戻る
20.10.21

信濃川・千曲川本流

前回記念すべき電源開発(妄想)1,000MW越えの際には阿賀野川に登場願ったが, 今回は1,400MWを前にして信濃川(信濃国では千曲川)である。5MB(あかんMの次にどうしてもWを打ち込んでしまうw)の容量を突破して有料コー スへ移行した記念でもある。
但し今回は何処か開発の目途が立っている訳では無く着手したけど。

千曲川上流部

(犀川):犀川・花裾川・麻績川・梓川

(鳥居川)

(夜間瀬川)

(樽川)

特に目途はなくとは云ったけど早速目に付くのが此処。西大滝から上流は長野盆地迄未だ暫く距離があるのにもうダムも発電所もない。
勿論,水涸れ対策は万全にする必要があって,魚道や河川維持放流は必須の施策である。
と調べてみると替佐辺り迄登ってやっと20mとかでなかなか厳しい。。


西大滝ダム[水 力][場 所
目的:発電
取水堰
堤高:14.24m
有効貯水容量:77.7万m3/s

しっかりと洪水対策にも貢献しているようだ。

西大滝ダムの洪水の運用(2006年7月の実績より)
出典:東 京電力

<千曲川>
(志久見川・釜川・北野川)
<信濃川>

(中津川)

(清津川)

信濃川発電所[wiki] [水 力][場 所
東京電力RP(株)
歴史:
 水利権取得・会社設立:1918[信越電力(株)…東京電灯と鈴木商店の合弁(→昭和恐慌を期に東京電灯に吸収される)]
 着手:1936
 運開:1939.11(第一期・発電所計画5台中3台)・1940.11(第二期・残る2台)
出力:認可最大出力:177,000kW 常時出力:112,000kW 平均発電電力量:約1,300,000MWh/年(13億キロワット時)
水量
 最大使用水量:171.133立方メートル毎秒(水利使用標識、実使用量)
 最大使用水量:179.50 立方メートル毎秒(試験量)
有効落差:109.97m
設備
水車:水車5台 総出力195000kW
導水路:総延長41291.9m(2条分)
流域面積:7020.0平方キロメートル
取水:信濃川[西大滝ダム]295.76m
放水:信濃川168.79m

河川環境問題とそれへの対処:
この項は[wiki] よりほぼ転載
宮中ダムや西大滝ダムが完成する以前の信濃川は、水産資源が豊富でサケ の漁獲量は1万8千~4万尾が記録として残っている。しかしダム建設によってサケの 遡上(そじょう)が困難となった。流域の漁民との間では補償交渉が持たれ、最終的に補償額が43万円(当時)支払われダムに魚道が設置された。とは言え、 補償交渉が妥結したのはダム完成から2年が経過した1941年であり、また魚道におけるサケの密漁もあって遡上数は減少。サケ漁は一挙に衰退し1940年 には終焉を迎えた。

戦後もこの状況は変わらず、河川の流水が発電用水として多く使用されていることでダム下流の流量は減少。西大滝ダムから魚野川合流点まで流路延長にして 63.5キロメートルの区間が極端な減水区間となり、魚類の生育はもとより藻類の異常繁茂によって悪臭を放つなど河川環境が著しく悪化した。

1997年(平成9年)に河川法が改正され、「河川環境の維持」が重要な方針の一つに挙げられた事から信濃川においても本格的な河川環境の回復が図られる ようになった。2001年(平成13年)7月20日、国土交通省北陸地方整備局・信濃川工事事務所を事務局として流域市町村等で組成される「信濃川中流域 水環境改善検討協議会」は、断流、減水区間の根本的解消を図るため、東京電力・JR東日本の協力を得て西大滝ダム・宮中ダムからの河川維持放流を開始し た。放流量は開始前に比べ西大滝ダムで30倍の放流量であった。この河川維持放流は減水期である夏季から秋季にかけて毎年行われ、現在西大滝ダムでは放流 開始前に比べ75倍の放流を継続的に実施している。

この結果サケの遡上数は次第に増加し、2005年(平成17年)には長岡市にある妙見堰において1日あたり694尾ものサケの遡上を確認(国土交通省調 べ)。1982年(昭和57年)に遡上数の調査を始めて以来最高を記録した。宮中ダムでも数十尾のサケ遡上が1日当りで確認されており、西大滝ダムでも遡 上数が増加している。

JR信濃川発電所[水 力
JR東日本が保有し宮中ダムで取水し発電する千手・小千谷・新小千谷3発電所の総称。最大使用水量316.96m3/s(全発電所の合計最大取水流量+他 水利使用者分)

宮中取水ダム[水 力][場 所
旧称:宮中(みやなか)ダム
JR東日本(東日本旅客鉄道(株))
着手/竣工:1919/1939
堤高:16.8m、堤頂長:330.8m
容量
 総貯水容量:97.0万m3
 有効貯水容量:71.0万m3
面積
 流域面積:7841.0km2 (以下3発電所いずれもこの数値で途中での取水は無し)
 湛水面積:  0.21平方キロメートル
取水:信濃川
放水:第一導水路(川岸側)・第二導水路(山端側) (いずれも仮称)

(当間川)

(羽根川)

浅河原調整池[場 所
旧名称:浅河原調整池土堰堤
JR東日本
目的:発電
堤高:37m、堤頂長:291.8m、天端幅:7.500m
総貯水容量:106.5万m3 有効貯水容量: 85.3万
堤頂標高:169.500m
湛水面積:0.13平方キロメートル(運開当時0.143平方キロメートル)
取水:第一導水路(仮称)
放水:千手発電所

(田川)

千手発電所[水力] [場 所
東日本旅客鉄道(株)
運開:1939.11[鉄道省(発電機3台)] 増強:1945発電機4台 1954同5台
水路式・調整池式
認可最大出力:120000kW  常時出力: 55000kW
最大使用水量:250.44立方メートル毎秒 常時使用水量: 31.42立方メートル毎秒
有効落差:53.94m
導水路:総延長15264.0m、2条(沈砂池→連絡水槽)
導水路:小千谷第二(新小千谷)発電所導水路共用 1条(小千谷第二(新小千谷)発電所取水口→浅河原調整池)
流域面積:7841.0平方キロメートル
取水:信濃川[宮中取水ダム]─(第一導水路)→[浅河原調整池]168.19m
放水:信 濃川・(第一導水路)→山本調整池→小千谷発電所106.4m

(小海川)

(飛渡川)

(魚野川):上流部


先ず後から造られたより高いところにある山本第二調整池に水は集められて新小千谷発電所と山本調整池に送られる。なんでわざわざ最初に低い場所に調整池 造ってしまったのか?(60mも違う。勿論土木技術的に昔は難しかったのであろうけど)
また(少なくとも第一)導水路も高い山本第二へ送水できるように堀り直したのか?

山本第二調整池[水力] [場 所
旧名称:新山本(しんやまもと)調整池
昭和60(1985)年:着手
平成 1(1989)年:竣工
堤高:42.4m、堤頂長:1392m
 総貯水容量:3,640,000立方メートル
有効貯水容量:3,200,000立方メートル
湛水面積:0.31平方キロメートル
取水:第一導水路(千手発電所)・第二導水路

山本調整池[水 力][場 所
昭和29(1954)年:竣工
堤高:27.5m、堤頂長:926.6m
総貯水容量:1,071,000立方メートル 有効貯水容量:1,032,000立方メートル
湛水面積:0.162平方キロメートル
取水:山本第二調整池
放水:小千谷発電所・小地谷第二発電所


小千谷第二(新小千谷)発電所[水力
東日本旅客鉄道(株)
運開:1990.6
水路式・調整池式
認可最大出力:206,000kW  常時出力:62,900kW
最大使用水量:220.00m3/s  常時使用水量:70.77m3/s
有効落差:106.97m
水車:立軸フランシス水車2台 総出力204400kW
導水路:総延長27050.0m
流域面積:7841.0平方キロメートル
取水:信濃川[宮中取水ダム]→[山本第二(新山本)調整池]168.19m
放水:信濃川45.90m


小千谷発電所[水力
東日本旅客鉄道(株)
運開:1951[国鉄]
水路式・調整池式
認可最大出力:123000kW  常時出力: 47000kW
最大使用水量:300.00立方メートル毎秒
常時使用水量: 31.42立方メートル毎秒
有効落差:47.86m
水車:立軸フランシス水車5台 総出力137500kW
導水路:総延長31200.0m
流域面積:7841.0平方キロメートル
取水:千手発電所→[山本調整池]105.00m
放水:信濃川46.30m

<信濃川河口部>