電力総研 水力あれこれ
とはずがたりな掲示板(利 水スレ電 力スレ)
20.9.18運開

野洲川水系の利水の現状

なかなか良さそうな野洲川水系。調べてみた♪電源開発はこちら

基本参考文献
[1]野 洲川ダム [wiki]
[2]野 洲川流域の事業 [農水省近畿農政局]


国営野洲川沿岸土地改良事業平面図
出典:[2]

野洲川ダム[場 所(381.2m)[1]
<概要>
戦 後の混乱期、極めて厳しい食糧需給状況を改善するため農林省(現・農林水産省近畿農政局)は全国4水系・流域において「国営農業水利事業」を発足させた。 水系を一貫して開発し、系統的な農業用水整備を行うことで食糧増産を図るのが目的であり、農林省版「河川総合開発事業」とも言えるものである。1947年 (昭和22年)より開始された事業の対象として大井川・九頭竜川・加古川水系そして野洲川が選定され、同年から「国営野洲川農業水利事業」が施工された。
この根幹施設として戦前1939年に県営事業として着手されたものの1944年戦局の悪化で中断されていた野洲川ダムが着目され、事業は滋賀県から農林省 へ移管された。建設工事は(1947年に?)再開され、1951年(昭和26年)完成し流域の悲願が実現した。
戦前戦後の混乱期に建設されたせいもあるのか老朽化などが進み,2001~2009に掛けて国営総合農地防災事業で大規模に改修された。

<諸元>
[ダム便覧]http://yasugawa.or.jp/publics/index/37/[2]
建設:着手/竣工 1939※/1951
※建設開始(県営事業),1944年戦争激化により一旦中断。1947年国営野洲川農業水利事業として再開
改修:着手/竣工 2001/2009…国営総合農地防災事業
目的:農業
流域面積/湛水面積:32.5km2(全て直接流域) /50ha
総貯水容量/有効貯水容量:850万m3/728万m3
ダム事業者:近畿農政局
取水施設(放流施設兼用):多孔式(6孔) 最 大取水量 10.3 ㎥/s

堤頂高     EL394.4m(現況EL392.7m)
設計洪水位(HWL)     EL392.7m(現況EL390.5m)
サーチャージ水位(SWL)    EL392.4m(-)
常時満水位(FWL)    EL389.5m(現況EL389.5m)
クレスト高    EL389.5m(現況EL385.5m)

用水情報 (2020年9月18日 9:00現在)
http://yasugawa.or.jp/publics/index/49/
野洲川ダム
 貯水位(EL.m)      379.62 EL.m (満水貯水位(EL.m)      389.50 EL.m)
 貯水率(%)      43.8 %
 貯水量(㎥)      3,192,000 ㎥
 放流量(㎥/sec)      2.47 ㎥/sec
 流入量(㎥/sec)      1.06 ㎥/sec

ダムの容量の配分図
出 典:[2]

計画平面図
出 典:[2]

青土(おおづち)ダム
http://maps.gsi.go.jp/#15/34.956413/136.303854/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

[1]
野 洲川ダムは洪水調節機能を有していないため根本的な治水整備は遅れていた。滋賀県はダム下流の甲賀郡土山町青土地先に1987年(昭和62年)、補助多目 的ダムである青土(おおづち)ダム(中央土質遮水壁型ロックフィルダム、43.5m)を建設し、野洲川流域の治水と甲賀市等への上水道、湖南工業地域への 工業用水供給を図った。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E5%9C%9F%E3%83%80%E3%83%A0

滋賀県で最初の多目的ダムである[2]
ダム管理用の水力発電設備(最大250キロワット)も備える[3]。
発電量の実績はこちら
800MWh/年~1,500MWh/年迄結構ばらつくねえ。

http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranA/All.cgi?db4=1364
目的:洪水・不特定利水・水道用水・工業用水
流域面積/湛水面積:54.3km2(全て直接流域) /62ha
総貯水容量/有効貯水容量     730万m3/660万m3
ダム事業者:滋賀県
着手/竣工:1966/1987

水口頭首工(180m)
[1]
http://maps.gsi.go.jp/#16/34.958136/136.197102/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

http://yasugawa.or.jp/publics/index/38/
1955年建設
野洲川ダムの放流水取水

http://reiki.city.koka.lg.jp/reiki_int/reiki_honbun/r055RG00001057.html

○甲賀市水口頭首工管理規則(抜粋)
計画取水位は、頭首工の水位で標高182.20メートルとする。
制限水位は、頭首工の水位で標高183.787メートルを上限、181.90メートルを下限とし、ゲート操作によってこの範囲を超えてはならない。
管理責任者は、前項に規定する水位の範囲内でかんがい用水等の取水を行い、かつ、河川の流量を努めて恒常的に維持させるものとする。
頭首工地点からのかんがい用水の取水量は、次に掲げる量を基準とする。
単位:m3/s
4月25日~5月1日:6.143
5月2日~9月20日:5.650
9月21日~4月24日:1.466

石部頭首工(116m)
[1]
http://maps.gsi.go.jp/#16/35.025287/136.044474/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

http://yasugawa.or.jp/publics/index/39/
[2]https://www.maff.go.jp/kinki/seibi/sekei/kokuei/yasugawa/yasugawa05.html
1954年建設
野洲川ダムの放流水取水

取水口(位置):最大取水量 取水口
右岸:2.425m3/s 2.01門
左岸:4.388m3/s 3.51門

計画平面図

さて,発電所であるが長くなって画像で重たくなってきたので分割してこちらに移転