戻る
20.12.04運開
利根川水系片品川①

流域の水量(m3/s)は面積(km2)に対して3%程度と極めて小さくなっているが,1200~1600mm/年の割りと小雨地帯であることが大きな理由っぽい。とは言え3%は一寸小さすぎで5%位はあっても良さそうな気もするけど。。
また関東の水甕が榛名山・赤城山より北側にあるのは或る種のリスクかも。いずれにせよ全般的に雨の少ない関東平野である。。
本項ではこの雨の特に少ない地域,概ね薗原ダム以下を扱う。薗原ダムより上流のその2はこちら

片品川流域の気象(利根川水系砂防事務所)
群馬県の年間総降水量は南海上から暖湿流の影響を受けやすい榛名山、赤城山で1,600mmから2,000mmと多く、冬期間降雪が多い北部山岳地域で1,800mm以上となっていますが、沼田、片品では比較的少なくなっています。


概念図(途中)である。水色の四角(□)が既設発電所,水色の丸(○)が既設取水口である。
出典:群馬県


薗原(そのはら)ダム[国土交通省関東地方整備局管轄]
着工:1959.4 / 竣工:1965.9 or 66.2 or 66.3
堤高:76.5m、堤頂長:127.600m、
堤体積:206,000立方メートル(国土交通省の銘板)
堤体積:173,000立方メートル(国土交通省の案内板)
天端幅:15.015m(内、道路幅6.00m)、減勢工延長:123.5m(内、副ダム敷幅34.5m)
容量  総貯水容量:20,310,000立方メートル  有効貯水容量:14,140,000立方メートル
標高
     天端標高:566.500m
  常時満水位標高:564.000m(サーチャージ)
    越流頂標高:558.000m
 夏期制限水位標高:550.00 m
   最低水位標高:543.50 m
コンジット中心標高:533.000m
利水放流管中心標高:522.000m
 副ダム越流頂標高:505.000m
     河床標高:494.000m
   水車中心標高:404.0 m
流域面積:607.6km2 (直接:493.9平方キロメートル 間接:113.7平方キロメートル) (3.3%)
取水:片品川・高沢川根利川
放水:白沢発電所(20m3/s)・片品川

根利川

流域:770m地点取水で44.0km2→1.32m3/s(3%)


大立沢・子捨沢:11.2km2→0.3m3/s(3%弱)


根利川発電所取水口
場所:623m

[構想]:奥根利発電所
出力:2,600kW[+2.1MW]
水量:1.62m3/s
落差:195m
取水:770m
放水:[薗原ダム取水口] 570m→薗原ダムへ(取水量を増やせる)
導水:5.3km(0.49%)

薗原ダム取水堰
場所:570m

東京電力リニューアブルパワー株式会社 根利川発電所
http://www.suiryoku.com/gallery/gunma/nerikawa/nerikawa.html

所在地:群馬県沼田市利根町日影南郷
所有:東京電燈株式会社[運開]
大正 9(1920)年12月  :運用開始
水路式・流込式
認可最大出力:1000kW→2,200kW[+1.2MW]  常時出力: 600kW
最大使用水量:2.23立方メートル毎秒
有効落差:57.15m→130m
水車:出力1100kW1台
導水路:総延長1440.3m→+2,100m
流域面積:77.1km2 (2.89%)
取水:根利川赤城沢 623.6m
放水:片品川564.14m→492m(→岩室P[上久屋取水口]475m平出D403m)

イマイチなので改修検討。水量が期待出来ないので落差で勝負である。発電所を下流部に降ろして落差を稼ぎたい。




東京電力リニューアブルパワー株式会社 岩室発電所[水力
所在地:群馬県沼田市白沢町岩室
運開:1915(T4).7[利根発電(株)]
水路式・調整池式
認可最大出力:19,600kW  常時出力:10,500kW
最大使用水量:13.92m3/s
有効落差:158.31m
水車:出力20100kW1台
導水路:総延長10247.2m
流域面積:416.5km2 (3.34%)
取水:片品川泙川(ひらかわ) 649.40m
放水:上久屋発電所、片品川 475.66m


群馬県企業局 白沢発電所[水力
所在地:群馬県沼田市上久屋町
昭和39(1964)年12月19日:運用開始
ダム水路式・貯水池式
認可最大出力:26600kW  常時出力: 0kW
最大使用水量:20.00m3/s
最大有効落差:151.70m
水車:出力26600kW1台
導水路:総延長5560.7m
放水路トンネル:延長2009.816m
流域面積:579.3km2 (3.45%)
取水:根利川→高沢川→片品川[薗原ダム]564.00m
放水:片品川[平出ダム]403.00m

平出(ひらいで)ダム[水力
昭和35(1960)年:着手  昭和39(1964)年3月30日:竣工
堤高:40.0m、堤頂長:87.0m
総貯水容量:1,400,000立方メートル  有効貯水容量: 500,000立方メートル
標高 満水位標高:403.00m 低水位標高:400.00m
流域面積:635.3 km2 (3.3%) 湛水面積: 0.16km2
取水:片品川・白沢発電所(20m3/s)
放水:利南発電所(14m3/s)新利南発電所(7m3/s)

群馬県企業局 利南発電所[水力
昭和39(1964)年4月28日:運用開始
ダム水路式・調整池式
認可最大出力:5,300kW  常時出力:900kW
最大使用水量:14.00m3/s
最大有効落差:46.10m
水車:出力5300kW1台(水車中心標高:352.45m)
導水路:総延長291.319m
取水:片品川[平出ダム]403.00m
放水:片品川353.00m

群馬県企業局 新利南発電所[水力
運開:2011.7.14
ダム水路式・調整池式
認可最大出力:1,000kW 常時出力:270kW
最大使用水量:7.00m3/s
最大有効落差:20.49m
水車:2台 総出力1000kW 発電機:2台
導水路:(利南発電所設備を使用)
調圧水槽:(利南発電所設備を使用)
取水:片品川[平出ダム]403.00m
放水:片品川379.00m


東京電力リニューアブルパワー株式会社 上久屋発電所[水力
所在地:群馬県沼田市上久屋町
運開:1925(T14).6[利根発電(株)]
水路式・調整池式
認可最大出力:19,000kW  常時出力: 7,300kW
最大使用水量:20.00m3/s
有効落差:116.44m
水車:3台 総出力19800kW
導水路:総延長12349.3m
流域面積:695.0km2 (2.8%)
取水:片品川[取水堰]/[岩室発電所](13.92m3/s)白沢川、薄根川、他 476.96m
放水:片品川353.59m

調整池はダムの上部にあるこれ(474m)らしい。西日本にはあんま見かけないけど信濃川とか東日本ではたまに見かける。

さて,面積に対して水量が小さい。。

そもそも関東の奥地は降雨量では無く面積で稼ぐ地域である。
出典:利根川水系砂防事務所

面積水量比は5%程度を想定したい。

さて,薄根川辺りからの取水も(地図上で確認出来なかったので)検討してみたが水力さんに拠ると薄根川からも取水しているようだ。
3%程度で取水しているとすると2.1m3/s程度か。これを5%に迄上げると3.5m3/sと1.4m3/s程増やせる。

薄根川:70.0km2


さて上久屋発電所直下(片品川353m)で上久屋発電所20m3/s・利南発電所及新利南発電所21m3/sの41m3/sがある。
この下流の伏田発電所では22.54m3/s取水するので猶残り20m3/s程未利用のまま放水されている事になる。

伏田発電所根利川取水堰
場所:351m
取水量:22.54m3/s

http://www.suiryoku.com/gallery/gunma/fuseda/fuseda.html
東京電力リニューアブルパワー株式会社 伏田発電所
所在地:群馬県利根郡昭和村川額
運開:1926(T15).10[東京電燈株式会社?]
水路式・調整池式
認可最大出力:13,000kW→26,000kW[+13MW]  常時出力: 5300kW
最大使用水量:22.54m3/s→45.1m3/s
有効落差:68.10m
水車:2台 総出力13420kW
導水路:総延長6741.1m
取水位標高:351.47m
放水位標高:277.99m
流域面積:634.4平方キロメートル
取水:片品川
放水:利根川

と云う事で伏田P/Sの現行導水路が取水していない(様子の)台地からも取水しつつ同じ調整池迄水を引っ張って来て発電力倍増を試みる。