電力総研TOP 地熱発電 地熱発電新規案件 バイオマス発電 原子力発電
とはずがたりな掲示板 電 力・原子力スレ 新 エネルギースレ

北日本に於ける再生可能エネルギー導入促進
~道央篇~


北海道電力
宗谷・留萌―■稚内太陽光既設風力[100MW]新設風力[600MW]+蓄電池[720MWh]+送電線[300MW,68.7km]
 |
道央ループ系統─■苫小牧(メガソーラー・廃プラ・バイオマス発電・
南早来変電所[60MWh])
  |
道南幹線・函館幹線[900MW]北本連系[900MW]
 |
東北電力
(下北・秋田)
(山形幹線南北延伸・松尾八幡平・湯沢・つがる)
(常磐幹線増強・西仙台変電所[20MW]・コネクト&マネージ・南相馬変電所)
 ↓
首都圏


◆道央圏275kVループ系統
「需要の集中する道央圏を取り囲む275kVループ系統を形成し、更に主要電源を連系することで、札幌 圏はもとより道央圏の供給信頼度を向上」したそうな。ここに泊原発・京極揚水発電所(400MW=200MW*2[将来的には200*3=600MW])・新鋭石狩湾新港LNG火発(先ず569.4MW・将来的には569.4*3=1708.2MW)・主力苫東厚真石炭火発(350+600+700=1650MW)が接続。更には道東と接続する狩勝幹線,道南更に本州と直結(900MW)の道南幹線が接続。また南早来変電所には巨大(60MW)の巨大蓄電池が設置されて居て,日照条件が良く周囲に拡がる苫小牧周辺のソーラー発電の周期変動を吸収している。
出典:電力広域的運営推進機関 広域系統長期方針<参考資料>2017.3
この275kVの基幹系統であるが容量に余裕があるようだ。
出典:北電 系統空容量マップ(187kV以上)[2018年10月2日更新]
このループに沿って苫東厚真発電所・泊原発・京極揚水発電所・石狩湾新港LNG火力・南早来変電所内巨大蓄電池等が建ち並んでいる北海道送電罔の中枢部である。
またこの275kV基幹系統に関しては現行187kVの道北幹線旭川嵐山迄を昇圧する構想があるらしい。500kV設計ながら275kV運用している東北電力の朝日幹線・南山形線の様な運用になっているのかもしれぬ。
構想存在のソース↓
出典:北電

また環状系統に関しては中部電力は2重,首都圏などは多重で形成されているが如何せん経済規模の小さな北海道ではそういうことも行かず,また札幌一極集中のせいで九州のように島内ループという訳にも行かなかったようだ。



またこのループ東北側から日本海沿いに宗谷地方迄西南側から北本連系迄送電罔を建設したい。

<南早来変電所>
2013年08月02日 11時00分 更新
電力供給サービス:
巨大な蓄電池を北海道と東北の変電所に導入、太陽光や風力の出力変動に対応
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1308/02/news015.html
総額296億円の国家予算で実施する「大型蓄電システム緊急実証事業」の対象が2件に決まった。北海道電力と東北電力がそれぞれ1カ所の変電所に大型蓄電 池を導入して、太陽光や風力発電設備からの出力変動に対応できる技術を5年間かけて検証する。
[石田雅也,スマートジャパン]
 このまま北海道で大規模なメガソーラーや風力発電設備が増えていくと、送配電ネットワークが電力を受け入れられなくなってしまう。こんなショッキングな 事実を経済産業省が発表したのは4カ月前のことである。
 その際に緊急対策として総額296億円の予算を確保して、大型蓄電池を使った実証試験に取り組むことも表明した。このほど実証試験の対象が2件に決ま り、導入する蓄電池の仕様や設置する変電所の場所が公表された。(中略)

 2件目は北海道電力が住友電気工業と共同で、南部の「南早来(みなみはやきた)変電所」に6万kWh(60MW)の巨大なレドックスフロー電池を設置する。周波数変 動対策に加えて、出力が減少した場合の下げしろ対策にも取り組む。

 いずれの実証試験でも大型の蓄電池を使って大量の電気を蓄えながら、太陽光や風力からの出力が下がると電力を放出して周波数を安定させる試みだ(図 2)。ちなみに電気自動車の「リーフ」に搭載しているリチウムイオン電池の容量は24kWhで、北海道の変電所に導入するレドックスフロー電池はリーフ 2500台分に相当する。
 
 レドックスフロー電池は電気を蓄えるセルスタックと電解液タンクを組み合わせた大規模な蓄電池である。電解液を循環させて充放電する方式のために、安全 性が高くて寿命が長い。
 2013~14年度の2年間で設備を建設して、2015~17年度の3年間で出力変動対策の実証試験を進める計画だ。

図2 大型蓄電池を使った太陽光・風力発電の出力変動対策。
出典:北海道電力、住友電気工業

■苫小牧
胆振地方はその日射量の多さに加え、広大な土地とその価格の安さから一大集積地となっておりその中心地苫小牧は泊が動かせない北電の旗艦発電所となっている苫東厚真火発を初めとする火力発電所の集中立地地帯である。
そのハブ的な変電所に南早来変電所があるが其処には巨大蓄電池も設置された。

<メガソーラー>
胆振東部・日高地方のメガソーラー10MW以上一覧
[1]kidoch+[2]とはずがたり調べ+[3]北海道地方環境事務所調べ
名称
市町村名
事業者名
系統出力
(MW)
発電量
(約kWh)
運開時期
その他
三井不動産苫小牧太陽光発電所
苫小牧市 三井不動産 23.0
2014/04/01
厚真太陽光発電所 厚真町 CSS(←ワタミ) 15.2
2015/01
勇払太陽光発電所 苫小牧市 ソーラーパワー苫小牧(株)
(住友商事/住友商事北海道/石油資源開
発/三井住友銀行/三井住友AM/日本政策投資銀行)
15.2
2014/11
とまこまい勇払メガソーラー
苫小牧市 とまこまい勇払ソーラーパーク(合)
丸紅→SBエナジー50%・三菱UFJリース50%
29.8 3200万
2015/10/27 40円 [2]>>3459
ソフトバンク苫東安平ソーラーパーク 安平町 苫東安平ソーラーパーク(株)
 (三井物産/SBエナジー株式会社)
79.0(111)
2015/12/06
オリックス白老町メガソーラー
白老町 オリックス 18.85
2015/12
シャープ苫小牧第三太陽光発電所
苫小牧市 (合)クリスタル・クリア・ソーラー
 (シャープ/芙蓉総合リース)
38
2015/
 シャープ苫東の森太陽光発電所
苫小牧市 (合)苫小牧ソーラーエナジー
 (シャープ30%/オリックス70%)
(45.6) 5100万

2016/01/01 [2]>>3467
むかわ太陽光発電所 むかわ町 CSS(←ワタミ) 19.0
2016/03
アグリソーラー安平 安平町 パスポート (13.502) 12.0
2016/09
?伊達ソーラー 伊達市 伊達ソーラー(合) 10
2017/03 [3]以外では見付からない
●?
日高町 フージャース 10.2
2017/04 [3]に記載なし
●新千歳太陽光発電所 千歳市 エネルギープロダクト(株)・韓国電力公社・LS産電・韓国産業銀行 28.0 3500万
2017/07/05 蓄電池:17MW PCS;28M
[2]>>3433
登別市 SJソーラー北海道 18.0
2018/06予 着工はされて蓄電池も併置のようだが完成の発表は無し
●北海道苫小牧プロジェクト 苫小牧市 日本グリーン開発(株)・GIキャピタル・マネジメント(株) 38.4 3700万
2018/07 蓄電池:31MWh・20MW
PCS:25MW [2]>>3442>>3435
●新ひだかソーラーパーク 新ひだか町 (合)SSひだかの森 (スマートソーラー(株))  21(17)
2018/03 [3]には2017.11予
○? 苫小牧市 神戸物産 10.0
??
○ソフトバンク苫東安平ソーラーパーク2 安平町 SBエナジー株式会社、三菱UFJリース 64.6
2020年
[3]に記載無 [ITM] PCS:48MW
蓄電池:17.5MWh/34MW [2]>>3424







(無印)…蓄電池無し  ●…蓄電池有り(既稼働) ○…蓄電池有り(未稼働)

<廃プラ・バイオマス>
社名
出資
立地
出力
発電量
燃料
着工
運開
その他
(株)サニックスエナジー
苫小牧市弁天
74MW 9200万kWh程度 廃プラ(100~300t/日)
→年3~10万トン程か

2003.4
苫小牧バイオマス発電(株)
三井物産、イワクラ、
住友林業、北海道ガス
苫小牧市イワクラ工場内 5.9MW
バイオマス(道産材専焼)

北海道ガスが全量買取
勇払エネルギーセンター(合) 日本製紙51%・双日49% 苫小牧市勇払
74.95MW
(発電端)
16万世帯分
主:輸入木質チップ・PKS,補:国内未利用材 2020.3 2023.1予
室蘭バイオマス発電 JXTG90%,日揮10% 室蘭市
74.9MW 5.4億kWh/年(推)
PSK(100%) 3~4万トン/月
→年36~48万トン程度か
2017
2020.5予 ストックヤード:最大3万トン,FIT:24円
石狩新港新エネルギー発電(合)
奥村組[大阪市]100%
(←シンエネルギー開発[沼田市])
石狩市
51.5MW
3.6億kWh/年
木質ペレットやパーム椰子殻(22万t/年) 2019.10
2022.8
FIT:24円



<風力発電>
道央というには辺鄙すぎるがこの地区の風力発電はえりも地区である。
将来的には400MW以上が集積しそうである。
事業名
会社名
事業区域
発電出力
総事業費
運開
蓄電池
その他
(仮称)えりも風力発電事業 アールイーパートナーズ(大阪) えりも町有上歌別牧野
図1
最大201.6MW
(4.2MW*48基)
1000億~1200億
4,5年以内
500MW 自営送電線100km超建設

日本風力開発(東京) えりも町
図2
200~300MW
(4MW*50基以上)
700億
2020年代前半

自営送電線約100km建設
えりも風力発電所
えりも風力開発(=日本風力開発)
えりも町内
0.8MW
(0.4MW*2)



早期に撤去し、大型機に置き換える方向
日本風力開発の方が大規模っぽいのに事業費が少ないのは何故だ?

図1 アールイーパートナーズ(大阪)の開発地域
旧北海道肉牛牧場を含む約2019ha
(うち民家などがある約395haは対象外)


図2.日本風力開発の開発地域
多くは町有地とのこと