電力総研TOP とはずがたりな掲示板
関門連系増強 四国の送電罔
中国電力の発電所と送電罔

昨今の日本の再生エネ電力導入の隘路は東北北海道の風力を首都圏へ,九州の太陽光を関西へであるからその観点から中電管内の送電罔も眺めて見る。西日本だ から課題は九州の太陽光発電電気の関西への送電分ということになる。

1.中国電力の発電所と調整力
■老朽化発電所(→老朽化発電所特集はこ ちら参照)
Web site等に拠ると老 朽化してCO2も出す(個人的に)廃止したい中電の 火 力発電は以下の4箇所(休止中の大崎を入れると5箇所)。3GW超
発 電所名 所 在地 定格出力
(MW)
ユニットNo
単機容量
(MW)
運転開始
年月
燃 料
そ の他・備考
玉 島発電所
倉 敷市玉島

1,200
1号機
350
1973.3
天然ガス・重油・原油
1号機のみ天然ガス併燃化工事(2014年4 月)
水島同様古いが水島のように更新の投資も余りなされてない。
2・3号機に天然ガス利用改造しないのか?
2号機
350
1974.4
重油・原油
3号機
500
1976.6
岩 国発電所 岩国市藤生町 850
2号機
350
1972.4
重油・原油
3号機
500
1981.9
下 関発電所 下 関市長府港町 575
1号機
175
1967.3
石炭
2009年に高硫黄石油燃料に対応出来る2号機運開>>410
2号機
400
1977.9
重油
石炭計
石油計
天然ガス計
175
2,100
350




天然ガス・石油併燃は天然ガスにカウント。
合計
3,325





こいつらを廃止して再生可能エネの供給力と揚水とCCの需要追从で補いたい。古さで云うと下関1(175MW・石炭・1967),玉島1(350MW・石 油・1973),岩国2(350MW・石油・1972)辺りである。2019.2に古さではどっこいどっこいだが最旧ではない下松が休止された。
小さめで良いから最新型のLNGCCをどっかに造って先ずはこいつらを廃止したい。
新規投資をしたばかりの玉島1号機(350MW)・下関2号機(400MW)の廃止は難しいとしてもそれ以外の2,625MWの廃止は行けるであろう。特に規模の小さくて古くてCO2を沢山出す下関1号機の廃止は急務であろう。

■ベース電源
次に時代遅れのベース電源。現在3300MW(=3.3GW)将 来的には原発が動かなくても4.3GW原発が動くと6.3GWとなる。
発 電所名 所 在地 定格出力
(MW)
ユニット
No

単機容量
(MW)
運開
年月
発電方法
燃 料
そ の他・備考
三 隅発電所 浜田市三隅町岡見 1,000
(→1,400)
(→2,000)
1号機

1,000

1998.6

USC
石炭
2 号機は2000年,2003年に引き続き2010年にも着工延期
2014年着工,2017年稼働の予定がそれぞれ10年程度の先送りとなった。
その後電力不足を機会に1000MW に増強の上建設が決定した。
(2号機) (400→
1000)
(計画中)
新小野田発電所 山陽小野田市新沖 1,000
1号機
500
1986.4

石炭木質バイオマス(08/8/30~)
発電所の利用率は95%。
2008年のバイオマス使用量:2万t/年
2号機
500
1987.1

松江原子力発電所
松江市鹿島町
(820)
(→2,193)
2号機
820
1989
BWR
原子力

3号機 1373 未定 ABWR
電発:竹原発電所

1300
3号機
700
1983
SC
石炭 リプレース中。供給先は基本,中国電力の様だ
新1号機
600
2020予
USC
石炭
宇部興産(IPP)

195


2004.3

石炭 発電端216MW
三菱レイヨン大竹(IPP)

40




石炭

■調整力発電所(→他社比較はこちら参照)
需要追从用火力発電は,と見るとこれは弱い・・水島はリプレースした様だが古い設備を流用してるようだし。玉島も燃料追加しただけでそのままの古い設備のようであ る。
発電所名
所在
定格出力
(MW)
ユニット名
単機容量
(MW)
運開年月
発電方法
燃料
その他・備考
水島
倉敷市潮通

625
1号機
285
1961.11
NGCC
天然ガス
2009年4月に1 号機の天然ガスコンバインドサイクル発電設備への転換工事が完了した。
3号機
340
1973.9
汽力
天然ガス
玉 島 倉 敷市玉島 350 1号機
350 1973.3 汽力
天 然ガス・重 油・原油
柳井 柳井市 1,400
1号系列
700
1992.12
CC
LNG

中 国電力で最大の出力を持つ火力発電所。発 電の方式は,コンバインド方式を採用。
刻々と変化する電力需要に対する調整能力に優れており,起動停止の容易 性も重要な特徴。
シェールガスの受け入れも検討>>1638
2号系列
700
1996.1
CC
合計 2,375





山口宇部パワー
西沖の山(仮)
電発*宇部興産 600
1号機
600

IGCC


関電:赤穂
=参考
赤穂市
1,400
1号機
600
1987
汽力
重 油・原油 近隣の老朽石油火発である相生の1・3号機は 大ガスからPLを引きLNG併燃化工事を行った。
赤穂は石炭火発化を打ち出すも脱石炭火発及び節電や自由化による電力需要減の流れの中で断念。
2号機
600
1987
汽力
重 油・原油








また純揚水発電所も一応2GW程あるにはあるが,揚水発電が基幹 500kVではなく220kVに接続されてるのも特徴で有り,それ程揚水の発電規模がでかくない事を示唆しているのかもしれない。
俣野川は松江原発の新成羽川は岡山・水島の,南原は広島の近傍に立地してると云えるようである。

~純揚水発電所~
発電所名
立地
認可出力
(MW)
容量
運開
上部水系・ダム湖 連系線
備考
下部水系・ダム湖
俣野川

1,200(発 電機:4基)

1986.10
土用ダム(有 効670万立米)・旭川水系新庄川
俣野川ダム(猿飛湖: 有効670万立米)・日野川
俣野川線・新鳥取線220kV
水利権は日野川のみ
新成羽川


303


1968
新成羽川ダム(上池:備中湖:有効96万立米)
田原ダム(下池:有効96万立米)田原(発)22MW
黒鳥ダム(逆調整池)黒鳥(発)2.2MW
?220kV
自流混合式揚水発電
南原

620

1976
太田川水系南原川・明神ダム(上池:有効522.0万立米)
太田川水系南原川・南原ダム(下池:有効524.6万立米)
山陰幹線220kV

合計
2,103





揚水発電の接続先が何れも220kVとなっているのも特徴である。揚水を余り重視してないように見える。

中国電力の夏冬のピークはでんき予報に拠ると10GW超。夏は日中,冬は朝晩である。それに対してベースが現在3.3GW,三隅増強後は4.3GWであり,需要追从電力が4.4GW程度。並み居る老朽化石油火発3.3GWで対応してるって所である。
この他に橘湾・松浦・松島と云った電発の石炭火発からも供給を受けているようであり,これではベー ス電源偏重で調整力軽視で間歇性の再生可能エネ電源を接続しにくいんちゃう か。
より沢山の再生可能エネ接続の為にはこまめな調整の為に中電管内に隣接する関電の姫路発電所や大河 内・奥多々良木の揚水発電所でも借りるかCCの LNG火発も必要になってくるかもしれない。

ということで調整力の増強の為に,原発の再稼働が進み石炭火発化 を断念した関電赤穂火発の処遇が宙に浮いているので,赤穂発電所を中国電力に売却して,中電が近くを通る大ガスからのパイプラインからLNGを引き込みLNG火発化を提言。更に廃止が進みそうな中電の排気再熱型CCのGT を流用して併せて排気再熱型CCに改造すれば猶良い。赤穂は中電管外であるが,隣接しているし連系線でも繋がっている。しかも九州の太陽光発電の関西への送電と赤穂の電力の中電管内への送電は逆方向になるので相殺可能で はないだろうか??なんなら中国電力の関西進出の橋頭堡にもなり得る。これは関電は嫌な顔しそうだけどw


■風力発電
2013年時点で運転見込含めて400.5MW。その後そんなに進ん でるイメージは無い。   下関市の安浦沖(下関市安浦沖洋上風力発電プロジェ クト[60MW])早く具体化させろよなあ。安部はろくでもないことしかしない。前田建設工業はお友達ではないのか?市長も反対表 明(「事業進めるべきではない」2018.6 毎日)だそうで厳しいのかなあ。。
地図の★浜田市であるが,「ウインドファーム浜田」(SBエナジー・三井物産)として予定通り48MWで2016年に運開出来たようだ。
出典:中 国経産局



2.中国電力管内の送電罔

 まあ今の所東北電力や北海道電力等と比較して十分空 いている様であるけど九州から中国に 渡った電気が実際に3~5GW程の大量の潮流を流すとなると話は違ってくる様である。

出典:中国電力(pdf)

2.再生可能エネルギー電力の接続に就いて
出典:中 国電力(2017.3)

風力発電
■2017.2末時点で接続済および接続申込済は約560MW,接続検討申込済は約1000MW
■接続検討申込済は至近1年間で大きく増加している。一方,今後は風力適地が減少することを考慮して,将来的な追加導入量は1000MW程度を想定→中国 電力が考える中電管内の風力賦存は2,520MW程度
■上記により,風力の指定ルール導入量を+1500MWとして算定


太陽光発電
■2017.2末時点で接続済および接続申込済は約6,230MW,接続検討申込済は 約2,500MW
■ 接続検討申込済は継続的に増加している。一方,今後の認定取消などを考慮し て将来的な追加導入量は1000MW程度を想定
■上記により,太陽光の指定ルール導入量を+3000MWとして算定


中国電力エリアの太陽光発電が「出力制御枠」に到達、今後の接続は無補 償に
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1807/17/news036.html

中国電力管内の太陽光発電設備の接続および接続申込済み量が「30日等出力制御枠」である660万kW(キロワット)に到達。今後接続を行う場合は無補償 の出力制御への同意が必要になる。
2018年07月17日 09時00分 公開
[長町基,スマートジャパン]

 中国電力は2018年7月11日、太陽光発電設備の接続済みおよび接続申込済み量が「30日等出力制御枠」である660万kW(キロワット)に到達した と発表した。このため、同年年7月12日以降に、同社送配電系統への太陽光発電設備の接続契約申し込みを行う場合、指定電気事業者制度のもと、年間360 時間を超えた無補償の出力制御への同意が必要になる。

と云う事で今後は下げ代以下に成りそうな時は関電への連系線使って一生懸命送電して出力抑制リスクによる再生エネ電源投資の抑制を避けつつCO2フリー発 電の増加を期せねば成らない。

3.関西中国間連系線の運用容量について
https://www.occto.or.jp/iinkai/unyouyouryou/2016/files/h28_3_2_kansaichugoku.pdf

出典:中国電力2016年9月16日

と云う訳で,関西中国連系線の運用容量である。
現在およそ4000MW程の様である。そう簡単には行かないのは承知の上で云わせて貰えばもう1本ぐらい幹線引き通して6000MW位に出来ないものか。 関電に送り込める様にしておけば出力制御も当面は大丈夫である。

関西中国間連系線の現行運用容量
冬と夏で同期安定性の限度値が高まるのは何故?発電量が増えて稼働してる発電機が高い事が有利に働くってことか?

■2016年度の運用容量は,関西中国間連系線2回線(1ルート断)故障による電圧安定性限度値で決定しているとのこと。

関西中国連系線の電圧安定性の考え方
■関西中国間連系線のルート断事故時は,健全ルート側の潮流増加により無効電力消費が急増するため,主要系統の電圧が低下する。
■主要系統の電圧が大幅に低下すると,大規模停電に至るおそれがあるため,電圧を安定的に維持できる連系線潮流の最大値を運用容量に設定している。




と云う事で,もう1本となると山陽道筋と中国道筋にそれぞれ1本有るので最後は山陰道筋であろう。安易だけどw

出典:中国電力(pdf)
上の図等を見るに日野変電所から新鳥取変電所へ通じるL39・L40を昇圧の上,増強がいいだらう。この境目の猪俣川ダムは揚水発電ダムのようである。
新岡山から日野への容量が一寸心配だけど今も需要地岡山・倉敷方面へ松江方面から流れてる様なので日野か ら関西方面へ流すのはそんなに問題にならないであろう。場合によっては日野の処理能力を上げる必要が出てくるのかな?

いずれにせよここら辺から関西方面を眺めて見る。関電の施設名は推定。喜撰山などと並ぶ関電自慢の揚水発電の奥多々良発電所(R)木辺りに繋ぐのが良さそ うである♪更にはその近くの大河内線(12)辺りも使えそうである。大河内も揚水発電所である。
太線は500kV線。
出典:関 西電力(pdf)

奥多々良木発電所(出力などはこちら参照)は朝 来市の山奥にある(こんな レポも)。新鳥取(変)(此 処)迄ざっと70キロ程度か。大河内も同じく揚水発電所で此 処。南寄りになるが西よりになって結局山崎開閉所(此 処)へ繋ぐ方が安上がりかも。其れを云えば新鳥取変電所ではっはなくもっと西寄りになるが南寄りになる箇所で分岐しても良いかも知れぬ。
番号
系統名
電圧
(kV)
回線

系統
制約要因
空 き容量
その他
中国電力
当該設備
上位系等考慮
L39
俣野川線
220
2
熱容量
550
395

L40
新鳥取線
220
2
熱容量
975
390


関西電力
電圧
(kV)
回線

運用容量
制約要因
設備容量
(100%*回線数)
運用容量値

11
播磨北線
500
2
熱容量
6,580
3,290

12
大河内線
500
2
熱容量
6,580 3,290
22
奥多々良木線
500
2
熱容量
6,580
3,290

容量ががら空きなのは稼働率がそれ程高くない揚水発電故かもしれない。
発電所名
社名
認可出力
(MW)
揚水動力

容量
運開
上部水系・場所 備考
下部水系・場所
大河内発電所
関電
1,280


1992.10
市川水系太田川

市川水系犬見川
奥多々良木発電所
関電
1,932


1974.6
市川水系市川及び油谷川

円山川水系多々良木川
猪俣川発電所
中電
1,200



岡山県新庄村

鳥 取県江府町
関門連系増強の検討結果を見るこ の4000MW(4GW)増送時の問題箇所(赤 線) 及び5000MW時(赤 線橙 線) を何とかしなくて は成らんと云う事のようだ。。岡山以西の同期安定性が厳しいようだが,これは送電線を増強すれば良いと云うものでも無いらしい。

周波数や 電圧を安定させる装備が必要ということになる様だが,この図だけ見るに岡山以東へ送る分には送電線の増強は要らないとも読める。まあ風力発電とか中国山地 に作るとすると新山口~西島根~日野間の安定性増強は不可避となりそうではある。