電力 総研TOP 地熱発電 地 熱発電新規案件 バイオマス発電 原子力発電
とはずがたりな掲示板 電 力・原子力スレ 新 エネルギースレ

日本の風力発電大規模開発

赤地…確定 緑地…計画 青地…計画重複? 無地…計画停滞? 灰地…中止・凍結

[1]港湾浮力

一部港湾では先行して洋上風力が開発された。

石狩湾(Max104MW・22運開予)・能代(84MW/22運開予)・秋田(55MW/22運開予)・酒田・鹿島・北九州

[2]沿岸風力

海洋再エネ利用法


再エネ海域利用法における今後の促進区域の指定に向けて有望な区域等について、今年度の整理を行いました
https://www.meti.go.jp/press/2020/07/20200703001/20200703001.html
2020年7月3日同時発表:国土交通省

2.既に一定の準備段階に進んでいる区域
都道府県等からの情報提供を踏まえ、既に一定の準備段階に進んでいる区域(10区域)について、以下のとおり整理しました。

北海道岩宇及び南後志地区沖
北海道檜山沖
青森県沖日本海(北側)
青森県沖日本海(南側)
青森県陸奥湾
秋田県八峰町及び能代市沖
秋田県潟上市及び秋田市沖
山形県遊佐町沖
新潟県村上市及び胎内市沖
長崎県西海市江島沖

なお、令和元年度に整理された有望な区域のうち、秋田県由利本荘市沖(出力規模70万kW程度)については、競争性確保等の観点から、区域を分割して促進 区域として指定し、両区域において同時に公募することとしたところであり、上記の各区域についても出力規模に応じて今後同様の検討を行う可能性がありま す。

3.協議会の組織等の準備に着手する有望な区域
10区域のうち、地元合意などの環境整備が進捗している以下の4区域については、有望な区域として、協議会の組織や国による風況・地質調査の準備に着手し ます。

青森県沖日本海(北側)
青森県沖日本海(南側)
秋田県八峰町及び能代市沖
長崎県西海市江島沖

4.今後の各区域の進め方における留意事項
10区域のうち、「3.」以外の6区域について、今後の進め方における留意事項は、以下のとおりです。(とは註:●は引用者が付した系統の確保が必要な地 域)

北海道岩宇及び南後志地区沖
●系統の確保、利害関係者の特定及び調整が必要である。

北海道檜山沖
●系統の確保、利害関係者の特定及び調整が必要である。

青森県陸奥湾
利害関係者の特定及び調整が必要である。

秋田県潟上市及び秋田市沖
利害関係者の特定及び調整が必要である。

山形県遊佐町沖
●系統の確保が必要である。

新潟県村上市及び胎内市沖
●系統の確保、利害関係者の特定及び調整が必要である。

注:本プレスリリースにおける各区域の名称は、都道府県から情報提供を受けた際に、都道府県から提示されたものです。




一.北海道

1. 宗谷・留萌地区

系統側蓄電池事業で申込のあった1184MWと北海道北部風力発電の 2期 分800MWを併せて2000MW程度の未開発風力発電普賦存がある様だ。

1.1 2017 年の系統側蓄電池による風力発電事業に よる申込量(或る種の風力資源賦存量)

既導入量※
今回申込量
宗 谷管内 104MW
484MW
留萌管内
67MW
700MW
合計
171MW
1184MW
※2017 年3月末現在

対策…昇圧した道北幹線から275kVの幹線を分岐させて190kmの高圧線を引く。計1180MWの電源が接続可能。

事業化の検討の結果,事業が凍結された日本送電の代わりとなり得るプロジェクトなのではないか?
社名
出資者
(採択時)
事業場所  風力導入
ポテンシャル
備考
日本送電(株)
三井物産㈱
丸紅㈱
SBエナジー㈱
日本海側ルート
(増毛町から天塩川以南)
300~600MW

送電網整備実証事業 採択事業者(SPC)
出 典日本風力エ ネルギー学会誌(2015)


1.2 北 海 道北部風力送電事業
風力賦存の豊富な電力資源を系統に接続する為に延長80km,187kV仮称)北海道(道南地区)ウィンドファーム島牧の送電線と容量720Mhwの蓄電 池を設置。
出典:北 海道新聞
北海道北部送電に接続を計画している風力発電は1次分で600MWにのぼるという。北電も併せて対応して西中川変電所を設置して西名寄変電所迄を 187kVに昇圧して受入体制を調える模様。
更に北電の送電能力の隘路が解消されれば2次分800MWで合計1400MWを予定しているそうな。
出典:日本風力エ ネルギー学会誌(2015)

2.道央・襟裳地区
 
2017 年の系統側蓄電池による風力発電事業に よる申込量(或る種の風力資源賦存量)

既導入量※
今回申込量
日高管内
1MW
13MW
※2017 年3月末現在

系統側蓄電池による風力発電事業に拠る 日高管内の申込量は僅少。だが見るように襟裳岬付近は風況が良いようである。

<襟裳地区>→こちら
将来的には1GW近くが集積しそうである。…と思ったけどなんか領域被ってね??
実際は500GW位かな?実際は縮小されること多い(と云うかそれが基本だ)しな。。
事業名
会社名
事業区域
発電出力
総事業費
運開
蓄電池
その他
(仮称)えりも風力発電事業 アールイーパートナーズ(大阪) えりも町有上歌別牧野
最大201.6MW
(4.2MW*48基)
1000億~1200億
4,5年以内
500MW 自営送電線100km超建設
(仮称)えりも岬風力発電所
日本風力開発(東京) えりも町
 旧北海道肉牛牧場を含む約2019ha
最大150MW
700億
24年着工28年運開予

自営送電線約100km建設
変 電施設、送電線、系統連系地点などは、北海道電力と協議。蓄電池の容量は今後の風況調査結果を踏まえて決める。
ソース:北海道建設新聞
仮称えりも町風力発電事業
JR東日本エネルギー開発
えりも町庶野、えりも岬、東洋、歌別、新浜、本町などの山林が広がる約 7545ha。
400~500MW
(4~5MW*最大100基)

23年着工、26年の運開を目指

蓄電池の設置や容量、変電施設、送電線、系統連系地点、工事手法、電力 の売電先などは検討中
ソース:北海道建設新聞
日本風力開発の方が大規模っぽいのに事業費が少ないのは何故だ?
上2社ともに自営線100km超建設とあるが,3社が協力してN1電制組めるのでは?是非余裕のあるインフラ形成をして欲しい所♪

<石 狩地区>→こちら
https://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/sangyo/electric/detail/furyoku_ishikariwanshinkoyoujyou.html

(仮称)石狩湾新港洋上風力発電事業 合同会社グリーンパワー石狩
事業者:グリーンパワーインベストメント
所在地:北海道石狩湾新港港湾区域内
原動力の種類:風力(洋上)
出力:最大104MW(4,000kW ×最大26基設置予定)
運開:2022年予定

石狩湾新港風力発電所 エコ・パワー株式会社
所在地 :北海道石狩市・小樽市
出力 :9,900kW

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49220110Q9A830C1L41000/

https://www.env.go.jp/press/107419.html

(仮称)北海道石狩湾沖洋上風力発電事業
事業者:コスモエコパワー
事業区域:石狩市と小樽市の沿岸から水深約200メートルの範囲(事業実施想定区域面積 約233,603ha)
出 力:最大1000MW(単機出力8,000~12,000kW×最大125基)

事業者:北海道電力×グリーンパワーインベストメント
事業区域:石狩湾の一般海域
出力:300~500MW

事業者:電発
出力:700MW


3.道南・後志・西胆振

既導入量※
支庁別
今回申込量
系統別
今回申込量
胆 振管内 48MW
261MW
伊達・室蘭330MW(+70MW)
後志管内
1MW
13MW
西小樽180MW(▲119MW)
桧山管内
渡島管内
83MW
1MW
175MW
353MW
道南 580MW(+52MW)
合計
MW
MW
MW
※2017 年3月末現在
胆 振管内西部を中心として伊達・室蘭系統への接続希望が330MW有ったとのこと。内69MB程は後志方面からの接続のようである。また道南への接続も 52MW程大きくなっており,これらがほぼ後志管内中西小樽への接続の減少分に相当しているので後志管内の一部が他管内をメインとする配電系統に接続され てる様である。


海洋再エネ利用法だと入札で決まるが上ノ国・せたなでは2計画が競合。

計画の熟度では電発が先行してるっぽいけどコスモも沖合迄利用で規模はでかく規模効果は出そう。

沿岸に地域指定があった場合はコスモ有利?プロジェクト一体化したりあるかな?

プロジェクト名:仮称・桧山エリア洋上風力発電事業
事業者:電源開発
発電規模:最大 720MW(単機出力9500kW・最大76基)
運開予定:2030年頃
事業実施想定区域:桧山管内のせたな町から上ノ国町までの沿岸エリア
詳細:海底ケーブルや変電施設、系統連系地点、蓄電池の設置、工事手法、電力の売電先などは検討中

プロジェクト名:?
事業者:コスモエネルギーHD(株)
発電規模:最大 1,000MW(最大125基)
着工:未定
運開予定:未定
事業実施想定区域:上ノ国町からせたな町までの沖合の水深約200メートルまでの範囲
詳細:沿岸からの水深が約50メートルの海域は風車を海底に固定する「着床式」、約50~200メートルの沖合は風車を海上に浮かべる「浮体式」の方式を 採用し、風速が6・5メートル以上の場所に設ける方針。事業費は未定。

江差・上ノ国→こちら


二.東北

1.下北・上北

<六ヶ所村> 此迄の所145.35MW立 地・更に137MWが計画中
http://www.rokkasho.jp/index.cfm/7,309,15,html

発電所名:むつ小川原ウィンドファーム
事業者:コスモエコパワー(株)
運転開始時期:2003年1月
設備容量:31.5MW
規模:1,500kW×21基
                                             
発電所名:六ヶ所村風力発電所、六ヶ所村第二風力発電所
事業者:日本風力開発ジョイントファンド(株)
運転開始時期:2003年12月、2004年11月
設備容量:32.85MW
規模:1,500kW×20基、1,420kW×2基
特徴:リプレース計画中:最大36MW(計画段階環境配慮書)

発電所名:二又風力発電所
事業者:二又風力開発(株)
運転開始時期:2008年5月
設備容量:51MW (1,500kW×34基)
特徴:世界で初めて 大容量蓄電池を併設したスマートグリット型(34MW)
   
発電所名:睦栄風力発電所
事業者:青森風力開発(株)
運転開始時期:2014年11月
設備容量:10MW
規模:2,000×5基

事業名; むつ小川原港洋上風力発電事業
事業主体:むつ小川原港洋上風力開発(株)
発電能力:80MW(最大)
 尾駮西側:2.5MW(2,500kW)級~3.0MW(3,000kW)級x14基程度
 尾駮東側:2.5MW(2,500kW)級~5.0MW(5,000kW)級x8基程度
 新納屋:2.5MW(2,500kW)級~3.0MW(3,000kW)級x10基程度
設置場所 青森県上北郡六ヶ所村新納屋地先及び尾駮地先(むつ小川原港港湾区域内)
 着工予定:2019年以降 
状況:2015年に渡り鳥の調査不足を指摘されたのを最後に消息を絶っている。。>>2096

事業名; むつ小川原港陸上風力発電事業
事業主体:むつ小川原風力(合)※
発電能力:57MW(15基)
事業区域 : 青森県上北郡六ヶ所村むつ小川原港周辺地区
稼働開始 : 2023 年以降
出資比率 : 日立造船 50%、伊藤忠商事 50%

発電所名:吹越台地風力発電所
事業者:日本風力開発ジョイントファンド(株)
運転開始時期:2015年4月
設備容量:20MW 規模: 2,000×10基
※大容量蓄電池併設風力発電施設
 
2.津軽
<つがる市>
発電所名:ウィンドファームつがる
事業者名:グリーンパワーつがる(東京→青森県つがる市)=SBや三菱商事が出資するグリーンパワーインベストメント(東京)の子会社
事業場所:青森県つがる市
発電種別:陸上風力発電事業
発電容量:約121.6MW(2,300kW*55 基)
総事業費:500億円
運開:2020年4月
特徴:各風車からの発電電力を33kV(キロボルト)の地中配電線で集電し、154kVに昇圧した後、電力会社との系統連系地点までの約34kmを地中送 電(当初予定されていた66kV送電から154kV送電への電圧変更…これにより、66kV送電時と比較して送電ロスが大幅に低減でき、加えて回線数の低 減およびケーブルの小サイズ化(軽量化)により管路土木工事への負担も軽減でき[た])
出典:2018 年05月22日[スマートジャパン]
接続先は


<中泊町>
発電所名:十三湖風力発電所
事業者名:津軽風力発電株式会社(旧社名:くろしお風力発電,茨城県日立市)
事業場所:青 森県五所川原市、北津軽郡中泊町
発電種別:陸上風力発電事業
発電容量:34.5MW(2,300kW ×15基)
運開:2019年7月1日(17 年4月着工)
特徴:出力変動緩和型(蓄電池容量22.464MWh・9.75MW)
>>4127 >>4174 >>389

発電所名:(仮称)中里風力発電所
事業者名:くにうみウィンド1号(合)
事業場所:北津軽郡中泊町大字中里
発電種別:陸上風力発電事業
発電容量:36MW(3,600kW ×15基=46MWor4,000kW*13=52MWを抑制)
運開:2020.5着工 2021.12 運開予
連系:33kV 総延長約35km×2条 既設送電線約1.0l\km・架空送電線:約0,5km
https://venaenergy.co.jp/cms/wp-content/uploads/2017/09/%E6%BA%96%E5%82%99%E6%9B%B8%E8%A6%81%E7%B4%84%E6%9B%B8_180817.pdf


<津軽沖>>>4128
発電所名:つがる洋上風力発電事業
事業者名:グリーンパワーインベストメント(GPI)が設立した事業会社・東北電力も出資
事業場所:青森県つがる市沖
発電種別:陸上風力発電事業
発電容量:480MW(風 車数未定)
運開:2025年着工,28年以降運開予
特徴:総事業費未定

<青森西北沖>
日立造船とコスモエネルギー、青森西北沖洋上風力発電事業の運営会社を共同設立
風車最大125基、発電出力約500MWで 事業化検討
青森西北沖洋上風力合同会社
2025年以降の稼働開始を目指して事業化に向けた検討を加速させる。
事業区域は北津軽郡中泊町、五所川原市、つ がる市西津軽郡鯵ヶ沢町の 沿岸域及び沖合
風車の規模は1基あたり4,000~9,500kWの間で検討

<鰺ヶ沢沖>
事業名    (仮称)鰺ヶ沢洋上風力発電事業
事業者    INFLUX次世代電力環境資源洋上風力発電株式会社
事業の種類    風力発電所の設置
事業の規模    出力:最大432MW
事業実施区域    青森県西津軽郡鰺ヶ沢町、つがる市及び深浦町の沖合海 域
https://www.pref.aomori.lg.jp/nature/kankyo/assess_ajigasawayoujou_windfarm.html

<深浦>
事業名    (仮称)深浦風力発電事業
事業者    株式会社グリーンパワーインベストメント(17)→合同会社グリーンパワー深浦(19)
事業の種類    風力発電所の設置
事業の規模    出力:102MW→70MW(2019時点)
事業実施想定区域    青森県西津軽郡深浦町
現時点では2024年度以降の 運開予定
株 式会社グリーンパワーインベストメント(以下、GPI))が設立した会社に東北電力が2019 年12月出 資参画
開 発可能性調査(FS)の段階
https://www.pref.aomori.lg.jp/nature/kankyo/asess_fukaura_windfarm.html
https://www.tohoku-epco.co.jp/pastnews/normal/1204853_1049.html



2.岩手県

稲 庭田子風力発電事業
場所:青森県三戸郡田子町、岩手県二戸市および八幡平市
出力規模:約100MW
種別:陸上風力発電設備
運開予定:現時点では 2025年度以
事業者構成:株 式会社グリーンパワーインベストメント(以下、GPI))が設立した会社に東北電力が2019 年12月出 資参画
段階:開 発可能性調査(FS)中
https://www.tohoku-epco.co.jp/pastnews/normal/1204853_1049.html

ユーラス釜石広域ウインドファーム・リプレース
42.9MW(1.0*43)[2004.12運開・2013撤去予]→最大141.5MW(4.0*11[更新]+Max25[増設])[2026.4更新分運開予・2028.4増設分運開予]

2020.06.28
風力発電、出力大幅増へ ユーラス釜石広域ウインドファーム
https://www.iwate-np.co.jp/article/2020/6/28/80563
場所
   

3.秋田
海洋再エネ海域利用法により計画が進む秋田県沖

2019年6月1日 秋田魁新報
能代から男鹿沖、住友商事が洋上風力計画 世界最大級50基
https://www.sakigake.jp/news/article/20190601AK0009/

大手商社の住友商事(東京)は31日、秋田県能代市から三種町、男鹿市までの沖合に…洋上風力発電事業を計画していることを明らかにした。合計出力は約 50万キロワット。一般海域の利用ルールを定めた「再生可能エネルギー海域利用法」に基づく入札参加を予定し、環境影響評価(アセスメント)実施に向けて 準備を進めている。この海域では既に2事業者が参入を計画しており、3事業者が集中する形となった。
一般海域での洋上風力発電の普及を目的とした再エネ海域利用法では、地元の自治体や漁協による協議を経て、国が「促進区域」を指定。これを受けて入札によ り発電事業者に決まると、最長30年の長期占用が許される。県は▽八峰町、能代市沖▽能代市、三種町、男鹿市若美沖▽潟上市沖▽由利本荘市沖―の4海域を 促進区域の有望地として国に示している。

秋田の海に風車500基?賛否両論 景観、漁業などに不安の声
https://mainichi.jp/articles/20190322/k00/00m/020/040000c
毎日新聞2019年3月22日 08時41分(最終更新 3月22日 15時12分)
県内で洋上風力の開発計画が進む背景には、国の後押しがある。4月には「海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律(再エ ネ海域利用法)」が施行される。施行後は国が洋上風力の候補地を「促進区域」に指定すると、海域占用期間が延びるなど事業推進の枠組みが整う。

洋上風力促進で4海域を指定へ 国交省、第1弾に秋田沖など
https://www.at-s.com/news/article/economy/national/692218.html?news=669155

(2019/10/11 19:14)
 国土交通省は11日、昨年成立した洋上風力発電普及法に基づく促進区域の第1弾として「秋田県能代市、三種町および男鹿市沖」など4海域を指定する方針 を固めた。地元関係者の意見聴取などを経て年内にも公表し、2030年度の運転開始を目指す。促進区域では民間事業者に最長30年の操業が許可される。

3.1 能代市・八峰町沖

>>4147
日本風力開発(東京都港区西新橋1の4の14 塚脇正幸代表取締役)は、秋田県八峰町、能代市、三種町、男鹿市の沿岸域および沖合に建設する「秋田洋上風 力発電事業」(仮称)の計画段階環境配慮書の縦覧を開始した。
 事業実施想定区域の面積は2万6144km^2だが、このうち約4769km^2は風力発電機の設置対象外。また、事業区域内には共同漁業権および定置 漁業権の設定範囲が存在しており、地元の4漁業組合と協議を開始している。
 計画では、風車1基あたりの出力は9,500kW級で、発電機の基数は最大158基、総出力は最大1501MWとする。

日本風力開発株式会社「(仮称)秋田洋上風力発電事業に係る計画段階環境配慮書」に対す
る意見について
令和元 年 5月 13日
https://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/sangyo/electric/files/furyoku/furyoku-akitayoujyou/daijin-iken.pdf

・場 所: 秋田県能代市、男鹿市、山本郡八峰町、三種町の沿岸域及び沖合
・原動力の種類 : 風力(洋上)
・出 力 : 最大1,501,000kW


3.2 能代港
<能代港>>>3653
プロジェクト名:能代港洋上風力発電事業
事業者名:秋田洋上風力(株)※
事業場所:秋田県能代市能代港湾区域内
発電種別:洋上風力発電事業
発電容量:84MW
運開:2020.2 着工 2022運開予
特徴:総事業費1000億円以上・※:丸紅を筆頭に大林組、東北電のグループ会社などが出資


3.3 能代市・三種町・男鹿市若美沖

<大林組>
発電所名: (仮称)秋田県北部洋上風力発電事業
事業者名:
事業場所:能代、三種、男鹿の3市町の沖合1.3~2.6km付近の海域で、県が14年度に示した洋上風力適地の候補海域に該 当する約59km^2のうち、約49km^2
発電種別:陸上風力発電事業
発電容量:最大455MW(5,000kW 級を浅内沖に32基160,000kW、三種沖に32基160,000kW、若美沖に27基135,000kW、最大で91基設置する計算)
年間発電量:13億kWhに達する見込み
運開: 2018年度頃から事業単位ごとにボーリングや測量、設計を行って収支を計算し、4年後(2022年?)をめどに事業化するかを判断する方針
>>3656
>>2167 16/3/13
>>2087 16/3/23
>>3656 16頃

>>4145 20/6/2

<日本風力開発>
発電所名:秋田洋上風力発電事業
事業者名:
事業場所:秋田県八峰町、能代市、三種町、 男鹿市の沿岸域および沖合<2万6144km^2だが、このうち約4769km^2は風力発電機の設置対象外>
発電種別:洋上風力発電事業
発電容量:最大1501MW 出力は9,500kW級で、発電機の基数は最大158基
運開:
特徴:
>>4147

>>3935 19/6/1
<住友商事>発電所名:
参加事業者名:住友商事、ウェンティ・ジャパン(秋田県秋田市)、加藤建設(同男鹿市)、国際石油開発帝石(東京都港区)、JR東日本 エネルギー開発(同)、石油資源開発(JAPEX/同・千代田区)、東京電力リニューアブルパワー(東電RP/同)、成田建設(秋田県能代市)。
事業場所:秋田県能代市、男鹿市、山本郡三種町の沖合(事業実施想定区域面積 約4,525ha)<能代市浅内から男鹿市若美にかけた一般海域約6千 ha。>
発電種別:洋上風力発電事業
発電容量:最大480MW
運開:2023~24年の着工、26~27年の運転開始
特徴:

この海域では既に2事業者が参入を計画して おり、3事業者が集中する形となった。

3.4男鹿半島

事業名:
事業者名:男鹿風力発電(株)=サミットエナジー[住友商事100%]95%・エンタープライズ秋田[加藤建設]5%
事業場所:秋田県男鹿市
発電種別:陸上風力発電事業
発電容量:28.8MW(2.4MW*12 基)
運開:2015年3月
https://www.kajima.co.jp/project/works/detail/201503ogfry.html
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000142.000000726.html

3.5 潟上市沿岸<合計:113.43MW>

事業者名:風の王国・男鹿
事業場所:秋田県潟上市
発電種別:陸上(海岸)風力発電事業
発電容量:7.48MW(1870kW*4 基) 
発電量:1649.3万kWh
運開:2016.11
特徴:・事業費・約34億円。地元が設立した新会社・22円/kWh・蓄電池3.0MW・6.192MWh[「再生可能エネルギー導入のための蓄電池制御 等実証モデル事業」の補助金](自 然エネルギー財団)

事業名:潟上海岸における風力発電事業
事業者名:エーウインドエナジー(秋田市)※
事業場所:潟上市潟上海岸北部
発電種別:陸上(海岸)風力発電事業
発電容量:39.95MW(2,350kW*17 基)
運開:2019.12運開予定を2020.1 に延期>>4268
特徴:・電波障碍が発生中>>4265,※:A-WIND ENERGYは秋田銀行をはじめ県内の6社が共同で2013年5月に設立した新会社(ITmedia)

発電所名:秋田・潟上ウインドファーム風力発電所
事業者名:秋田潟上ウインドファーム合同会社(潟上市)※
事業場所:潟上市潟上海岸南部
発電種別:陸上(海岸)風力発電事業
発電容量:66MW(3.2MW*22基)
運開:2020.5運開予
特徴:総事業費200億円超。※:ウェンティ・ジャパン51.0%、三菱商事パワー43.9%、シーテック5.1%・電波障碍が発生中>> 4265

3.6 秋田港
<秋田港>>>3653
プロジェクト名:秋田港洋上風力発電事業
事業者名:秋田洋上風力(株)※
事業場所:秋田県秋田市秋田港湾区域内
発電種別:洋上風力発電事業
発電容量:55MW
運開:2020.2 着工 2022運開予
特徴:総事業費1000億円以上・※:丸紅を筆頭に大林組、東北電のグループ会社などが出資

エ コ・パワー環境配慮書のp14に周辺の風力開発地図有り

<秋田市沖>>>3654
発電所名:秋田中央海域洋上風力発電事業
事業者名: ウェンティ・ジャパン,エコ・パワー,三菱商事パワー
事業場所:秋田市沖~潟上市沖(3.5及び3.6の沖合水深50m未満の箇所で)
発電種別:洋上風力発電事業
発電容量:500MW (6,000~12,000kW×最大84基)
運開:2023年度着工 27年度運開
特徴:

3.6 由利本荘市沖 700~840MW
出典:秋田魁新報
 計画の対象としている由利本荘市沖は、国が指定する洋上風力発電の「促進区域」として有望視されており、指定手続きが進んでいる。国はこの海域を北と南 の2区域に分け、それぞれを促進区域とする方針。

<ウェンティジャパン>
発電所名: (仮称)秋田県由利本荘市沖における洋上風力発電事業
事業者名:ウェンティ・ジャパン(秋田市)と中部電力(名古屋市)、三菱商事子会社の三菱商事パワー(東京)
事業場所:
発電種別:洋上風力発電事業
発電容量:840MW (約10MW×100基程度)
運開:
特徴:3社は上記2区域を一体として事業実施することを検討…

<レノバ>
事業名称:秋田県由利本荘市沖洋上風力発電事業(仮称)
事業者名:秋田由利本荘洋上風力(合)
参画出資社:(株)レノバ(開発を主導)、コスモエコパワー(株)、JR東日本エネルギー開発(株)、東北電力(株)
想定発電規模:約700MW
形式:洋上風力発電
https://project.nikkeibp.co.jp/ms/atcl/19/news/00001/00750/?ST=msb


<リニューアブル社>
事業名称:
事業者名:
参画出資社:独リニューアブル社日本法人・九電未来エナジー
想定発電規模:最大約700MW
形式:洋上風力発電
特 徴:約1万3千ha 総事業費4~5千億円


3.7 由利本庄・仁賀保高原・鳥海山地区…163.25MW

発電所名:仁賀保高原風力発電所
事業者:仁賀保高原風力発電(株)・電源開発
所在地:秋田県にかほ市(旧仁賀保町)
発電所出力:24.75MW (1,650kW×15基)
営業運転開始:2001年12月


発電所名:西目ウィンドファーム
事業者:(株)ユーラスエナジー西目(旧(株)トーメンパワー西目)
所在地:秋田県由利本荘市(旧西目町)
発電所出力:30.0MW (2,000kW×15基)
営業運転開始:2004年11月


発電所名:ユーラス由利高原ウインドファーム
事業者:(株)ユーラス由利高原風力
所在地:秋田県由利本荘市
発電所出力:51.0MW (3,000kW×17基)
営業運転開始:2015年12月
http://www.newenergy-news.com/?p=2791


発電所名:
事業者:由利本荘風力発電(株)
所在地:秋田県由利本荘市
発電所出力:16.1MW (2,300kW×7基)
営業運転開始:2017年1月
https://www.jpower.co.jp/bs/renewable_energy/wind/yurihonjo.html


発電所名:にかほ第二風力発電所
事業者:(株)ジェイウインドにかほ(電発100%)
所在地:秋田県にかほ市(仁賀保高原)
出力:41.4MW (2,300kW×18基)
着工:2017年7月
系統連系・試運開:2019年3月
営業運開:2020年1月
https://www.jpower.co.jp/news_release/2020/01/news200124.html



プロジェクト名:秋田由利本荘における風力発電事業(仮称)
事業者:SBエナジー株式会社
計画位置:秋田県由利本荘市、にかほ市
(事業実施想定区域面積 約2,903ha)
出力:最大34.0MW(3,400kW 程度×10基程度)
運開:計画中止
https://www.env.go.jp/press/104959-print.html


(株)ユーラスエナジーホールディングス
http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/safety_security/kankyo_shinsa/pdf/27_01_02_02_00.pdf


<配慮書・審査終了>
(仮称)東由利原風力発電事業 秋田県由利本荘市 39,000
<評価書・確定通知済>
由利高原風力発電事業 秋田県由利本荘市 51,000

由利本荘・笹森山に5万kW風力 ユーラス社が計画
https://www.sakigake.jp/news/article/20180728AK0001/




4.山形県

遊佐・酒田・庄内
発電所名
会社名
場所
認可出力
(MW)
運開 スキーム等・その他
【酒田港・遊佐海岸・他】
酒田港周辺合計※
31.7

※コスモエコパ・JRE酒田・庄内環境・WP酒田計
酒田港風力発電所
コスモエコパワー(株)
(コスモ石油)
酒田市酒田港周辺
1.5
2004.12

酒田港大浜風力発電所
コスモエコパワー(株)
(エコパワー)

3.0
2017.10

酒田港宮海風力発電所 コスモエコパワー(株)
(エコパワー)
6.0
(3.0*2)
2017.10


コスモエコパワー
小計

10.5


JRE酒田風力発電所

(合)JRE酒田風力
(サミットウインドパワー酒田(株))
酒田北港
16.0
(2.0*8)
2004.1
水路上に5基、宮海海岸に3基
酒田大浜風力発電所
(株)庄内環境エネルギー※
酒田市大浜地内 1.99
2009.11

遊佐日向川風力発電所
遊佐町白木地区
1.99
2011.8

酒田第二大浜風力発電所
(株)ウインドパワーさかた※ 酒田市大浜地内 1.99
2013.1

西遊佐風力発電所
(株)ゆざウインドファーム※ 遊佐町比子字下モ山地区 6.9
(2.3*3)
2017.7
商工業振興資金(再生可能エネルギー発電事業促進資金)を活用
※加藤総業系
小計

12.87



庄内風力発電(有)※

酒田市最上川南岸
1.35
(0.45*3)
2005.7
※(株)日立エンジ&サービスが設立。
2011年に東京ガスも参加

庄内町(旧立川町) 1.35
(0.45*3)
2005.8

遊佐町 14.56
(2.08*7)
2011.12
庄内風力発電 小計

17.26



エコ・パワー(株)・
(株)たちかわ風力研究所
酒田港・最上川河口
9.0
(3.0*3)
計画中


酒田市

6.9
(2.3*3)
計画中
自然公園内
酒田市十里塚
風力 発電事業
山形県企業局

6.9
(2.3*3)
2021.1予
2019.10着工(毎日)
自然公園内



22.80


【庄内町】(庄内風力発電除く)

6.75

※庄内風力発電込み
たちかわ風力
第3・第4発電所
(株)たちかわ風力発電研究所 庄内町(旧立川町)
1.2
(0.6*2)
1999.5

たちかわ風力
第5・第6発電所

1.2
(0.6*2)
2000.2


庄内町(旧立川町)

1.5
2002.2


(株)立川シーエスセンター
1.5
2003.2

【八森山】






(合)JRE鶴岡八森山
鶴岡市八森山
23.8
(3.4*7)
アセス中







山形県
庄内海岸地区

稼働中合計
計画中合計
62.03
46.60



https://www.pref.yamagata.jp/ou/kankyoenergy/050015/kikaku/kankyo-singikai/h29sizenkankyo/h29sizen1/jizen6.pdf
http://www.pa.thr.mlit.go.jp/tohokukankyoweb/case/pdf/case01.pdf
2013年05月07日 09時00分 更新エ ネルギー列島2013年版(6)山形:
すでに酒田港では5つの会社の風力発電所が稼働していて、新たに2つの風力発電所の建設計画も進んでいる。合計すると19基の風車で37MW(メガワット)の規模(→20年の時 点でも17基31.83MW・・)になる。港の周囲を大きな風車が囲んでいる状態だ。さらに洋上まで広げることができれば、まだまだ拡 大の余地は大いにある。


<村上沖>


5.福島県

いわき市遠野地区
三大明神が先行するがアカシアの方が規模はでかい。ユーラスの責任は重大である。県も砂防ダムとか優先的に整備して地元の不安を抑えよ。

三大明神風力発電事業計画
ユーラスエナジー
35.7MW(9基)
https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/eia-zisshianken/eia-anken-law-11.html


遠野風力発電計画
アカシア・リニューアブルズ
86.4MW(3.2MW*21~27基)
https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/eia-zisshianken/eia-anken-law-26.html



三.房総半島

3-1.鹿島沖
出典:茨城県

プロジェクト名:鹿島港洋上風力発電事業
事業者: (株)ウィンド・パワー・エナジー=コンソーシアム=風力発電を手掛ける「ウィンド・パワー・グループ」(神栖市)と「日立ウィンドパワー」(東京都港 区)で構成,両社が出資するSPC
海域:茨城県鹿島港湾区域の護岸から約1,200~1,600mの水域
出力:北側区画:93.6MW / 南側区画:93.6MW / 総出力187.2MW(36基)
年間総発電量 約400GWh(=4000億Wh=4億kWh)見込
運開:? (2020年度着工予定)
経緯:港湾区域を南北に分けて入札。当初南側を落札した丸紅が撤退。その後北側を落札したウインドパワーと日立の連合体が南側も落札。





3-2.銚子沖



中部電力と三菱商事パワー、350MWの洋上風力発電を千葉県銚子市沖で検討
2020年06月30日掲載
https://www.kankyo-business.jp/news/025449.php
中 部電力(愛知県名古屋市)と三菱商事パワー(東京都千代田区)は6月26日、千葉県銚子市沖における洋上風力発電事業について、環境影響評価法に基づき 「計画段階環境配慮書」を経済産業大臣、千葉県知事、銚子市長、旭市長に送付した。6月29日から7月28日まで縦覧する。

両社は千葉県銚子市沖で、着床式洋上風力発電の開発可能性を検討している。発表によると、発電機の基数は最大37基(単機出力:8,000~12,000kW)、総発電出力は最大350,000kWを計画。

(仮称)銚子沖洋上風力発電事業(法対象事業)
https://www.pref.chiba.lg.jp/kansei/eikyouhyouka/jigyou/133_choushi_yojofuryoku/choushi_yojofuryoku.html

1.事業の概要

1事業者 東京電力ホールディングス株式会社

2事業の名称 (仮称)銚子沖洋上風力発電事業

3事業実施想定区域 銚子市の沖合(約39km2)

4事業の種類及び規模

風力発電所の設置の工事の事業(第1種事業)

設置する発電設備の原動力の種類:洋上風力(着床式)

設置する発電設備の出力:最大37万kW(5,200kW×最大72基~12,000kW×最大31基)

東京電力、銚子沖の洋上風力推進へ 欧州大手と共同出資会社を設立
2020年03月23日掲載
https://www.kankyo-business.jp/news/024549.php
東京電力ホールディングス(東京電力HD/東京都千代田区)と、洋上風力発電世界大手のデンマークOrsted(オーステッド)は3月18日、銚子沖洋上風力プロジェクトの推進に向けた共同出資会社「銚子洋上ウインドファーム」(東京都千代田区)を設立した。

洋上風力発電施設の導入拡大を促す再エネ海域利用法において、先行して開発を進めていく有望な区域として4区域が選ばれており、そのうちのひとつに千葉県の銚子エリアも含まれている。2020年から促進区域の事業者の公募・入札が開始すると見込まれている。

今 後、両社は共同出資会社を通じ、国による銚子市沖の促進区域指定後の公募占用計画の提出に向けて、銚子沖洋上風力プロジェクトの開発を進めていく。オース テッドのヘンリク・ポールセンCEO兼社長は「オーステッドの世界各国での豊富な経験と東京電力の地元に根ざした強みを活かして占用公募制度への応募に全 力を尽くしていく」と述べた。


四.北陸

1.能登半島
能登半島は割と風況が良い様であり北 國新聞(20.6.13)に拠ると
石川県エネルギー対策室によると、12日現在、県内では、12カ所に計74基の風 車が設置されており、すべて内灘町以北となっている。現在、輪島市など能登の5カ所で計97基を設置する計画がある。
とのこと。調べてみた。

■稼働中(134.1MW)
発電所名・設置者名
基数
発電容量
(kW)
場所
運開年月
その他
内灘町 1 1,500 内灘町 03.11

北陸パワーステーション (株) 10 15,000 七尾市 04.11(6基)/06.11(4基)

酒見風力発電(株) 1 1,990 志賀町 07.2

くろしお風力発電(株) 5 9,950 志賀町 07.11

日本海発電(株) 9 21,600 志賀町 09.10(4基)/11.1(5基)

(株)能登の風 4 7,480 志賀町 15.3

(一社)輪島もんぜん市民風 車 1 1,980 輪島市 10.6

能登コミュニティウインドパ ワー(株) 10 20,000 輪島市 10.12

日本風力開発ジョイントファ ンド(株)  30 45,000 珠洲市 07.3(10基)/08.2(10基)/08.12(12基)

JRE志賀西海風力発電所 3 9,600 志賀町 20.1
合計出力は7,480kWを超えないように制馭

74 134,100


出典:NEDOほ か

■計画中(385.5MW)
発電所名・設置者名
基数
発電容量
(kW)
場所
運開年月
その他
志賀風吹岳風力発電事業(リニューアブル・ジャパン) 17 71,400 七尾市・穴水町・志賀町

能登中風力発電事業(潮風) 17 71,400 七尾市・中能登町・志賀町 27目指す

西能登ウィンドファーム 30 102,000 輪島市・志賀町

七尾志賀風力発電事業(アカ シア・リニューアブルズ) 12 50,400 七尾市・志賀町・穴水町

輪島ウインドファーム事業 (電発) 21 90,300 輪島市・志賀町


97 385,500


出典:とはずがたり電力総研調べ

■熱容量面の空容量について(154kV未満系統図_石川県北部)
出典:北電
計画の385MWはいずれも系統容量既に押さえてるんだろうけどもういっぱいのようである。
未だ開発余地ありそうである。1号機の廃炉が確定的な志賀迄はこべは過剰な送電インフラで近畿・中京迄運べるし此処から門前・輪島・珠洲辺りに伸ばせない かな。

■ 石川県の風況マップ(地上高 70mにおける年間平均風速分布)
出典:「風況マップ(平成 18 年度改正)」(NEDO)より作成
出典:石 川県再生可能エネルギー推進計画(案)2014年
「導入可能な設備容量としては 294 万 kW が見込まれている」とのことである。2,940MW詰まり3GW弱もある。全部開発は非現実的だろうが今の計画が全部実現しても500MW程度であり全部 で倍増の1GW位は行けそうである。
あと白山付近であろうか,国立公園かなんかに指定されてるっぽいけどいい風況してますなあ~。

2.北陸沿岸

<あわら沖>
発電所名:?
事業者名:北陸電力・中部電力・OSCF
事業場所:あわら市沖・沿岸から沖合1km~3.2kmの範囲
発電種別:洋上風力発電事業
発電容量:Max200MW   横一列に最大20基
運開:?
特徴:?
2019/9/30 19:55
https://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2019092702100014.html


発電所名:福井県あわら洋上風力発電事業
事業者名:電源開発・三井物産
事業場所:あわら市沖・沿岸から沖合1~6kmの範囲
発電種別:洋上風力発電事業
発電容量:Max350MW 電源開発グループは列を分けることも視野に、最大37基。
運開:?
特徴:?
2019/11/20
https://www.jpower.co.jp/news_release/2019/11/news191120.html

発電所名:?
事業者名:?
事業場所:あわら市沖・沿岸から沖合
発電種別:洋上風力発電事業
発電容量:
運開:?
特徴:?
計画断念?

坂井、あわら沖に洋上風力発電計画
3共同企業体、30基規模も
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/775568
2019年1月12日 午前7時20分

①30基の建設を目指すのは、電力会社などが参加しているとみられるJVで、坂井市三国町浜地沖約5~8キロのほぼ正方形のエリアに1基当たり6千キロ ワット級を配置する。海底に設置した構造物と海に浮かべた風車をケーブルで係留する「浮体式」を採用。風車エリアの1キロ以内は航行禁止になるという。坂 井市によると、底引き網漁の漁区にかかる可能性がある。

②24基の建設構想を持つJVには、商社などが含まれるとみられる。坂井市~あわら市沖約3~5キロに8千キロワット級を1列に置く。

③15基の建設計画を立てているのは電力会社などでつくるJVで、この電力会社は30基の計画があるJVにも参画しているとみられる。坂井市~あわら市沖約2キロに1万キロワット級を1列に並べる。海底に土台を置いて風車を固定する「着床式」を採用する。

①と③が合わさって電発の計画に,②が北陸電のやつになったのかな?


再生エネルギーは本当に頼りになるのか 福井県あわら市沖で洋上風力発電計画【ふくい特報班】
11/24(火) 8:15配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/d8ec791f74f363245a46f9443dbf15ed7c10f2c6

福井新聞ONLINE




入善沖

企業:ウェンティ・ジャパン(秋田),三井E&Sエンジニアリング(東京)
場所:富山県入善町沖東側の海域(沖合:600~800m・水深:10~13m)
定格出力:7.5MW(7,495kW)(2MW*4 基)
種別:洋上ウインドファーム
名称:入善町沖洋上風力発電所(仮称)
着工:電気設備2019年8月,海上基礎2020年4月
運開:2021年1月予(20 年間)
総事業費:約50億円(北都銀行(秋田)を主体に地元金融機関によるプロジェクトファイナンスを組成)
売電:固定価格買取制度(FIT)に基づき北陸電力(単価36円/kWh)
特色:民間資金100%で洋上ウインドファームを建設・運営するのは国内初
https://newswitch.jp/p/11798


五.東海

3.遠州
遠州の空っ風は有名で,風が強い。因みに冬は徹底的に晴れるので太陽光にも有利な遠州平野。再生エネやらざあ精神で頑張って欲しい。

3-1.遠州灘・沿岸部





3-2.山間部
現在…20MW 計画…最大265MW

発電所名:浜松風力発電所
事業者名:ふそう風力発電(株)=日立サステナブルエナジー連結子会社   
位置:浜松市北区滝沢町・引佐町川名地内
認可出力:20MW(2,000kW*10 基)
運開:2009.11運開
https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/koho2/pr/shisei_info/1604/documents/05.pdf
http://www.hitachi-sustainable-energy.co.jp/branch/index.html

事業名称:(仮称)天竜風力発電事業実施想定区域
事業者:JR東日本エネルギー開発(JR東日本子会社)
発電規模:最大60MW(最 大20基)
場所:浜松市天竜区・水窪町から佐久間町にかけての約2,200ha
(水窪駅の東側にある常光寺山(標高1438メートル)から佐久間駅南東の竜頭山(同1352メートル)までを南北に結ぶ尾根沿いのエリア)

運開:未定
https://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/672461.html

プロジェクト名:ウインドパーク天竜風力発電事業
事業者:シーテック(中電子会社)
発電規模:最大75MW(2~4MW* 最大28基)
場所:浜松市天竜区・佐久間町から龍山町にかけての約4,131ha
(佐久間町の戸口山(標高1026メートル)から同町と龍山町をまたぐ白倉山(1027メートル)までを南北に結ぶ地域。)

運開:2024.4頃着工
https://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/675664.html?news=669155

(仮称)浜松市天竜区熊風力発電事業
https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/kankyou/assess/kunmahatsudensyo.html
事業の概要
事業者 自然電力株式会社 (福岡市)
事業の種類 風力発電所の設置
事業の規模 風力発電所の出力:最大30.0MW
事業実施想定区域 浜松市天竜区熊(くんま)及び佐久間町浦川


(仮称)ウインドパーク遠州東部風力発電事業について
https://www.city.shimada.shizuoka.jp/fs/2/2/8/2/6/7/_/huuyokugaiyou.pdf

1事業概要
(1)事業者の名称:(株)シーテック=中部電力系
(3)事業実施想定区域の位置:島田市、掛川市及び周智郡森町に跨る区域(八高山周辺)
(4)事業想定区域の面積:約3,964ha
(5)風力発電所最大出力:約50.0~100.0MW(計画段階における想定規模)
(6)風力発電機の基数:2.0~4.0MW級/基を最大25基設置
(7)予定 建設工事期間2024年4月~2028年4月(予定) 営業運転開始2028年4月(予定)
※いずれも環境影響評価の手続きが順調に進捗した場合

出典:静岡新聞   

4.青山高原
152MWが立地。風力集中 地帯のイメージだけど集計してみるとこんなもん(未だ未だ規模が小さい。)。
青山高原風力発電所は初期の建設で風車の規模が小さい。これをそのまま大きく出来るかは不明だけど2.0MW機にリプレースすれば177MWにはなるけど経験則的にはリプレースしても出力は増えない(基数が減る)のが普通ではある。
発電所名
会社名
場所
認可出力
(MW)
運開 スキーム等・その他
ウィンドパーク笠取
(株)シーテック
伊賀市上 阿波地内
・津市美 里町

38.0


(第1期) 20.0 (2.0*10基) 2010.2
(第2期) 18.0 (2.0*9基)
2011.1
WP美里
(株)シーテック
津市(旧美里村)
16.0 (2.0*8)
2006.2

WP久居榊原 (株)シーテック 津市(旧久居市) 3.0 (0.75*4)
2012.7
(2012年7月津市より取得)
シーテック
小計

57.0


青山高原風力発電所 (株)青山高原
ウインドファーム
伊賀市(旧大山田村)
奥馬野字布引

15.0 (0.75*20基)
2003.3
77kV架空送電線:約5.8km
新青山高原風力発電所 (株)青山高原
ウインドファーム
伊賀市榊原町

80.0

77kV送電線約5.7km
(架空区間約4.0km/地中区間約 1.7km)
(第1期) 36.0 (2.0*18基) 2016.3
(第2期) 44.0 (2.0*22基) 2017.2
青山高原WF
小計

95.0



合計

152.0



http://www.ctechcorp.co.jp/business/renewable/wind/

https://www.nedo.go.jp/library/fuuryoku/case/pref_24.html

http://www.awf.co.jp/publics/index/25/


六.近畿

有田・日高地区
気がつけば割りと集中立地して電源地帯に成ってゐる。
近畿には稀少な風力地帯のようだ。
御坊や海南など古い石油火力が廃止になるなか,新しい可能性が広がっていると云える。御坊のどぶとい送電線も有効活用できるのでは無いか。
とはいえ未だ未だ114MW程度。
固定資産税で差を付け,導入を拒絶したらしい日高町に差を付けて貰って日高町でも導入の機運を高めて貰いたい。
発電所名事業者名場所出力(構成)運開その他
ユーラス有田川ウインドファーム(株)ユーラスエナジー有田川 有田川町13.0(1.3*10)2009年12月※ホムペより()NEDOだと2009.10
広川明神山風力発電所(株)広川明神山風力発電所広川町16.0(1.6*10)2008年10月大ガス系G&Pと双日の共同出資()
白馬ウインドファーム白馬ウインドファーム(株)広川町 30.0(1.5*20)
(→30.0(3.0~4.0*8~11))
2008年12月
(アセス中)
リプレース計画中
(白馬WF社の問い合わせ先はきんでん内となっている)
由良風力発電所由良風力開発(株) 由良町9.95(1.99*5)2011年9月日本風力開発が開発・2011年6月付でG&Pへ譲渡
広川明神発電所と一体的に管理可能となる。
広川・日高川ウィンドファームエコ・パワー(株)
→コスモエコパワー(株)
広川町・
日高川町
19.9(1.99*10)※2014年11月※現行ホムペには20.0(2.0*10)の表記
また年間発電量は32.761MWh/年()
印南風力発電所印南風力発電所(株)印南町26.0(2.0×13)2018年6月建設を2016年1月より開始。G&P出資()



合計:114.85MW

基本情報:NEDO


七.中国四国

中国地方の風力発電所稼働状況 合計352.12MW
出典:中国新聞デジタル

広島西ウインドファーム事業(仮称)
電源開発
出力:最大154.8MW
場所:中国自動車道吉和インターチェンジ(IC)の東側の山間地。約2600ヘクタール
山間部の尾根を中心に最大36基の風車を建てる。1基当たりの最大出力は約4300キロワット。
時期:着工や稼働の時期は未定。工期は3~4年は必要

広島に最大級の風力発電所 電源開発が計画、国内既存の1・3倍
https://news.yahoo.co.jp/articles/58d64ec5179adca6bc4fb462ca679b74a7c97810

6/27(土) 7:00配信

風車設置の想定範囲


八.九州

5-1.北九州




5-2.長崎県

http://www.kaiyogis.com/offshorewindfarm/201803/2018320%E8%A5%BF%E6%B5%B7%E6%B1%9F%E5%B3%B6%E6%B4%8B%E4%B8%8A%E9%A2%A8%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E4%BA%8B%E6%A5%AD.pdf
仮称 西海江島洋上風力発電事業 • 事業実施区域 長崎県西海市崎戸町江島 沖合 • 計画策定者又 事業者 株式会社 • 事業規模 最大240,000kW 4,000 8,000kW 最大50基 • 進捗状況 環境 配慮書 H29.12) 一般財団法人 日本気象協会 工事開始 H33 2021 -H37 運開予定 H38年

宇久島…太陽光発電が有名だが風力の計画もあり

5-3.鹿児島県

https://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/sangyo/electric/detail/furyoku_satsumayoujyou.html
(仮称)薩摩洋上風力発電事業  アカシア・リニューアブルズ株式会社及び三井不動産株式会社
所在地 :鹿児島県薩摩川内市、いちき串木野市及び阿久根市の沖合
原動力の種類 :風力(洋上)
出力 :最大 600,000kW


東シナ海に薩摩洋上風力発電
県内初 24年の着工目指す
東シナ海に薩摩洋上風力発電
https://www.kc-news.co.jp/kijitop/20200121-3.html


東シナ海の薩摩川内市といちき串木野市、阿久根市の沖合いに、県内初の洋上風力発電施設の計画があることが分かった。事業名は(仮称)薩摩洋上風力発電事 業で、アカシア・リニューアブルズ(大橋純社長、東京都)が計画している、。最大75基で総出力は最大60万kwを想定し2024年の着工を目指してい る。

事業実施想定区域の設定は、洋上風況から高度140mにおいて好風況(7m/秒程度以上)のエリアのうち、着床式風力発電機が設置可能と想定される水深 60m以内。施工しやすい砂質等の地質である区域とした。

また、自然公園や鳥獣保護区、港湾・漁港区域が含まれないことや騒音・風車の影による影響および景観や藻場等への影響を考慮し、沿岸部から約2㎞以上の隔 離を確保する。