電力 総研 水 力あれこれ 北陸水力発電
とはずがたりな掲示板(利 水スレ電 力スレ)
20.10.15運開

神通川水系の水力発電(2020.11.21彷徨)

1.流域の年降水量 2.神通川 3. 高原川 4.宮川(4-1.宮川・下小鳥川4-2.小八賀川) 5.久婦須川・野積川

蟹寺発電所・蟹寺ダム・打保発電所・打保ダム・坂上発電所・坂上ダム・角川発電所・角川ダム・下小鳥発電所・持越川堰堤・小鳥川堰堤・下小鳥ダム
角川ダム増強・北飛弾第一発電所・北飛弾第二発電所→新蟹寺発電所(+54.6MW)・洞谷発電所(+1.3MW)戸市川発電所(+2.0MW)・二ツ屋堰堤・二ツ屋谷発電所(+1.7MW)・下小鳥ダム増強・奥小鳥発電所(+5.3MW)



4.神 通川水系宮川
水系の模式図は以下の通り。(出典:国 交省)

宮 川は関電が水利権を持っており蟹寺~角川は宮川上に,下小鳥はその宮川支流小鳥川上にある。


更 に宮川の支流の小八賀川は中 部電力が 水利権を保有している模様。

水量的な本線系統は関電の開発した宮川から下小鳥川って感じである。

左図でも下図でも角川の取水と下小鳥の放水は交叉せず,下小鳥の放水は宮川と云ふ事に成ってゐる。
出典:北 陸地方整備局

水力.comでは下小鳥の 放水先は宮川と角川発電所角川発電 所の取水は稲越川・小鳥川・宮川となっている。

国 土地理院では下小鳥発電所は宮川ではなく稲越川に面しており,と同時に角川発電所の導水路と部で交叉してゐる。
上の表現を参考にすると,下小鳥発電所は稲越川では一切放水せず,此処では角川の取水のみで基本的に下小鳥の放水は角川で消費されるが,余水が出ることも あって余水吐が設置されててその場合は宮川に直接流される,と云った感じであろうか?


4-1 宮川と下小鳥川
下小鳥のピーク的電源142MWは65m3/sの大量の水を有効落差251m下の角川発電所に叩き込む事で発生させている。
咄嗟に角川ダムからの取水を抑えて角川発電所の最大使用水量81m3/sで受け止めると思われる。
所がその後が頂けない。坂上・打保・蟹寺と全て40m3/sちょいなのである。いずれも小さな打保ダム・坂上ダム・角川ダムで合計299.6万m3の貯水 量があってピーク時には一様にこれらの貯水率が低下してて上から水が降ってきても分担して受け止め可能という事か?
とは云え角川発電所の81m3/sを坂上が十分受け止められるとは限らないのでここに一箇所発電所を設置するか坂上発電所を増強するかしたい。
ダム名
ダム湖名・河川・水系名 有効貯水量 流域面積
標高
そ の他・備考(ダム)
発電所名
認可最大出力
最大使用水量
有効落差
その他・備考(発電所)
蟹寺堰堤 飛騨市宮川町 ?万立米

325m 関電1953
関 電:蟹 寺[水力] 51.0MW 43.60m3/s 133.95m 取水:[蟹寺ダム] 放水:宮川181.60m
打 保(うつぼ)ダム 飛騨市宮川町 168.5万立米
402m 関電1953
関 電:新打 保 4.94MW
33.3m3/s
17.2m
21年8月着工、25年2月の運転開始予
関 電:打 保[水力]
24.3MW 42.00m3/s
69.10m
取水:[打保ダム] 放水:[蟹寺ダム]
坂上ダム 飛騨市河合町 85.3万立米
429.5m 関電1953
関電:新坂上 4.3MW
30m3/s
16.4m
21年3月着工、24年8月の運開予
関電:坂 上 8.6MW 41m3/s
24.80m
取水:[坂上ダム] 放水:[打保ダム]
角 川(つのがわ)ダム 飛騨市河合町 45.8万立米
460m
関電1955
関電:角 川 23MW 81.0m3/s
33.15m
取水:[角川D]、小 鳥川、稲越川 放水:[坂上D]
下小鳥(ことり・おどり)ダム 下小鳥湖 9495.8万立米 186.1km2
常時満水位:702.0m
関電1973
関電:下小鳥 142MW 65.0m3/s
251.0m
放水:宮川・角川P/S430m
関電:下 小鳥維持流量 0.48MW 0.64m3/s
100.41m
2021予2.54GWh/y [関電]
合  計
261.8MW




蟹寺発電所は認可出力51,000kWで、1925年運転開始当時は日本最大出力だったそうな[ダム湖の風景]

蟹寺発電所  


洞谷

[私案]洞谷発電所
出力:1,300kW[+1.3MW]
落差:162m
水量:1.0m3/s
取水:洞谷(492m)+宮川町塩屋の沢(492m)
放水:蟹寺ダム(325m)
導水:2.52km(0.51)
流域:12.8km2

近傍だとお隣,ソンボ谷16.1km2で0.557m3/sの中山発電所(1926運開)がある。
現代風では水量は成るべく多めに取る傾向にあるから12.8km2なら1.25m3/sは取って良いのではないか?
2000~2400mm地帯である。2000mm寄りだしキツいかなぁ。。8%位だと1.0m3/s。1,300kW。導水管効率0.51.

放流先を蟹寺ダムにすることで蟹寺発電所の発電量を少しだけ増強出来る。
途中で沢と交叉するので行きがけの駄賃で取水していく。0.5km2。0.05m3/sってとこか。誤差やなw
合計1.3m3/sとすると1,750kW[+1.75MW]となる。弱気の方を成案にする。

導水路:


蟹寺ダム


打保(うつぼ)ダム[水力
昭和27(1952)年:着手    昭和28(1953)年:竣工
堤高:25.5m、堤頂長:155.7m
総貯水容量:452.4万m3    有効貯水容量:168.5万m3
集水面積:1052.5 平方キロメートル    湛水面積:  0.53平方キロメートル

関西電力(株) 坂上発電所[水力]
運開:1954.2 →意外に新しかった。。
ダム水路式・調整池式
    認可最大出力:8600kW      常時出力:4000kW
    最大使用水量:41.00立方メートル毎秒
    有効落差:24.80m
    水車:出力10000kW1台
    導水路:総延長1417.9m、主要導水路 圧力トンネル 口径4.50m、延長1417.9m
    流域面積:1022.5平方キロメートル
    取水:宮川[坂上ダム]429.50m
    放水:宮川402.10m

坂上(さかがみ)ダム[水力]
昭和27(1952)年:着手    昭和28(1953)年:竣工
堤高:23.5m、堤頂長:100m
総貯水容量:183.9万m3   有効貯水容量: 85.3万m3
集水面積:1022.9 平方キロメートル    湛水面積:  0.32平方キロメートル

下小鳥65m3/s→角川81m3/s→坂上41m3/sと此処で使用水量が半減している。
有効貯水量は85.3万m3。最大81m3/sで流込み,最大41m3/s使込める(?)ので差の40m3/sが貯まって行く。

下小鳥川を糾合した下での坂上ダムの集水面積は1022.9kmもあるので100m3/s程度は可能では無いか?
少なめに見積もってもあと40m3/sと倍増は出来そうである。6時間ぐらい持つ感じ。

坂上ダムと角川発電所の間では小鳥(おどり)川が合流する。その支流に下小鳥発電所があるが,その放流水は一寸上流の角川発電所に送られてもう一度発電する。


~小鳥川~

(稲越川分岐)

~稲越川~
小鳥川支流


関西電力(株) 下小鳥発電所[場 所(稲越川脇)][水力
運開:1973.5
ダム水路式・貯水池式
認可最大出力:142,000kW      常時出力:8,600kW
    最大使用水量:65.00m3/s
    有効落差:251.10m
    水車:出力146000kW1台
    導水路:総延長8536.1m、主要導水路 圧力トンネル 口径4.70m、延長8283.3m
    流域面積:186.1平方キロメートル
    取水:下小鳥川[下小鳥ダム]702.00m
    放水:宮川、角川発電所430.30m

下小鳥川でも宮川でもなく稲越(いなごえ)川沿いにある下小鳥発電所。地下式?のなにやら素っ気ない雰囲気の発電所は同じく関電の木曽発電所(1968運開・116.0MW)を思い出させる。
こちらは1973運開。似た様な時期である。規模も同じ様にデカい。この頃の標準的な開発思想なのであろう。立地してるのが川沿いでも其の場所では川との 関わり合いが無さそうな点も似ている(木曽ダムは冷却水を取ってはいた。)。

ただこちらは水圧鉄管は剥き出しになっていたので発電所とは判る。(敷地内で地下に潜って居た。)


この下小鳥発電所の一寸上流には取水堰があった。これは角川発電所の取水施設であった。

角川発電所稲越川取水堰堤




~二つ屋谷・井谷~
R471が分岐していく。

通行止めであった。
入口付近で割りとガチに封鎖してあって二ツ屋谷はもう無人なのか!?と思ったが,帰宅後良く読んだから県境迄は行けたらしい。畑作などの用事のある者はこ のバリケードどけて這入れたって訳か?まあもう殆ど人は居ない様な気がする。カネが無いとまともなPCR検査もせず,クソウヨ医師がそんな政府を擁護する クソみたいな美しい国ニッポンだけど,こんな道路維持してるカネあるなら国民にちゃんとカネ渡して自粛して貰い,検査拡充で無自覚に感染拡大している国民 の動きを抑制しなくては行けない。欧米みたいな強毒性でないのか,BCG接種が効いてるのか東アジア・オセアニア共通で余り被害が深刻化してないのを良い ことに,無為無策で意味の無い布マスクを配り,ネトウヨ連中が有り難うと感謝しろとがなり立てる美しい国ニッポンだけど,韓国・中国・台湾・ニュージーラ ンド辺りの様なまともな対策取っていれば経済的打撃を最小限に抑えて乗り切れてGO TOなんちゃらみたいな珍妙な日本語のキャンペーン無くても大丈夫だっただろうに。。


さて,この二ツ屋・井両谷筋,なかなか奥深く,楢峠[峠と旅]を越えた向こう側は牧室川で電源開発もされている。そして峠と旅さんの記述によるとこの辺はしょっちゅう,そして永続的に通行止めになってるようで,また人家は
> 起点から僅か200mも進むと、河合村側、しいては岐阜県側最終の人家の前を過ぎる。この先、楢峠を越え、県境を過ぎ、富山県旧八尾町杉平(すがだいら) に至るまでの約20Kmの間、人家は皆無だ。めぼしい建物もない。その付近一帯に広大な無住の地が広がっている。
とのことで,欲しい情報が粗方手に入った。この先に(神社のマークはあるけど)人家はないのだ。。

可能性がありそうであるが,既に離水されてる気配(地図空撮で確認出来る堰の存在に加え,謎の水路橋もあった)もピンピンとしていて,難しいのかも。
また思ったよりは面積も狭い。。:15.9km2

とはいえ,貴重な流域の多雨地帯なので活用したい。
堰でも作って色んな取水を一遍に済ませたい所。この橋,R360の旧道で既にほぼ機能してないので水没させても構わないだろう。
謎の水路橋は477m程度なので480m程度の満水位でダム建設。角川P/S用にも取水し,サイホン付き水路橋かなんかで小鳥川を越えて送水したい。下で検討する様に小鳥川堰堤からの取水分は天生谷16km2分減水するし,稲越川堰堤からの取水分は保峠付近10.3km2程減少して下小鳥ダムに貯めて下小鳥発電所の稼働率増強に使用されるので全体としてこの二ツ屋谷・井谷の増分を入れる余地はあるという推定は合理的であろう。


更に二ツ屋谷上流の790m地点で5km2程。0.5m3/sを305m程落下させるとする。

導水距離は3km程

更に途中で1.6km2程取水可能流域あり。


[私案]二ツ屋谷発電所
出力:1,700kW[+1.7MW]
水量:0.67m3/s
落差:305m
導水:2.968km (0.56)
取水:二ツ屋谷(790m)
放水:二ツ屋谷堰堤(480m)


小鳥川取水堰[場 所]
角川発電所取水口

遥か下に見えたが近づく道がなかった。あったがダンプ道の様な感じでダンプも出入りしていて近づき難かった。
川に溜まった土砂を除去している様であった。
近く迄行けてる人も居る[例えば加藤のひとり旅さん等]ので探せば道はありそうだけど。。

R360で天生聚落迄行って其処からr75神岡河合線に折れる。このr75のルート取りも辺である。神岡から飛弾古川経由で河合を目指したいなら保峠なん か経由せずに湯峰越えしたらとっとと稲越川を下れ。詰まりr483角川停車場稲越線の方を主要地方道にせえ。途中で小鳥川のう

下小鳥(しもことり、しもおどり)ダム[水力
昭和45(1970)年:着工    昭和48(1973)年:竣工
 堤高:119m、堤頂長:289.2m
総貯水容量:1億2,303.7万m3    有効貯水容量: 9,495.8万m3
       天端標高:706.000m
    常時満水位標高:702.000m
     最低水位標高:655.000m
       基礎標高:587.000m
    流域面積:186.1 平方キロメートル
    湛水面積: 2.69平方キロメートル

天ノ川の川迫ダムや九尾ダムには貯留量(有効貯水量)が表記されていたの に,ここは総貯留量(総貯水容量)が記載されている。。

ダムそのものは巨大なロックフィル式(岩石遮蔽式)でゲートそのものもなにやら巨大なコンクリート式な無骨なものであった。


[新設]小鳥(おどり)川発電所
出力:2,600kW
落差:89m
水量:3.6m3/s
放水:小 鳥川[角川ダム](466m)
取水:小 鳥川554m稲 越川560m
導水:9.1km (0.28) →一寸出力足りぬ。。
流域:50.0km2→3.6m3/s


下小鳥ダムへの導水・発電量増加へ作戦変更
合計で31.1km2確保。

天生谷:16.2km2
てんしょう峠?あまも峠?と思ったが「あもう」峠だった。通行止めだった。。自然公園があるらしい。
来訪時はからからの好天で11/6からの冬季通行止めには違和感しかなかったが酷い道らしい(天生峠[峠と旅]の記述だと1994年は11.25~だったそうで今年の11/6は早すぎる様な・・)。冬季通行止めはけしからんと新しい意味ない道の建設を促す為の通行止めとしか思えん(怒)
今年の7月にも落石で通行止めになったら しい。白川郷と飛弾古川を結ぶ観光ルートも産業ルートも,白川郷IC─<東海北陸道>─飛騨清見IC(Jct)─<中部縦貫道>─高山IC─<高山国府 BP>─金樋橋西→<古川国府BP> で十二分や。こんな峠を大金掛けて維持しとく位ならR41やR158と云った地域の大幹線の改良を進めた方がどんだけ地域振興に役立つことか。
まあ夏の観光シーズンだけでも通れると個人観光客は呼び寄せられるかな。。今年はコロナもあるし早々に早仕舞いと云ったとこか。。


月ヶ瀬谷:4.6km2


稲越川:10.3km2


次は下流では無く上流で発電。

[構想]奥小鳥発電所
出力:5,300kW[+5.3MW]
水量:5.0m3/s
落差:128m
導水:9.65km (0.54)
放水:下小鳥ダム(705m)
取水:小鳥川(833m)…流域面積:50.1km2 取水量:5.0m3/s





関西電力(株) 角川発電所[水力]
運開:1955.4 →意外に新しかった。。
ダム水路式・調整池式
認可最大出力:23,000kW      常時出力:4,500kW
最大使用水量:81.00m3/s
有効落差:33.15m
水車:2台 総出力26000kW
導水路:総延長1643.9m
流域面積:983.3平方キロメートル
取水:宮 川[角川ダム]小 鳥川稲 越川[下小鳥発電所]467.00m
放水:宮川(坂上ダム)429.80m

対岸の国道沿いから見た角川発電所。巨大なタンクがあるけどなんだ??これが上部水槽か!?クレーンっぽいのもなんなんだろう??
放水口は画面右手の下流方向にある。
20.11以下同じ
角川駅の方から発電所を眺める。排水口がよく見える。

上の写真の川がからからは言い過ぎだけど水量が少ないのに対して最大81m3/sの水を放水後の宮川は頼もしい流れである。


角川(つのかわ)ダム[水力][便覧]
関西電力(株)
目的:発電
昭和27(1952)年:着手    昭和30(1955)年:竣工
堤高:21.5m、堤頂長:221.7m
  総貯水容量:87.9万m3    有効貯水容量:45.8万m3
    流域面積:724.5 平方キロメートル
    湛水面積: 0.15平方キロメートル

45.8万m3の貯留量がある。下小鳥から65m3/sで流れてくる時は16m3/s程しか使えずこの貯留量を貯めて頑張ることになる。
40m3/s程流れてきてる時だと,5時間弱貯めることが出来る。

何 故か堰が描かれてない角川ダム。

角川ダム事務所?の正面

上流だが直ぐ川 の脇を国道(R471/R472重複区間)の旧道が通ってるが廃道同然と迄は云わなくても既に通る人は殆ど居なさそうで発電所の入口は北 側の様である。貯水量を上げて水量を増やして旧道を水没させても良さそうな気がする。

~戸市川~

[構想]戸市川発電所
出力:2,000kW[+2.0MW]
水量:1.0m3/s
落差:250m
放水:角川ダム(466m)
取水:戸 市川(710m)→なんだこ の風景は。。隣の国道はだいぶ嵩上げされてるので取水位も721mぐらい迄嵩上げ。
導水:3.6km
流域:13.4km2



   



さて,坂上ダムの所でも指摘したが,この宮川系統の利用水量がやや心許ない。東側に掛けて雨量が少なめの土地で はあるが西側はしっかりと雨量があるし,もう一寸有効活用出来るのでは無いか?角川以下80m3/sで利用。角川に関しては下小鳥ダムの流域180km2 で精々20m3/sの所を最大65m3/sもの水を流すので,この水は角川ダム(45.8万m3)の使用水量抑制・坂上ダム(85.3万m3)への貯留等 でなんとかするものの,更に打保ダム(168.5万m3)の利用をも図る。

今,発電所二つ分を一箇所に短絡して発電する2発電所を構想♪その前に角川ダムの容量増加も図りたい。

[私案]角川ダム
満水位:467→470m程度
角川ダムの湛水面積は0.15km2=150,000m2=15万m2であるから3m水深を深くするだけで45万m3程増やせて詰まり貯水量を倍増できる☆

[私案]北飛弾第一発電所
出力:17,900kW[+17.9MW]
水量:40m3/s
落差:54m
導水:
取水:下小鳥発電所付近(稲越川・小鳥川・二ツ屋谷・下小鳥発電所放流水)467m
放水:打保ダム[168.5万m3]402m

[私案]北飛弾第二発電所
出力:72,300kW[+72.3MW]
水量:40m3/s
落差:217m
導水:
取水:打保ダム402m
放水:神通川[神一ダム307.9万m3]180m

と此処迄来て90MW程の開発を前にうひょうひょなってたけど,最後に巨大な大どんでん返しが。。orz

2020年6月10日
関西電力株式会社
新坂上(しんさかがみ)発電所(仮称)および新打保(しんうつぼ)発電所(仮称)の新設について
https://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2020/0610_1j.html

 当社は、この度、岐阜県飛騨市宮川町に当社が所有する坂上ダムおよび打保ダムにおいて、それぞれのダム直下に「新坂上発電所(仮称)および新打保発電所(仮称)」を新設することとしました。

 本計画は、水資源が豊富な坂上ダムおよび打保ダムの水を有効活用するものであり、両発電所あわせて最大出力9,240kWの発電所を新設するものです。

 新坂上発電所(仮称)は2021年3月着工、2024年8月の運転開始、新打保発電所(仮称)は2021年8月着工、2025年2月の運転開始を目指し、関係当局のご指導と地域の方々のご理解を賜りながら、安全を最優先に建設を進めてまいります。

 当社グループは、「低炭素」のリーディングカンパニーとして、2030年代に国内外で再生可能エネルギー電源の設備容量600万kWを目標に、200万 kW以上の新規開発に取り組んでおり、今後も引き続き、地域の皆さまのご理解を賜りながら、再生可能エネルギーの普及・拡大に貢献してまいります。

【参考:新坂上発電所(仮称)・新打保発電所(仮称)の概要】

新坂上発電所(仮称)新打保発電所(仮称)合計
所在地岐阜県飛騨市宮川町岐阜県飛騨市宮川町
水系・河川名神通川水系 宮川神通川水系 宮川
発電所形式ダム式ダム式
最大出力4,300kW4,940kW9.240kW
発電電力量1,300万kWh/年1,600万kWh/年
最大使用水量30.0m3/s33.3m3/s
有効落差16.4m17.2m
CO2削減量約6,000t/年約7,400t/年約13,500t/年
以上


詰まり,俺の計画をおじゃんにするような新規計画をタッチの差(この6月)で関電が既に発表済みだったのである。

宮川の余裕水源に目を着けた自分の眼力は褒めてあげたいけど,ダム式で発電力は俺の90MWに対して9MWと小さいし,俺が思いつく数ヶ月前の6月には既に発表してて自分のオリジナリティも主張しにくいという二重三重の苦悶である。

原発推進派の関電は嫌いやねん。多分,向こうも嫌いやから嫌がらせしてくんねん(;Д`)

特に罪深いのは新打保の方で既存設備が69mの有効落差で24MWも発電するのにダム式でダム直下に落とすだけなので新設の方は17.2mしか有効落差が なく5MW弱。後は蟹寺発電所迄無為に放流水は流れてく事になる。。勿論,ピーク電源であって稼働率高められないの踏まえた上でのベストの投資決定なんだ ろうけど。。

これに計画加えるとしたら新打保で30m3/s取水して蟹寺辺り迄引っ張ってく新蟹寺構想だな。。

[構想]新蟹寺発電所
出力:54,600kW[+54.6MW]
水量:33.3m3/s
落差:197m
取水:新打保発電所放流水383m
放水:神通川[神一ダム上流]181m

+90.2MWが+63.84MWに減ってしまった。。

新坂上発電所の下から打保ダム迄運ぶを