電力総研 水力あれこれ 四国水力
とはずがたりな掲示板(利 水スレ電 力スレ)
吉野川の開発

下流域の3本の兄弟川である。今の所貞光川しか開発されていない上にその開発も古くてイマイチである。

紀の川(これも上流は吉野川だ…ややこしいw)の資料をみてて,吉野川の水量の未利用分の多さを体感した。本稿でも随分利用したがもっとイケイケで良いだろう♪
https://www.kkr.mlit.go.jp/wakayama/ryuiki_iinkai/ryuiki/comm02/pdf/chapter3/3_01_12.pdf

これを見ると吉野川の最大流量すげえw
もっとダムに水を溜めて有効活用できる筈だ。舞山構想もそんな荒唐無稽じゃないぞ,と,今の所,明谷再開発と奥穴吹ぐらいしか妄想してないけどもっとこまめに貯めていきたい♪過疎化の進展で無人になった谷もあるのではないか?

まあよく見るとよく解らない図だけど。使用量は許可水利権のm3/sの積み上げみたいだけど,ダムは上流に使った水を何度も使う訳でそれが積み上がる一方で,最大流量・最小流量ってのはどの断面で決まるのか?下流から上流まで積分しないとあかんのちゃうの?

先ずは,貞光川の現状を確認,穴吹川の上流開発を構想(妄想)する。その上で奥貞光川の大開発と,穴吹川と貞光川の開発貞光川と鮎喰川の開発を検討する。更には早明浦周辺など吉野川上流の開発も妄想してみた♪

最後に計画でどれくらいダムを積み上げられたかを纏めてみる。
貯水量積み上げないとダメかと思ったけど水利権積み上げれば上の図の黄色はでかくなる様である♪
勿論水利権だけ積み上げてもダメで背景に貯水量などあって安定的に取水出来てこその水利量だろうけど・・。


現行
とは増強
20/10/20
発電利水量
352.951m3/s
412.29m3/s


+59.699m3/s
16%程積み上げた。まだまだやな~。1000m3/sぐらい目指したい。。これで上のはどの程度大きくなったやろか??

小ぶりなダムを持つ近隣の吉野川水系のダム比較[改訂]
発電所名
河川名
出力
有効落差
水量
ダム名
流域面積
湛水面積
水量
有効貯水量
持続時間
導水路
出典・その他
名頃発電所=比較参考 祖谷川
1.3MW
47.0m
3.50m3/s
名頃ダム
21.2km2
9ha

115万m3
96時間
1,000.2m(1.30)
便覧][水力
松尾川第一発電所=比較参考 松尾川
20.8MW
382.40m
6.30m3/s
松尾川ダム
103km2
59ha

1260万m3
175時間
30,587.7m(0.68)
便覧][水力
松尾川第二発電所=比較参考

21.4MW








5,571.0m(2.84)



43.5MW








37.15km(1.16)

[新]瀬開谷発電所 瀬開谷 1.2MW 145m 1.0m3/s 瀬開谷 4.06km2 2.58ha 1.00m3/s
17.2万トン


保留
[新]舞山発電所 白川谷 26.2W 410m 7.77m3/s 瀬開谷
川又
奥貞光
法正谷
明谷
久藪谷
内山谷
片川
大惣谷
大藤谷
───
 ─
16.00km2
11.50km2
1.16km2
14.20km2
1.99km2
2.05km2
15.95km2
4.50km2
7.72km2
───
75.07km2
[2.58ha]
4.46ha
3.70ha

8.10ha


4.50ha

5.80ha
───
26.56ha
[29.14ha]
 ─
1.60m3/s
1.15m3/s
0.10m3/s
1.40m3/s
0.16m3/s
0.16m3/s
1.60m3/s
0.80m3/s
0.80m3/s
────
7.77m3/s
[17.2万トン]
34.2万トン
24.6万トン

142.8万トン


45.4万トン

82.3万トン
────
307.5万トン
[324.7万トン]
109時間
[116時間]


20.8km()







保留

なかなかじゃあないか!

小ぶりなダムを持つ近隣の吉野川水系のダム比較[改訂]
発電所名
河川名
出力
有効落差
水量
ダム名
流域面積
湛水面積
水量
有効貯水量
持続時間

出典
(瀬開谷発電所 瀬開谷 1.2MW 145m 1.0m3/s 瀬開谷 4.06km2 2.58ha 1.00m3/s
17.2万トン


=計画保留)
舞山発電所★6 貞光川・半田川★6 26.2W★6 410m★6 7.77m3/s★6 川又
16.00km2
4.46ha
1.60m3/s
34.2万トン








奥貞光 11.50km2 3.70ha 1.15m3/s 24.6万トン







明谷 14.20km2 8.10ha 1.40m3/s 121万トン







(片川 15.95km2 4.50ha 1.60m3/s 45.4万トン

=計画保留)





大藤谷 7.72km2 5.80ha 0.80m3/s 82.3万トン








26.56ha 7.77m3/s 307.5万トン 100時間弱


穴吹川



奥穴吹












三俣谷







山川発電所
穴吹川



市初







三縄発電所
祖谷川・吉野川(新)



三縄







出合発電所
祖谷川・松尾川(新)



新松尾川







白川谷発電所
白川谷 4.6MW[+4.2]

2.1m3/s(▲0.1)
白川谷























出力取水放水有効落差使用水量集水面積導水管延長
舞山発電所24.2MW貞光川・新明谷Dm(470m)他吉野川[舞山](55m)410m7.1m3/s
20km超
切越発電所
(▲4.5MW)



(▲2.78m3/s)


奥穴吹発電所9.25MW
奥穴吹Dm(709m)三俣谷(180m)520m2.2m3/s
km222km
吉良発電所
(▲2.7MW)



(▲3.80m3/s)


貞光発電所9.6MW三俣谷PS・中谷・土釜・半田川等(180m)吉野川[貞光](48m)132m11.0m3/s

16km
山川発電所13.6MW鮎喰川他(250m)吉野川[川田](28m)215m6.47m3/s58.5km214km


52.15MW
(+43.95MW)



26.77m3/s
(+20.19m3/s)


まあ現状は吉良2.7MW・切越4.5MWの計7.2MWだったのが45.1MWになるのだから大増強ではある☆
なかなかじゃあないか!



発 電効率
出 力
水 量
貯留
その他
有効落差
1m3/s辺り発電力 最大 常時 最大 常時 貯水量 発電時間
備考
早明浦発電所
76m
646.25kW 42,000kW
4,800kW
65.00m3/s
10.0m3/s 2,600万m3

汗見ダム








既設
行川ダム



1.1m3/s[+1.1]



立川ダム



4.5m3/s[+4.5]



大田口発電所


1,500kW 280kW 0.6m3/s 0.112m3/s?


穴内発電所
31m
256.67kW 6,450kW[+6.54MW]
25m3/s[+25]
0.0万m3


大歩 危発電所
41m
340.00kW 9,100kW[+9.1MW]
26.7m3/s[+26.7]
242.8万m3

三 縄発電所

479.45kW
12,500kW[+5.5MW]
(吉野5.5+祖谷7.0)

26.2m3/s[+11.6]
(内祖谷分14.60m3/s)

29.9万m3
(祖谷川分)

既設
合計

1,722.37kW 70,050kW[+21.14MW]









水系域外
発電所名
最大出力
常時出力
流 域
面積
最 大使用水量
([推定]常時水量)
貯留量
貯 留量の
発電時間
年間降雨量 降雨量
貯留率
強化使用水量
ダム名 取水標高 湛水標高 流域年間降雨量
五王堂発電所(合計) 11,100kW
2,300kW
48.29km2 3.80m3/s (0.78m3/s) 61.3万m3

(3,000m)
4.73m3/s
西熊取水ダム 617.0m 650m 16.38km2 1.29m3/s (0.26m3/s) 36.8万m3 79.2h 4,914万m3 0.74% 1.96m3/s[+0.67m3/s]
笹川取水ダム
604.3m
620m
12.80km2
1.00m3/s (0.21m3/s)
24.5万m3
68.1h
3,840万m3
0.64%
1.54m3/s[+0.26m3/s]


<穴 吹川>へ移転

■ 穴吹川源流域(美馬市)水力開発計画へ移転

<貞 光川水系>へ移転

貞 光川取水堰へ移転

明 谷川取水堰へ移転