電 力総研TOP 水力発電あれこれ
とはずがたりな掲示板(電 力スレ利 水スレ)
2020.10.11作成

天竜川中部の貯水

さて,前回の検討の結果,天竜川下流域の3発電ユニット,佐久間,秋葉,船明を検討して以下の結論を得た:

>豊川の検討で見るように,佐久間ダムの 水利用率は90%を超えていて結構シビアである。ところ が,水利用率は90%が示す様にある水はほぼ使い切ってるのに稼働率は53%程度である。
要するに容量がデカすぎて水が足りないのである。

>以下でみるように秋葉の問題点は水量の不安定性である。佐久間から13億m3/年も増えてるけど使い切れていない。秋葉ダムは佐久間の逆調整池であり有効貯水量は大したことないのである。。何とか増やしたい。

佐久間の水量対策としては水窪 発電所経由で取水を増やす為の門桁ダム建設豊川用水 大入導水分5m3/sの新豊根発電所・豊川用水佐久間導水経由化大千瀬川導水建設,更に佐久間第二のみの施策として下で見るように佐久間第二は天竜川から取水等を提案させて貰った。

だが,秋葉ダムの容量不足で佐久間~秋葉間で増える13億m3を処理し切れてない問題を解決は秋葉ダムの堰堤高上げる?ぐらいの自信の無い妄想wぐらいしか出来なかった。

またこの不安定さは佐久間第二の能力増強にも影響がある。
結局ダムで安定化させない水流では大した数量を確保出来ない上に,有効落差の小さい佐久間第二では物量で攻めないとあんま増強する意味がないのである。

今時難しい巨大ダム建設だけど,多目的ダムで洪水容量込みの巨大貯水池で無ければ未だ許容の余地があるのではないかとささやかな堰堤だけど結構水面広そうな箇所見付けてきた。


[仮称]中部天竜ダム[場所
堤防をEL=140m位として実際の運用上限は135m満水位,取水位は佐久間第二の取水レベル122mに対して124m位にしとくと11m113万m2=1,243万m3を此処に貯めておける。
これは秋葉(775万m3)と船明(360万)の有効貯水量を合わせた量(1,135万m3)を凌駕する♪

佐久間第二は低落差なので水量がものを云う。この貯水量で大千瀬川流域をガツンと安定化させたい。


例の如く,牽強付会の可成り妖しい推論でどの程度このダムの効果があるか見て行く。

上流で水窪発電所の門桁が取水してしまってるけどそれ以外は水量の判明してる豊岡から色々推計してみる。

73.3km2の内,53.9km2の水を8m3/sで取水されて残りの水量を4m3/sで取水した場合の余り

概ね1/3が発電,1/3が7月と9月の放流,1/3がそれ以外の10ヶ月の放流って感じになっている。

降雨量の6割りが7,9月。
より正確には水利用率は35%。放水量は65%。65%の6割だから全体の40%。残る10カ月の放流量は25%って感じである。

一方全て推計値だけど大千瀬川流域で37.2km2で1.30億m3,74km2で2.60億m3程降ると推定出来る。

詰まり豊岡の流域面積では概ね2.6億m3程振ると想定出来て,実際には1億3080万しか扱ってないとなると1億3080万が門桁での推定取水量となる。
ほぼフルで取水出来てると仮定すると1カ月1000万m3程度。正確には1090万
3,4,10,11を1090万,6~9月を1180,12~3月を1000と補正

以上で豊岡発電所の集水地域の月別降水量が計算できる。これを面積74km2で割ると1km2辺りの推計降雨量が出る。


4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
近傍の1km2辺り降雨量
32.7 20.4 20.3 59.3 28.4 54.3 23.6 21.2 23.2 18.8 29.3 21.9
佐久間第二取水域(116.6)平均月別量 5,029.68 3,138.35 3,117.57 9,124.08 4,364.59 8,355.08 3,637.16 3,263.05 3,574.81
2,888.95
4,510.08
3,366.97
更に平均週間雨量量
1,117.71 697.41 692.79 2,027.57 969.91 1,856.68 808.26 725.12 794.40
641.99 1,127.52
748.22

                                         

一番少ない月で3000万m3,一日100万m3は11.5m3/sに相当。116.6km2の概ね10%が11.6m3/sと云う物部川の経験則にも合致してるなw

この使用水量をどの程度上げられるかが課題。目標としては23m3/s程度に置いてみる。

梅雨の6月の数値が低いのが一寸危うい(推論に穴があることを示唆している)けど目をつぶって行く(誰か流域区間別の降雨量の実測値下さいw)。

貯留量が1,135万m3なので一日200万m3だと5日分ぐらい貯められる。一回の雨で1135万位迄なら貯められるので平均値の5日分ぐらいまでなら逸失しないで使える。
一週間も雨が降り続けることは余りないので1週間ぐらいで取るとまあ割りと平均的な週降雨量を出せると仮定してみると概ね7月9月以外は大丈夫そうである。
全部で4.1億程の内,取り逃がすのは7月と9月の1000万m3/週ぐらいでこれが2カ月で9週間程あるので9000万m3程は放流。残る3億2000万程は利用。水利用率は78%となる。なんかすげえそれっぽい数字が出てきたw
13億の内,1.3億の6割位は佐久間ダムで貯蓄出来て,大千瀬川の4億半の内3億半程は安定化出来る。

領域
地域
面積
推定水量由来


振草以上
74.4km2
1.30億m3
領域 ①図

佐久間ダム大千瀬導水流域
37.2km2
1.30億m3
領域 ②図

それ以外大千瀬~佐久間第二以上流域
116.6km2
4.09億m3
領 域②③図

水窪川流域(水窪ダム蓋渠での取水無し仮定)
121km2
4.2億m3
領域 ④図

佐久間第二以下水窪以外
59km2
2.11億m3


全体
408km2
13.00億m3


残るは水窪川流域の安定化やな~。

先ずは残る水もとことん佐久間湖へ流す。
先ずは西渡に遠慮して考えなかったこの辺(250m)から導水(3.7km)。52.4km2。ちんけな大千瀬導水より面積は広いぞw
既に翁川からの新規取水は取り上げたけど,既存導水管などの制約がある場合は新しくもう一寸ギリギリから取水出来る。

更にもう800m程伸ばせば水窪河内川の標高250m以上510m以下の領域からも取水可能(510m以上は水窪発電所に導水)。

2億m3位は降るのでまあ半分の1億は佐久間に導水したい。
また水窪流域の4億の内1億は佐久間湖へ云ったので残り3億。

極限まで水窪川の流れを削った上にトドメは標高120m級からの佐久間第二への導水であろうw

湛水位140mの下水窪ダム。推計有効貯水量141万m3

集票流域は水窪からの新導水路を造らない前提だと54.75km2。
西渡を廃止する事は大前提になるし色々投資効果考えるとどうやろな。。
ただ佐久間第二を20m3/s分強化するのと同じ増強を施してやれば秋葉の稼働率もそれなりに上がりそうである。