電力総研TOP とはずがたりな掲示板
関門連系増強 中国電力の送電罔

四国の送電罔

昨今の日本の再生エネ電力導入の隘路は東北北海道の風力を首都圏へ,九州の太陽光を関西へであるからその観点から四国の送電罔も眺めて見る。西日本だから 架台もとい課題は九州の太陽光発電電気の関西への送電分ということになる。

発電所<火力及び原子力水力> 送電罔 本四送電線<本四連系線中四幹線> 九四連系線



1.四国の発電所
1-1<火力発電所一覧>
四 国 電力の火力発電所は、 石炭火力発電所が2箇所、石油火力発電所が1箇所、石油・ガス火力発電所が1箇所の合計僅か4箇所。
こ れらの総出力は379.7万kW(=3,798MW=3.8GW)で、四国電力全発電設備に占める割合は、約5割とのこと。
他 の電力会社と比べても非常に小規模であることが解る。単独では系統電力への連系に制約が掛かるのも蓋し当然である。

火 力発電所一覧表(H22.8.1現在)

発 電所名 所在地
出 力
(MW)
ユニット名
単機容量
(MW)
運開
熱効率
使 用燃料
そ の他・備考
四国電力
阿 南発電所 徳島県
阿南市
橘町
幸野 1,120
1号機
2号機
3号機
4号機
(125)
220
450
450
1963.7(2002.4)
1969.1(2011.12)
1975.5
1976.12

  重油・原油
阿南発電所は新徳島発電所として建設。隣接し て橘湾発電所がある。
阿南発電所1号機は長期計画停止中・2号機は2011年12月に運転再開。
電発:売電先→関電1400MW

橘湾発電所
橘湾火力発電所
小勝 700 1号機
700


石 炭

電源開発
2,100
1号機
2号機
1,050
1,050



四国電力
西条発電所

愛媛県
西条市喜多川
406
→800

1号機
156
→500
1965.11
→2022予

石 炭木質 バイオマス(混焼率2%以下)

→USC
元々石油火力だったものを1981~1984 年に石 炭に変更した。
2022年運開予定で1号機のリプレースを計画
(バイオマスはどうなるのかね?)
2号機
300
1970.6
石 炭木質 バイオマス(混焼率3%以下)

四国電力 坂出発電所 香川県坂出市
番の州

1,446

(1号機 GT)
(34)
1970-2007

コークス炉ガス
1・2号機を石油・コークス炉ガス燃料から LNGへ転換中。
隣接してLNG基地が建設された。
コークス炉ガスは隣接する三菱化学のコークス工場からのものと思われる。
コークス炉は引き続き3・4号機で利用される。

コークス炉ガスはCCに向かないのかな?

それにしても北陸や中国,北電等と同様に地方の弱小旧一電にとって最新鋭のLNGCC式は投資負担が重いことを示唆している様に見える。
1号機 195
→296
1971-2007
→2010.8.1
57%
[L]
重油・コークス炉ガス
→LNG
汽力
→CC
2号機
350
(→289)
1972-
→2016.8予


重油・コークス炉ガス
→LNG
汽力
→CC
3号機
450
1973-

重油・原油コークス炉ガス
汽力
4号機 350 1974-
2010.3燃転

重油・原油・コークス炉ガス
→LNGコークス炉ガス
汽力
坂出LNG(株)
坂出LNG基地
緑 町
18 万kL*1基 2010.3.25



四国電力70%、コスモ石油20%、四国ガス10%
四国電力
伊方原発

890
(2022)
1号機
566
1977.9-2016.5

原子力
PWR
廃炉作業中
2号機
566
1981.8-2018.5

PWR
廃炉作業中
3号機
890


PWR
2016.7再稼働

合計


4,687







全 火力発電所が使用燃料の取り合わせが異なっている。
坂 出にLNG基地設置,LNG化が行われている。

1-2<水力発電>
四国地区水力発電所一覧表
http://www.safety-shikoku.meti.go.jp/skh_d8/08_toukei/26_toukei/suiryokuichiran.pdf
設置者名 電所名 発県名 水系名 河川名 流域面積
km2
使用水量
m2/s
有効落差
m
最大出力
MW
ダム高
m
使用開始年月
電源開発(株) 長山 高知 奈半利川 奈半利川 233.40 40.00 107.86 37.0 38.00 1960年7月
二又 147.00 45.00 188.90 72.1 28.00 1963年1月
魚梁瀬 117.10 50.00 85.10 36.0
115.00 1965年6月
早明浦 吉野川 吉野川 472.00 65.00 76.00 42.0 106.00 1972年2月
電発計
4 地点
187.1

九州の石炭火発で定められてた様にこの一定量が関門連系線経由で九州へ枠が確保されて いるのであろう。


2.四国の送電罔
九州の太陽光発電を如何に関西に持っていくかが課題である現状で 南九州・東九州のの太陽光発電の抑制分を日向幹線で大分に運んでそこから伊方へ九四連系線の建設を提唱させて貰ったが,その観点から送電罔も見る。
以下で見るように今の所空いている様であるけど九州から四国に 渡った電気が中四幹線・本四連系線・紀伊水道連系線等を通じて関西に3000MWとか容量大丈夫やろか? 一応空きはあるようだが勿論これも中電が空きがあるとなってるが実際に大量の潮流を流すとなる と話は違ってくるのと同じであろう。。

先ず伊方1・2号機(1132MW)も廃止になって伊方から讃岐迄その位は空いてる筈である。
紀淡海峡連系線はwiki に拠ると現行250kV1,400MWだが,500kV2,800MWに増強出来る様である。 電発の契約を見るとなんと阿南2100MW中,関電向けが1400MWであり,阿南の分で全部占めている。。増強が必要である。その増分1400MWの程度の九四連系線を建設出来そうである。
一体どの位建設費が掛かるのであろうか?
また讃岐から先は 東岡山・西淡・紀北と3方向へ電気送れるからな。余裕は更にあるであろう。
原発の再稼働が進んでベース電源が余剰の九電であるから松島や松浦の計3000MWの電力の一定部分は四国を経由してベース電源が足りない北陸へ送電しても良いかも。

出典:四 国電力(187kV以上系統空容量マップ)


3.本四送電に関して

3-1 本四連系線
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E5%9B%9B%E9%80%A3%E7%B3%BB%E7%B7%9A


本四連系線が添架されている瀬戸大橋
本四連系線(ほんしれんけいせん)は、岡山県の中国電力東岡山変電所と香川県の四国電力讃岐変電所とを結ぶ、電源開発所有の連系送電線である。

従来、本州と四国との間の連系は、中国電力広島変電所と四国電力伊予変電所を結ぶ中四幹線が担っていた。中四幹線は1962年竣工、交流220kV、30 万kWであったが、電力需要増大に伴い、新たな連系線が必要とされた[1]。

1980年に計画が決定[2]。新設に当たっては海底ケーブル、島づたいの架空線、橋梁添架ケーブルが検討されたが、保守管理の容易さや経済性から、本州 四国連絡橋の一つである瀬戸大橋へ添架することが決定した。

運用
中国・四国地方は降水量が不安定で、需要期に水力発電による安定供給が困難であることから、中国電力では四国や九州からの受電により、四国電力では本四連 系線完成以前は大規模な石油火力発電所を用意し、ピーク需要を賄ってきた。1994年に伊方発電所3号機と本四連系線1回線が運用開始すると、四国電力は 高コストな石油火力発電所の稼働率を低下させ、中国電力への連系送電を開始した。2000年に石炭火力発電所である電源開発橘湾火力発電所・四国電力橘湾 発電所と本四連系線が完成すると、中国電力も石油火力発電所の稼働率を低下させ、不足分を四国電力からの受電で賄うようになった。2000年には紀伊水道 直流連系設備も完成し、四国電力から関西電力などへの連系送電も行われるようになった[4]。

3-2 中四幹線
https://matome.naver.jp/odai/2140720557317540101/2140722880143378703

220KV中四幹線
 本送電線は、瀬戸内海を横断して、本州の広島変電所と四国の伊予変電所間を結ぶ送電線であり、1961年(昭和36年)に電源開発株式会社により建設さ れた。 径間長2,357m。

中四幹線海峡横断図
https://blogs.yahoo.co.jp/hiro_scot/GALLERY/show_image.html?id=71091784&no=1

中四連絡送電線の設計
林 潔 (1962) 電気学会雑誌 82巻891号
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieejjournal1888/82/891/82_891_1980/_pdf/-char/ja

…四国島内の大水力地点を開発し,これらと比較的水力資源に恵まれない中国九州の火力地帯とを超高圧送電線で連系し,電力相互融通による経済的運用を図る ため…





と云う事で電発が四国に持ってる水力発電を調べて見たが以下の4箇所計187.1MWで運開は1960~1972年
中四幹線は1962年竣工、交流220kV、300MWであったので,上で見た様に九州四国で電発が電気の融通をしているようだが以下の水力の送電枠も確 保されているのであろう。

という事で四国側の接続変電所である伊予変電所を幾ら探しても出てこない。更に調べてみると本幹線は本四連系線完成後一部を除いて除去されたとのこと (ソース:送電鉄塔見聞録)。
う~ん残念。ループ形成とか色々難しいんだろうし四国(早明浦・奈半利など水力)⇔九州(松浦・松島等石炭)の流れも昔よりは重要では無くなって来たのか もしれないけど九州の太陽光が余ってる現状では色々使い道在りそうなんだけどなあ。


4.九四送電罔
と云う事で伊方や四国の水力,橘湾から九州へ,九州からも四国へ送ってるんなら伊方と鶴崎の間に送電線建設すれば上で見たように逼迫してる関門~広島の容量空くよね。