電力総研TOP 地熱発電 地熱発電新規案 件 バイオマス発電 原子力発電
とはずがたりな掲示板 電 力・原子力スレ 新 エネルギースレ

北日本に於ける再生可能エネルギー導入促進
~ 道 南 篇 ~

◆北海道電力
宗谷・留萌:稚内太陽光既設風力[100MW]新設風力[600MW]+蓄電池[720MWh]+送電線 [300MW,68.7km]
■道央 ループ系統─■苫小牧(メガソーラー・廃プラ・バイオマス発電・南早来変電所[60MWh])
道南の風力開発道南幹線・函館幹線[900MW]奥尻島[20MW程]
 |
北本連系[900MW]
 |
東北電力
(下北・秋田)
山形幹線南北延伸・(松尾八幡平・湯沢・つがる
常磐幹線 増強・南相馬変電所・西仙台変電所 [20MW]・コネクト&マネージ)
 ↓
首都圏



◆道南の風力電源資源  
宗 谷地方と留萌地方に多い事が解るが道南にも風力電源資源の賦存が結構多い事が見て取れる。
北海道における10kW以上の風力発電設備の分布図
出 典:NEDO
系 統側蓄電池による風力発電事業に よる系統希望。
出 典:北 電

こ の系統側 蓄電池による風力発電募集の申し込み結果は支庁毎に纏められてて対象案件の分類は系統毎に纏められてて非常に判りづらい。。
そ の対応の検討結果の道南関係を抜粋してみる。いずれにせよ、室蘭~西後志より道南側に900MW程の風力資源が腑存してそうなのである。
支庁
系統(10以下は丸めた数字)
ズレ
胆振 261MW
日高 13MW
──────────
   274MW
伊達・室蘭 330MW
南早来    10MW
──────────────
        340MW(+66)
南早来はほぼ一致
胆振以外から伊達・室蘭に66か?

後志 299MW
西小樽 180(▲119)
伊達室蘭に66,道南に52ほど?
桧山 175MW
渡島 353MW
──────────
   528MW
道南 580MW(+52)
後志から52ほど?

と 云う事で道南関係の幹線系統を確認してみる。
出典:北電

メインは51道南幹線(275kV)と函館幹線(187kV)で函館と道央が連系されてをり,しかもその両方が容量0に様である。

ローカル系統であるが,伊達系統はひょろりと長万部・作開(黒松内と寿都の間)・島牧(寿都の西側)迄伸びていてこの辺が後志支庁(最近は支庁ではなく なってしまったようだが)内の伊達・室蘭系統70MWなのであろう。
出典:北電
逆に道南系統であろう北七飯・大野系統であるが作開から更に北,昆布発電所迄伸びている(此処で両系統がクロスするようだ)。この82来馬線にだけで 50MWも連系するのかねえ??
出典:北電
関係しそうな系統の空き容量を表に纏めてみる。(出典:同じく北電:187kV以上110kV以下)
番号
路線名
電圧
回線数
設備容量
(100%*回線数)
運用容量値
(MW)
空容量
その他備考
当該設備
上位系統考慮
51
道南幹線
275kV
2
1466
733
0
0
基幹系統
57,58
函館幹線
187kV
2
394
197
0
0
基幹系統
小計



930


これが現在の道央~函館の容量
23
作開支線
66
1
23
23
7
0
伊達系統
25
島牧線
33
1
16
16
13
0
伊達系統
80-82
来馬線
66
1
15
15
0
0
上七飯・大野系統
101-105
江差線
66
2
90
45
0(105のみ15)
0
上七飯・大野系統

■奥尻島   
上表に江差線を入れてみたのは上ノ国が風ノ国と呼ばれる程風況が良いと聞いた事がある(こんなプロジェクトもあったようだ)のと沖合の奥尻島に巨大な地熱賦存がある事からである。
此処では離島発電の可能性のある奥尻島を取り上げる。

<離島発電>
1.東京電力(八丈島7,000人)
2.沖縄電力(沖縄本島) 波照間島・南大東島・粟国島(可倒式風力発電機導入) 久米島(沖縄県海洋深層水研究所)
3.九州電力(黒島・奄美大島・種子島・対馬・壱岐) 椛島(NEDO) 宇 久島(フォトボルテ・ディベロップメント・パートナーズ・日本風力開発(株)) 的山大島(ミツウロコ) 屋久島(屋久島電工)
4.中国電力(隠岐20,000人程)
5.奥尻島(2,700人)
6.海外など(ハワイ・)

バイオ燃料・エタノール・新エネルギースレ

1082 とはずがたり :2014/06/08(日) 15:58:35
地域新エネルギー導入推進体制整備事業
報 告 書-概要版- 
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/kke/000gaiyou.pdf
平成24年2月
北海道 経済部 

(1)後志総合振興局における小水力発電導入に関する取組
(2)檜山振興局における離島の再生可能エネルギー導入に関する取組→奥尻
(3)上川総合振興局における地熱発電・熱水利用に関する取組→白水沢

1965 とはずがたり :2016/03/09(水) 18:50:25
北海道奥尻町で地熱発電を検討へ 2016年の開始目指す
世界のエネルギー事情 2013年6月10日 10時05分 (2013年6月17日 08時48分 更新)
http://www.excite.co.jp/News/science/20130610/Energy_5842.html 

北海道奥尻町、地元民間事業者が、奥尻島での地熱発電所の建設を検討していることが、6月8日に分かった。経済産業省資源エネルギー庁によれば、実現すれば再生可能エネルギー固定価格買取制度を用いた、初の離島での発電となるという。
(参考:新日鉄住金エンジニアリング、霧島地熱の株取得で地熱発電事業を強化へ)

発電所の規模は出力500キロワット程度となる見込みで、実現すれば人口約3000人、世帯数約1600の島内の消費電力の約25%をカバーできる計算となる。結論を出す時期は未定だが、早ければ2016年までの稼動を目指すという。
現在奥尻島は、町が運転する重油火力発電所に電力需要を依存している。もし地熱発電所が完成しエネルギー自給率が向上すれば、重油の運送などにかかる費用が削減され、発電コストが引き下げられるほか、災害で燃料供給が途絶えるリスクも低減できる効果がある。

1966 とはずがたり :2016/03/09(水) 21:48:24
>>1965
年間1 億7000 万kWh の地熱エネルギー導入ポテンシャルがあるそうだが,25MWの地熱発電で稼働率70%(北電森地熱発電所程)で1億5000万kWh程。それ程突飛な数字では無いのかもしれない。

宇久島では475MW(→稼働率20%で考えて実効出力95MW程,同15%で71.3MW)のソーラーで50kmの海底直流ケーブル敷設を考えているよう>>1105なので,25MWは出力はやや小さいのかも知れないが,こちらは20km程だ。

離島と大都市を結ぶ「高電圧直流」発送電網の敷設
山本 泰弘
http://ci.nii.ac.jp/naid/120005568096

「人間の安全保障」に対する研究助成による、筑波大学「人間の安全保障/ヒューマンセキュリティ」講座(2014年度第11回 2015年2月14日(土) 筑波大学にて開催)における講義資料 
https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=32891&item_no=1&page_id=13&block_id=83
離島と大都市を結ぶ「高電圧直流」発送電網の敷設

4.想定される離島の例
〔中距離〕
・瀬戸内諸島 ・五島列島 ・奥尻
〔中遠距離〕
・伊豆諸島(→東京・横浜圏) ・奄美群島(→鹿児島) ・琉球諸島(→那覇、台北)
〔超遠距離〕
・小笠原諸島(火山活動が活発な西ノ島を含む) ・南鳥島

火山島として有名な奥尻島は、年間1 億7000 万kWh の地熱エネルギー導入ポテンシャルがある

2168 とはずがたり :2016/04/10(日) 17:26:42
>>1965では「発電所の規模は出力500キロワット程度となる見込み」だったのに…orz
>発電出力は250キロワット
勿論奥尻の実力>>890>>1082>>1966はこんなもんじゃない筈。

奥尻に地熱発電所 地元業者が来夏稼働へ
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0256841.html
04/08 07:00

 【奥尻】檜山管内奥尻町の石油販売業、越森石油電器商会(越森修平社長)は7日、町内幌内地区に地熱発電所を建設することを明らかにした。6月に着工し、来年夏の稼働を目指す。資源エネルギー庁によると、離島で再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)を用いた地熱発電所は全国初。

 同社によると、発電出力は250キロワット。発電量は一般家庭約500世帯分の消費量に相当する。発電所の稼働に使う電力以外は、FITにより1キロワット時当たり40円で15年間、北電に売る。売電収入は年間6千万円を見込む。

纏めると
奥尻島の地熱発電賦存…1億7000万kWh →24h運転として定格出力にすると19.4MWほど。今の所開発されたのは0.5MWを計画していたが実現したのは0.25MW程。いずれにせよ未だ19MW以上手つかず。

宇久島で は太陽光は475MW(→稼働率15%程度で71.3MW相当)ので50kmの海底直流ケーブル敷設を,風力は98.9MW(→稼働率20~30%で 20~30MW相当)で60kmの海底ケーブルを考えているようなので,20MW程度なら宇久島の風力と同じぐらいかやや小さい位の出力で,一方奥尻島の海底送電距離は20km程で済む。離島の内燃力発電を減らす事も出来る。


■道央⇔函館   
此処は道南幹線(下図51,27万5,000V),函館幹線(下図57,18万7000V)で結ばれており,その容量が併せて930MWしかないそうな。
後述する様に,青函間は北本連系で結ばれておりそれが600MWから900MWに増強されるので知内発電所720MWも併せて双葉・西双葉~青森の930MWが隘路となってくる。

容量のみならず送電線の故障等の際に不備が生じる事となる。実際に2014年に停止した際は本州からの受電可能量が0となった様だ。

この図で判るように,既に知内発電所(石油火発・720MW)が存在するので既に札幌方面と青森方面の潮流は知内発電分(720MW)-函館消費分(函館市だけで14万世帯超)分だけ超過しているということになる。北海道の夏期余剰電力を本州へ冬季の暖房用電力を本州から
と云う運用は最大ピークに併せて設備を必要となる電力事業にとって非常に大きなメリットであり,当該区間の増強は不可避である。
函館から海底経由で室蘭方面への送電線がいい
のではないだろうか?北本既設線七飯変換所からDCでそのまま300MW分延長なんかはどうかな?道央ループに接続して変換所を建設するのが順当であろう。函館以南の電源が合計で1620MW有る事考えると噴火湾海底ルートは600MW位有った方が良いのかも。。