効貯水量の推計値は36.8万m3である。これがどんなものか検討してみる。

さて,今現時点で西熊取水口の取水量は不明である。推計してみる。
全体の流域面積が48.29km2で3.80m3/sである。今,西熊の流域面積は概算となるが16.38km2である。流域面積に比例するとすると 1.29m3/s 程と推定される。

推定最大水量1.29m3/sは常時利用できる範囲で抑えめに決められてるとすると堰を造ることで常時使用量を増やせる可能性がある。勿論山中に張り巡ら せた導水路を拡張する必要が出てくると一寸コストがかさむが最大出力は上げることは出来る。
此処らは日本有数の多雨地帯である。16.38*12%とすると1.96m3/s(+6.7m3/s)に出来るかも。
とは云え常時出力と最大出力との差を考えるに雨降って出力上がる時を既に計算に入れてる感じはある。この1.96m3sは参考迄って感じだな。

笹川ダム
取水点が604mである。湛水位標高を620mとしてみる。
堆砂とか考えて一寸低い場所に設置。こんな感じか。
ダム湖の湛水面積は2.55ha
   
605mが8,638m2,有効貯水量の推計値は24.5万m3である。これがどんなものか検討してみる。

さて,今現時点でここ笹川取水口の取水量は不明である。推計してみる。
全体の流域面積が48.29km2で3.80m3/sである。今,西熊の流域面積は概算となるが12.8km2である。流域面積に比例するとすると 1.00m3/s程と推定される。

推定最大水量1.00m3/sは常時利用できる範囲で抑えめに決められてるとするとこちらでも堰を造ることで常時使用量を増やせる可能性がある。勿論山中 に張り巡らせた導水路を拡張する必要が出てくると一寸コストがかさむが最大出力は上げることは出来る。
此処らは日本有数の多雨地帯である。12.8*12%とすると1.54m3/s(+2.6m3/s)に出来るかも。
とは云え常時出力と最大出力との差を考えるに雨降って出力上がる時を既に計算に入れてる感じはある。この1.54m3sは参考迄って感じだな。

発電所名
最大出力
常時出力
流 域
面積
最 大使用水量
([推定]常時水量)
貯留量
貯 留量の
発電時間
年間降雨量 降雨量
貯留率
強化使用水量
ダム名 取水標高 湛水標高 流域年間降雨量
五王堂発電所(合計) 11,100kW
2,300kW
48.29km2 3.80m3/s (0.78m3/s) 61.3万m3

(3,000m)
4.73m3/s
西熊取水ダム 617.0m 650m 16.38km2 1.29m3/s (0.26m3/s) 36.8万m3 79.2h 4,914万m3 0.74% 1.96m3/s[+0.67m3/s]
笹川取水ダム
604.3m
620m
12.80km2
1.00m3/s (0.21m3/s)
24.5万m3
68.1h
3,840万m3
0.64%
1.54m3/s[+0.26m3/s]