とはずがたり電力総研 火力発電 水力発電
地熱発電 地熱発電新規案件  風力発電
とはずがたりな掲示板 電 力・原子力スレ 新 エネルギースレ

原子力発電所(再 処理はこちら参照)

日本にどれだけ原発があるのかどの原発が動きそうかど の原発から廃炉していくのか核サイクル(再処理)将来の技術はどんなものがあるのか,が本頁の課題。

日本原電のHPに拠ると日本の原発の運転・建設状況は以下の通り。

日本の原子力発電所の運転・建設状況
1966年7月に、当社の東海発電所が日本で初めて商業用原子力発電所として営業運転を開始し、その後、各電気事業者が建設を進め、2012年4月現在で は、50基(合計出力4,614.8万キロワット=46,148MW=46GW)の商業用原子力発電所が運転されています。
とあり以下のような地図が載っている。


東日本大震災以降,状況は一変し,どの様に動かすのか,もしくは動かさないのかが焦点となった。出典を失念したが以下の ような感じに色分けられている。


再稼働の申請は上図の青に加えて地元(というか新潟県知事)の反撥が強い柏崎刈羽の6号機及び7号機,活断層ではないと認められた志賀2号機も行われた。




MW
再稼働申請
先行
その次
稼働後



泊1号機
北海道電力
579
579


24年
加圧水型
再稼働申請。過酷事故の解析が不十分として保 留状態>>2097
事 故対策の有効性を評価する際に、構造が違う3号機の解析を流用したため、審査はすぐにストップした。>>2041

泊2号機
〃 
579
579


22年
加圧水型

泊3号機
〃 
912
912


3年
加圧水型
再稼働申請,審査先行。一部の過酷事故対策が不十分と指摘>>2097

大間1号機
電源開発
1383



建設中

プルサーマル・函館市が建設差し止め訴訟

女川2号機
東北電力
825
825


17年
沸騰水型
再稼働申請。再稼働時期は防潮堤などが完成した後の2016年度以降。 東日本大震災では、想定した最大の揺れの強さを上回り、安全性確認に時間がかかる見通し。

柏崎刈羽6号機
東京電力
1356
1356


16年
沸騰水型
審査では、フィ ルター付きベント装置への質問 が集中した。東電は、新潟県の要請で「立地自治体の了解後に運用開始する」と申請書に明記したため、規制委は 「了解がないと運用できないのか」と課題を提起。更田豊志(ふけたとよし)委員も「運用手順は審査の大きなテーマになる」と強調した>> 1939
地 元調整が原発の重要施設の運用にまで及び、原子力規制委員会の安全審査は事実上、止まった>>2024
もともと申請すら反撥していた新潟県の泉田裕彦知事も申請を容認したが、再稼働の議論よりも福島第1原発事故の検証を優先させるべきだとの姿勢は崩してい ない>>2098

 〃 7号機
〃 
1356
1356


16年
沸騰水型

浜岡4号機
中部電力
1137
1137


19年

再稼働申請。5号機(1380MW/8年)は停止ミッション中に海水流 入

志賀2号機
北陸電力
1206



7年

1号機は直下の断層が活断層と認定されて廃止の可能性が高まる。2号機 は臨界事故起こした事有り。

高浜3号機
関西電力
870
870

870
28年
加圧水型
審 査が先行するグループに含まれる。福井県が想定する海底断層による津波への対策を関西電が急ぐことで、規制委は同年10月、保留していた過酷事故対策や設 備面の審査を再開。>>2098

〃 4号機
〃 
870
870

870
28年
加圧水型

大飯3号機
〃 
1180
1180

1180
21年
加圧水型
3、 4号機は福島第1原発事故を経て国内の全原発が停止した後、再稼働し、昨年9月に定期検査入りした>>2098

大飯4号機
〃 
1180
1180

1180
20年
加圧水型

島根2号機
中国電力
820
820


24年
沸騰水型
再稼働申請

島根3号機
中国電力
1373



新設

申請準備中

伊方3号機
四国電力
890
890
890

18年

事 故時の対応拠点を置く免震重要棟が整備され、審査が先行するグループに入る。想定される最大の揺れの算定が一部終わっていない>>2098 問題少ないと見られていたが,斜 面が多いという立地条件の下、電源車やポンプ車など可搬設備の運用に難点があるとされている>>2041
伊 方1号機は廃炉も視野。

玄海3号機
九州電力
1180
1180
1180

19年
加圧水型
規 制委からも「いろいろな意味での工夫から一歩前に行っている印象だ」とお墨付きを得ていたが、優先対象には選ばれなかった。川内と異なり、基準地震動が 決まっていないことが大きな要因だった。>>2041。 敷地内破砕帯に活動性がないことが了承され、審査が先行するグループに含まれる>>2098

玄海4号機
〃 
1180
1180
1180

15年
加圧水型

川内3号機
〃 
890
890
890

29年
加圧水型
優先審査
リスク要因として火山が浮上>>2182

川内4号機
〃 
890
890
890

27年
加圧水型











合計

19,499
(19.5GW)
15,537
(15.5GW)
5030
(5GW)
4100
(4.1GW)






沸騰水型と加圧水型  

沸騰水型原子炉(BWR)と加圧水型原子炉(PWR)では、どちらが安全でしょうか?と云うYahoo知恵袋のトピがあって,色々 論じられている。また原発推進派のブロ グのようだが沸騰水は危険であり稼働すべきではないが加圧水型は安全だと断じている。
東電・東北電力・北陸電力・中部電力・中国電力は沸騰水型,北海道電力・関電・四電・九電は加圧水型と云う選択状況の様だ。

ヤフー知恵袋のhirokun2991さんの回答だけど
1.世界の原発の60-70%はPWR。
2.軍事利用(原潜・原子力空母)はPWR
3.BWRの東芝がPWRのウエスチングハウスを6000億円以上を出して買収。
とPWRの優位を指摘しており,BWRのメーカは東芝と日立で東電は原子力以外でも昔から関西に主工場のある三菱よりも東芝や日立を優遇してきたとのこ と。

この際,沸騰水型は全廃に踏み切っていいのではないか?東芝と日立が大打撃を喰らうのだろうけど,これ以上地球が潰されるよりはマシだ。


どの原発を廃炉にするのか?
ソース:IT メディアスマートジャパン
まず2015年3月に上図の内,古くて規模が小さい
敦賀1号機 1970年運開 350MW 沸騰水型
美浜1号機 1970年運開 340MW 加圧水型
美浜2号機 1972年運開 500MW 加圧水型
島根1号機 1974年運開 460MW 沸騰水型
玄海1号機 1975年運開 550MW 加圧水型
の廃炉が決まった。合計2200MWである。更に2016年3月に
伊方1号機 1977年運開 566MW 加圧水型
の廃炉も決まった。合計2766MW(=2.8GW)である。この次は規模は大きいが周辺人口が多く,地元の理解も得られない
東海第二 1978年運開 1100MW 沸騰水型
であろう。これで2866MW(=3.9GW)である。
既に4基の原発の再稼働が見込まれる九電であるから規模の小さい
玄海2号機    1981年運開 559MW 加圧水型
もそのうち廃炉が決定するものと思われる。玄海1号 機廃炉に継いでとなると会計処理上急げないのかもしれないけど再生可能エネルギーの接続可能量が改善するのだから早急に決断させるべきだ。

福島第二1~4号機  1982~87年運開 4400MW 沸騰 水型
も廃炉が決まった訳ではない様だが事実上動かせないであろう。玄海2号機を含めなくても合計7166MW(=7.2GW)となる。

一方で規模が比較的大きい
高浜1号機 1974年運開  826MW 加圧水型
高浜2号機 1975年運開  826MW 加圧水型
美浜3号機 1976年運開  826MW 加圧水型
は関電が業界盟主の威信を懸けて稼働延長申請に向けて動いている(美 浜3号機と高浜1、2号機の新規制基準に基づく安全審査を年度内に申請するなど、再稼働を目指して対応する「福井新聞」2015.2.・再稼働審 査が期限に間に合わず共 倒れの危険があるとの指摘も。)。しかし関電は
大飯1号機 1979年運開  1175MW 加圧水型
大飯2号機 1979年運開  1175MW 加圧水型
の再稼働も目指すのであらう。

更に
志賀1号機 1993年運開 540MW 沸騰水型
の直下の断層が活断層とほぼ認定されて再稼働は極めて難しくなったと云える。
日本原電の敦賀2号機も何度も活断層と認定されたが日本原電が激しく抵抗してなんと再稼働申請が強行された。社の命運が懸かっているとはいえそんな事で日 本の美しい領土が危険に晒される事が認められては成らない筈で,日本原電なんて1wも発電出来てないのに原発の供給契約の基本料金という国民の電気代で生 きながらえてゐるのは可怪しい。とっとと電力会社の責任で解体専業に移行すべきだ。原電側としてはポスト敦賀2号機に敦賀3・4号機(1538MW*2)の建設を 狙っている様 だ。
敦賀2号機 1987年運開  1,160MW 加圧水型
志賀1と敦賀2を併せて合計1,700MWで老朽化廃炉と併せて8866MW(=8.9GW)の廃止である。

更には東海地震の浜岡,巨大地震が頻発する新潟県の柏崎刈羽は廃炉已む無しであらう。
少なくとも柏崎刈羽は申請もされてない分は廃炉したい所だけど,
柏崎刈羽原発は経産官僚出身の泉 田知事が原発稼働に対して厳格な安全対策を求めてをりとても心強い。経産官僚出身で突っ込み所をよく解ってるけど知事が一人で頑張ってる印象で柏 崎市も刈羽村も地元は動かしたがってるし,知事が了解しさえすれば動いちゃいそうで心配だけど。。
とりまこの4基5.5GWは保留で柏崎1~5で5500MW(5.5GW)となる。
柏崎刈羽1号機 1985年運開 1100MW 沸騰水型 2007年~2010年運転 停止
柏崎刈羽2号機 1990年運開 1100MW 沸騰水型 2007年~運転停止
柏崎刈羽3号機 1993年運開 1100MW 沸騰水型 2007年~運転停止
柏崎刈羽4号機 1994年運開 1100MW 沸騰水型 2007年~運転停止
柏崎刈羽5号機 1990年運開 1100MW 沸騰水型 2006年~2011年運転 停止
柏崎刈羽6号機 1996年運開 1356MW 改良型沸騰水型 2007年~2010年 運転停止 →再稼働申請
柏崎刈羽7号機 1997年運開 1356MW 改良型沸騰水型 2007年~2009年 運転停止 →再稼働申請
柏崎刈羽原発は2007年の新潟県中越沖地震が起きた際に猛烈な揺れに襲われ3号機横の変圧器から出火,緊急時対策室のドアは変形して中には入れないなど の災害への弱さを露呈する事になった。

一方の東海地震の危険の高い浜岡は地元の反撥強いし全部廃炉でいいら。
浜岡3号機 1987年運開 1100MW 沸 騰水型→再稼働申請
浜岡4号機 1983年運開 1137MW 沸 騰水型→再稼働申請
浜岡5号機 2005年運開 1380MW 沸 騰水型停止作業中に海水流 入
合計3617MW(=3.6GW)である。
柏崎刈羽1~5の5.5Gと浜岡の3.6GWを併せて9.1GWになる。老朽化等の8.9GWと併せて18GW廃止出来ることになる。柏崎が無理でも3. 6+8.9=12.5GWだ。

原発稼働を前提とする夜間の安い電力と云う欺瞞はそろそろ止めるべきでは無いか?石炭火発を下げしろいっぱいに下げつつ揚水発電は太陽光と風力の出力変動 対策に使う訳には行かないのか?揚水発電が運転費用が安い原発や石炭から風力・太陽光となるとその分,コストが掛かるだろうけど。

<老朽原発>5基廃炉、正式決定へ…4社、18日にも表明
http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/business/mainichi-20150312k0000m020138000c.html

毎日新聞2015年3月12日(木)00:59



核燃料サイクル  
準国産エネルギーと云われているが転換工場は海外に依存しているし,より危険の高いBWRは再転換工場も日本国内には無くて海外に委託する必要がある。
更には核と成る再処理工場は日本原燃が六ヵ所村で建設中だが問題が続出して計画が遅れに遅れて建設費も高騰している。現在は海外(英仏)の再処理工場に委 託しているのである。
直接処理に比べてコストが掛かる上に原発より多量の放射性物質を出すなどのデメリットがあるが,数万年単位必要な管理が数百年で済むそうで,其処はメリッ トだと云えるのであろうが,その目的の為なら加速器駆動未臨界炉(→wiki)が適しているようである。またCO2排出を抑える代わりに放射性物質が出ちゃうのは後世の為とは云えず世代間の倫理的な問題があるであろう。。
詳しくはこちら




新技術  

高温ガス炉,溶融塩炉などがあるようだ。

高温ガス炉はこの辺(高温ガス炉の利点と問題点)に詳しい。安全性と隣り合わせの性質で大型化が困難で原子炉1基辺り200MW程度だそうな。これがコストを上げる様だ。
利点としては自己安定性(核暴走し難い),核燃料が仁丹程のSiOのセラミック球に閉じ込められてゐる,天然ウランを利用出来る,或る程度の需要追从性が 可能等がある一方で,上述のように大型化が困難,原子炉に使われる高純度黒鉛が難燃性とはいえ火災のリスクは存在する,また燃料のSiOも不良品による損 傷のリスクはあるとのこと。

溶融塩炉はこの辺(トリウム熔融塩炉は未来の原発か?)やこの辺(教えてgoo!)参照。とは板でもニュースを集めてみた。
プルトニウムの焼却に使える,トリウム溶融塩炉は燃料が液体でそもそもメルトダウンは起こりえない,亦溶融塩は沸点が1500℃と高温で化学的に空気と反 応しないので扱いが容易であり水蒸気爆発や水素爆発が起きない。溶融塩そのものは放射性であるが液体でありセシウムを飛散させたりはしない。燃料の生産・ 追加が容易,漏出が起きても冷やせば固まる。現在レアアースの生産で併産してしいまうトリウムを燃やす事でウランを増殖させる事が出来る。放射性廃棄物が 少ないなどのメリットもあるようである。
欠点としては(これが書いていない記事は信用出来ない訳であるが),この辺(普及しない理由)によると高温溶融塩による配管の腐蝕は現代の技術では大きな問題にはならないだろうが大型化が難しいのがネックなのではないかとのこと。で,wikiに拠ると最大の欠点は遮蔽の難しいガンマ線の取扱であるそうな。このガンマ線に関しては確かに少なくないが,それが理由で無理になるほどの事は無いのではないかと云う指摘もあった(トリウム熔融塩炉推進ブログ)。後はやはり配管の耐腐食性ですな。