電 力総研 水 力あれこれ
と はずがたりな掲示板(利 水スレ電 力スレ)
20.10.8運開

阿賀野川の水力発電

莫大な水量を誇る奥只見ダムが流れ込む阿賀野川も莫大な水量で発電している。

同じく莫大な妄想を垂れ流し書き散らして来た我が電力総研の水力発電あれこれの部であるけど,遂に当座の目標だった原発1基分,1,000MW(=1GW)が視野に這入ってきた。
此処は阿賀野川の開発で軽く1GWの壁をぶち破って引き続き2GWを目指したいと思う。

ここで取り扱うのはやはり最下流の一押しである。上流迄纏めてたら何週間もかかって仕舞うであろう。
扨,阿賀野川水力発電の掉尾を現在飾っているのは揚川(あげかわ)発電所であり,水力.comさんに拠ると"一般水力に於いて最大使用水量日本一の水力発電所です"[水力]とのことで,記念すべき1GW突破に相応しい舞台であるw

暫定運開から10日程経ってやっと当初の予定だった奥只見との分岐迄一応暫定運開♪
調べてみると予想以上にぎっちぎちに詰まっててわろす。殆ど新規開発余地なし!

(只見川分岐)<只見川:片門発電所・放水レベル:169.76m/水量:345m3/s[水力]>

<残余落差:8m>

新郷(しんごう)ダム[水力
東北電力(株)
目的:発電
着手/竣工:1936/1939
堤高:27.5m、堤頂長:219m
 総貯水容量:2,272.0万m3
有効貯水容量: 635.2万m3
満水位標高:161.75m
利水量:512m3/s(新郷・第二新郷)
流域面積:5717  平方キロメートル
湛水面積:  3.48平方キロメートル

東北電力(株) 新郷発電所[水力]
運開:1939.7[ 東信電気株式会社]
認可最大出力:51,600kW  常時出力:0kW
最大使用水量:312.00m3/s
有効落差:19.80m
取水:阿賀川[新郷ダム]161.75m
放水:阿賀川140.60m

常時0なのは有効落差が寄り大きい第二新郷が優先される為と思われる。

第二新郷発電所[水力]
運開:1984.9
認可最大出力:38,800kw  常時出力:23,400kW
最大使用水量:200.00m3/s
有効落差:22.45m
取水:阿賀川[新郷ダム]161.75m
放水:阿賀川138.50m

<残余落差:0m>

山郷(やまさと)ダム[水力
東北電力(株)
目的:発電
着手/竣工:1939/1943
堤高:22.5m、堤頂長:212.4m
総貯水容量:759.1万m3 有効貯水容量:219.3万m3
満水位標高:140.80m
利水:524m3/s(対新郷:+12m3/s)
流域面積:5,727km2(対新郷+10km2)
湛水面積:  0.86km2


山郷発電所[水力]
東北電力(株)
運開:1943.2[日本発送電]
認可最大出力:45,900kW 常時出力:0kW
最大使用水量:354.00m3/s
有効落差:15.45m
取水:阿賀川[山郷ダム]140.80m
放水:阿賀川125.00m

常時0なのは有効落差が寄り大きい第二山郷が優先される為と思われる。

第二山郷発電所[水力]
東北電力(株)
運開:1992.6
認可最大出力:22900kW  常時出力:16100kW
最大使用水量:170.00立方メートル毎秒
有効落差:15.93m
取水:阿賀川[山郷ダム]140.80m
放水:阿賀川124.00m

<残余落差:0m>

http://www.suiryoku.com/gallery/fukusima/kmnojiri/kmnojiri.html

上野尻(かみのじり)ダム
東北電力(株)
目的:発電
昭和31(1956)年:着手 昭和33(1958)年:竣工
堤高:30m、堤頂長:190m
 総貯水容量:12,370,000立方メートル
有効貯水容量: 2,802,000立方メートル
満水位標高:125.50m
利水量:530m3/s(上野尻・第二上野尻)(対山郷:+6m3/s)
流域面積:5867  平方キロメートル
湛水面積:  1.45平方キロメートル

http://www.suiryoku.com/gallery/fukusima/kmnojiri/kmnojiri.html

東北電力株式会社 上野尻発電所
昭和33(1958)年8月:運用開始
認可最大出力:52000kW
  常時出力:16400kW
最大使用水量:430.00立方メートル毎秒
有効落差:14.10m
取水:阿賀川[上野尻ダム]125.50m
放水:阿賀川110.96m

http://www.suiryoku.com/gallery/fukusima/kmnojiri/kmnojiri.html

東北電力株式会社 第二上野尻発電所
平成14(2002)年6月:運用開始
認可最大出力:13500kW  常時出力:    0kW
最大使用水量:100.00立方メートル毎秒
有効落差:15.54m
取水:阿賀川[上野尻ダム]125.50m
放水:阿賀川109.46m

(奥川合流)<残余落差:4m>

http://www.suiryoku.com/gallery/niigata/toyomi/toyomi.html

豊実(とよみ)ダム
歴史
昭和3(1928)年:着手
昭和4(1929)年:竣工
堤高:34.2m、堤頂長:223.2m、
 総貯水容量:18,667,000立方メートル
有効貯水容量: 3,100,000立方メートル
満水位標高:105.50m
利水:540m3/s(豊実・豊実第二)
流域面積:6048  平方キロメートル
湛水面積:  1.28平方キロメートル


東北電力株式会社 豊実発電所
http://www.suiryoku.com/gallery/niigata/toyomi/toyomi.html

運開:1929.12[ 東信電気(株)(第二発電所)]
認可最大出力:61800kW  常時出力:30700kW
最大使用水量:270.00立方メートル毎秒
有効落差:25.48m
取水:阿賀野川[豊実ダム]105.46m
放水:阿賀野川79.36m

東北電力株式会社 第二豊実発電所
http://www.suiryoku.com/gallery/niigata/toyomi/toyomi.html

昭和50(1975)年8月:運用開始
認可最大出力:57100kW  常時出力:    0kW
最大使用水量:270.00立方メートル毎秒
有効落差:24.50m
取水:阿賀野川[豊実ダム]105.46m
放水:阿賀野川80.15m

(実川合流)<残余落差:2m>

http://www.suiryoku.com/gallery/niigata/kanose/kanose.html

鹿瀬(かのせ)ダム
東北電力(株)
目的:発電
着手/竣工:1927/1928
堤高:32.6m、堤頂長:304.2m
 総貯水容量:16,525,000立方メートル
有効貯水容量: 2,270,000立方メートル
満水位標高:77.80m
利水量:560m3/s(鹿瀬・鹿瀬第二)(対豊実:+40m3/s)
流域面積:6264  平方キロメートル
湛水面積:  1.63平方キロメートル

http://www.suiryoku.com/gallery/niigata/kanose/kanose.html
東北電力株式会社 鹿瀬発電所
所有:東信電気株式会社(第一発電所)[運開]
昭和 3(1928)年12月   :運用開始
認可最大出力:54,200kW
最大使用水量:270.00立方メートル毎秒
有効落差:22.53m
取水:阿賀野川[鹿瀬ダム]78.10m
放水:阿賀野川54.54m

[wiki] (鹿瀬)ダム左岸部に建設された鹿瀬発電所は…1928年12月1日に運転を開始、認可出力49,500kWを発電し、当時としては大規模な発電所であった。国力 増強のために阿賀野川流域の工業地域へ電力を供給するのを目的としており、直下流にある昭和電工鹿瀬工場(現・新潟昭和)などに電力を供給した。この鹿瀬 工場は石灰石からカーバイドを経て化学肥料(石灰窒素)を合成する目的で建設されたが、カーバイドを利用してアセトアルデヒドを経て酢酸やその誘導体を合 成するアセチレン系有機合成化学工業の工場も併設され、アセトアルデヒド合成工程において排出されたメチル水銀が阿賀野川を汚染し、新潟水俣病を誘発する ことにつながった。

東北電力(株) 第二鹿瀬発電所[水力]
昭和48(1973)年5月:運用開始
認可最大出力:55,000kW  常時出力:0kW
最大使用水量:290.00立方メートル毎秒
有効落差:22.10m
取水:阿賀野川[鹿瀬ダム]78.10m
放水:阿賀野川55.25m

<残余落差:5m>

揚川(あげかわ)ダム[水力][便覧
東北電力(株)
目的:発電
着手/竣工:1961/1963
堤高:19m、堤頂長:316.2m
総貯水容量:1,374.8万m3    有効貯水容量: 503,9万m3
満水位標高:50.50m
流域面積:6,728km2/   湛水面積:  2.07平方キロメートル

揚川発電所[水力
東北電力(株)
運開:1963.5
ダム水路式・調整池式
認可最大出力:53,600kW   常時出力:17,200kW
最大使用水量:460.00m3/s ←すげえわww
有効落差:13.57m
水車:2台 総出力62000kW
流域面積:6728.0平方キロメートル
取水:阿賀野川[揚川ダム](50.50m)
放水:阿賀野川(36.15m)

さて勿論取水は36mとギリギリを狙う。
放水は阿賀野川頭首工(21.3m)しかない。
有効落差は放取水差が14.45mある揚川が13mあるなら14.7mあるこちらも13.57m位は取れるだろう。
問題は取水場所である。
水面が24mのこの辺に15m程度のダム(取水堰堤)を建設して37m付近で取水である。

[私案]五十島ダム
取水堰堤
基準標高24m
取水位37m

[私案]阿賀野川発電所
ダム水路式・調整池式
認可最大出力:53,600kW[+53.6MW]
最大使用水量:460.00m3/s
有効落差:13.57m
取水:阿賀野川[五十島ダム](37.00m)
放水:阿賀野川[阿賀野川頭首工](21.3m)

まあまあである。