電力総研 水力あれこれ 四国水力
とはずがたりな掲示板(利 水スレ電 力スレ)

吉野川中流域
東豊永・三縄・出合・白川・伊予川

中流域の発電所の増強などを考える。
大歩危・東豊永地区祖谷三縄祖谷出合白谷地区・銅山川地区(伊予川)


「1」.東豊永発電所

東豊永発電所も四国らしい発電所である。松一・松二の様に山中に取水路張り巡らして高所から落差を稼いで発電している。


東豊永発電所[水力・[徳島河川国道事務所
四国電力(株)  
運開:1924 (運開時は高知県)
水路式・流込式
最大認可出力:6,500kW
最大使用水量:2.1m3/s
有効落差:405.70m(南小川取水分)
設備… 南小川分と南大王川は(瀬戸第一と瀬戸第二みたいに)それぞれ別個に発電してるのか?
   水車:2台 総出力6720kW    発電機:2台
取水:(導水路:14,772.9m)
 (南小川導水分)南小川[維持流量0.04m3/s],沖野々川、他(水路:9,447.1m)
 (南大王川取水分)南大王川[維持流量0.07m3/s]、他(水路5,325.8m)
放水:南小川(238.15m)

この水量と高度を有効に使いたい♪

取水:●南大王川(0.5)・東豊永発電所放流水(2.1)・南小川(0.5)・●赤根川(0.3)(295m) ●…貯留池造りたい
放水:吉野川(175m)

仮称:岩原発電所
使用水量:3.4m3/s
有効落差:115m
出力:3,250kW[+3.25MW]

「2」.三縄発電所

祖谷川に沿って点在する発電所群の川が吉野川へ流入する前の最後,掉尾を飾るのがこの三縄発電所である。小ぶりながら調整池も持つ。

三縄発電所
http://www.suiryoku.com/gallery/tokusima/minawa/minawa.html

四国電力(株)
所在:徳島県三好市池田町大利
運開:1912 [四国水力・旧三縄発電所]
改修:1959 [四国電力・新三縄発電所]
ダム水路式・調整池式
認可最大出力:7,000kW    常時出力:1,400kW  
最大使用水量:14.60m3/s
有効落差:57.60m
水車:最大出力7300kW1台
導水路:総延長1712.7m
流域面積:249.12平方キロメートル(案内板) /352.8 平方キロメートル(水力発電所データベース)
取水:祖谷川[三縄ダム]154.00m
放水:祖谷川92.80m

三縄(みなわ)ダム
着手/竣工:1957/1959 …新三縄発電所は調整池式に改修されたということのようである
堤高:17m
総貯水容量:29.9万立米    有効貯水容量:18.3万立米
常時満水位標高:154.000m
流域面積:850.1 平方キロメートル←三縄発電所のそれとも随分ずれとる。。/  湛水面積: 0.07平方キロメートル

これも有効活用するにはのんびり流れる吉野川から導水するのがよい。
154mの高さから持ってくるとなるとこの辺(三好市山城町下名(しもみょう))となる。導水路約12km。
14.60m3/s取水すると三縄の出力を倍増出来る。

調整池の有効貯水容量は18.3万m3。最大使用水量が14.6m3/sだから876m3/m,52,560m3/hであり,凡そ3時間半持つ計算になる。

(新々)三縄発電所
出力:14,000kW[+7.0MW]
使用水量:29.20m3/s(+14.60m3/s)
導水路:総延長14km
取水:祖谷川[三縄ダム]・吉野川[下名頭首工]

問題は,大歩危・小歩危の水流がどの程度減じるのか,だな~。。

此処は吉野川からの導水が早明浦からの一連の開発の中で考える必要があるので暫定値である。

「3」.出合発電所

出合発電所
http://www.suiryoku.com/gallery/tokusima/deai/deai.html

四国電力(株)
場所:徳島県三好市池田町大利
運開:1926.10[四国水力]
水路式・調整池式
認可最大出力:9,300kW      常時出力:1,600kW
最大使用水量:9.461m3/s
有効落差:124.75m
水車:3台 総出力12094kW
導水路:総延長7758.4m
    流域面積: 29.8平方キロメートル(案内板) 241.9平方キロメートル(水力発電所データベース) ←この差は大きすぎる。一つ上の祖谷発電所周辺からもう一つ上の発電所迄の間の数字でも案内板は出しているのか??
取水:祖谷川[出合取水ダム・祖谷発電所直下](286.238)
放水:祖谷川[三縄ダム湖直上](151.00m)


祖谷発電所放流水(287m)を取水して発電する。
上流域は松尾川ダムが吸い尽くしてすっからかんの松尾川水系だけど,この辺(289m)迄下ってくれば大部貯まってきてる筈。

流域面積は概算で41km2位あった。(2度もスクショする前に消えてしまった…orz)
1.5m3.sぐらい確保出来ると出合の出力を11,000kW位には出来そう。発電機には余裕があるのでこのくらいなら補強不要。
妙に余裕のある水車容量でしかも妙に松尾川に寄ってから急に方向転換して南に向かっているし,もしかしたら松尾ダム建設前には出合でも松尾川から取水ぐらいしていたかも知れぬ。

更にアクセ谷や石立谷へ脚を伸ばしても導管2.9km程度,面積は47km2迄広げられる。
さしあたっては水車の交換不要な規模迄拡大(追加取水も松尾川のみ)。将来的には取水箇所を増やして水車も増設したい。

出合発電所
認可最大出力:12,000kW[+2.7MW] 
最大使用水量:12.2m3/s (+2.74m3/s)
導水路:総延長7.75(既設)+2.5(新規)=11.25km




更にこの辺(松 尾川・流域22.1km2・標高532m)から一宇発電所若宮ダム(418m)に1.5m2/s・110mで流すと先ずは若宮発電所で1,350kW,一 宇発電所発電所の出力を9.46m3/sから10.96m3/sに上げられて8,700kWから11,000kWに,出合発電所の水量を9.461から 10.961m3/sに上げられて出力も9,300kWから10,700kWに上げられそう。

合計で1.35+2.4+1.4=5.15MW増やせる。

この場合,出合に関しては(上の計画を縮小して)更に下流の松尾川・アクセ谷・石立谷280m付近25km2でもう1.7m3/s程度取水出来るので出合を10.700から12.500迄1.7MW程増やせて合計で6.85MW程増やせそう。




「4」.白川谷川
 
白川発電所[水力]
四国電力(株)
所在地:徳島県三好市山城町西宇

運開:1922.8 [帝国電灯]
水路式・流込式
認可最大出力:400kW   常時出力:200kW
最大使用水量:0.61m3/s
有効落差:89.76m
水車:最大出力606kW1台
流域面積:35.3km2
取水:白川谷川229.37m
放水:白川谷川138.06m

340m地点での流域面積。発電出力400kWにこの川のことを馬鹿にしてたけど27.7km2もある。もっと大量に取水出来る筈だ。
導水管は3.6km程度で済む。(発電所は同位置。)

取水口の様子。深い谷に人口稀薄地帯と調整池は設置可能ではないか。

立ち退きなし。湛水位標高350mケース。湛水面積。2.97ha。有効貯水容量19.8万m3

年間降水量は2000mmに近い。1800mm位か。
27.7kmに対して係数8%程度を適用して2.2程度とする。

白川谷発電所(=白川発電所リプレース[▲0.4MW])
出力:3,550kw[+3.1MW]
水量:2.2m3/s
落差:195m
放水:白川谷川(現白川発電所放水口)138m
取水:白川谷ダム(335m)
導水管:3.6km

小ぶりなダムを持つ近隣の吉野川水系のダム比較
発電所名
河川名
出力
有効落差
水量
ダム名
湛水面積
有効貯水量
出典
一宇(いっちゅう)発電所 祖谷川
8.7MW 111.25m 9.46m3/s 若宮谷ダム 1ha 5.8万トン 便覧][水力]
切越発電所 貞光川
4.5MW 185.36m 2.78m3/s 明谷ダム 1ha 3.8万トン 水力
[新]白川谷発電所 白川谷
3.55MW 195m 2.2m3/s 白川谷ダム
2.97ha 19.8万トン

ダムはもっと小ぶりで良いかも。。
出力で負けてるし他の発電所の方が小さいダムでなんとかしてる。
とは言え雨量をしっかり貯めるのは良いことで有る。

400m。先程より60m上がっても23.6km2程とそれ程下がらない。主に仏子谷が抜けた分である。
導水路の距離も3.8kmと200m程しか増えずに済む。  

取水口付近の様子。同じく全くの山の中である。

近いし。仏子からは導水管(0.8km程)で引っ張って来れば良い。3.584km2追加出来る。合計27.1km2

同じく係数8%で考えて2.1m3/s。

小さめダムを考えて見る。1.57ha。大部らしくなってきたw
導水路も書き込んである。
川底は390m程。湛水面積は410mで堤高は20m程の立派なダム(堰堤ではなく)である。


白川谷発電所(=白川発電所リプレース[▲0.4MW])
出力:4,600kw[+4.2MW]
水量:2.1m3/s
落差:265m
放水:白川谷川(現白川発電所放水口)138m
取水:白川谷ダム(400m)
導水路:4.6km

導水路を0.8増やしただけで結構出力増やせるのでこっちだな。

小ぶりなダムを持つ近隣の吉野川水系のダム比較[改訂]
発電所名
河川名
出力
有効落差
水量
ダム名
湛水面積
有効貯水量
出典
一宇(いっちゅう)発電所 祖谷川
8.7MW 111.25m 9.46m3/s 若宮谷ダム 1ha 5.8万トン 便覧][水力]
切越発電所 貞光川
4.5MW 185.36m 2.78m3/s 明谷ダム 1ha 3.8万トン 水力
[新]白川谷発電所 白川谷
4.6MW 195m 2.1m3/s 白川谷ダム
1.57ha 8.9万トン

有効貯水量もまあ順当な量になってる。