電 力総研 水 力あれこれ
と はずがたりな掲示板(利 水スレ電 力スレ)
20.9.-運開

奈半利川(と安田川)の水力発電

魚梁瀬を起点として145.1MWを叩き出す奈半利川。嘗ては四国を斜めに横断して今治から兎島(大久野島)を経由して竹原に上陸(中四幹線), 九州・松浦に至る電発の西日本の巨大な連系ネットワークの東端を形成していた。今では中四幹線は東西ネットワークとしては役目を終えてしまったが,奈半利 の電源地帯としての重要性は聊かも変わっていない。寧ろ脱炭酸ガスと脱原発の二兎を睨んで重要性は高まっているとすら云えるであろう。
さて開発余地はあるのであろうか?早速見て行く。

出典:四 国電力(187kV以上系統空容量マップ)
設置者名 発電所名 最大出力
常時出力
MW
立地県名 ダム名
区分
総貯水
容量
m^3
有効貯水
容量
m^3
水系名 河川名 流域面積
km2
使用水量
m2/s
有効落差
m
ダム高
m
使用開始年月 その他
電源開発(株) 長山 37.0
11.4
高知 平鍋ダム
ダム水路式
調整池式
424万
98万
奈半利川 奈半利川 233.40 40.00 107.86 38.00 1960年7月
水 力,com
二又 72.1
15.4
久木(くき)ダム ダム水路式
調整池式
294万
134万
147.00 45.00 188.90 28.00 1963年1月
水 力.com
魚梁瀬 36.0
4.2
魚梁瀬(やなせ)ダム
ダム式
貯水池式
1億462.5万 7,250万 117.10 50.00 85.10 115.00 1965年6月
水 力.com
電発計
4 地点(四国)



出典:奈半利川淡水漁業協同組合

我々の開発意慾を刺戟するのは野川川と西谷川を長山と平鍋の間に導水してダム建設。

取水工:安田川水系:安田川・中ノ川川二又付近[場所]70m
取水工:宗ノ上川・西谷川二又付近[場所]68.5m
北川ダム・[場所]67.1m
取水工:野川川[場所]67.7m
上部水槽[場所]→奈半利発電所[場所]6.6m

……幾ら電発が良いとこ持ってってしまったとはいえ一寸アクロバチカルだなww

もっと基本に忠実に行く。

改めて増強検討
先ずは一番下流の長山発電所をリサーチ:

http://www.suiryoku.com/gallery/kouchi/nagayama/nagayama.html
長山発電所
電源開発(株)
昭和35(1960)年7月1日:運用開始
認可最大出力:37000kW      常時出力:11400kW
最大使用水量:40.00立方メートル毎秒
有効落差:107.86m
取水:奈半利川[平鍋ダム]147.00m
放水:奈半利川26.90m

此処で使えるのは26.90mと40.00m3/sである。

発電所と取水・放水はこんな感じ。長山P/S直下では長山の放流水は勿論,奈半利川本流の集水と近くで合流する西谷川の水を使える。

取水:26m
放水:5m
高低差18mと云った所→なんか低落差に強い水車を使おう。

次は水量である。集水面積を調べる。

西谷川:23.9km2 2.4m3/s


奈半利川本流28.8km2 2.9m3/s

野川 18.5km2 1.8m3/s


以上で水量:40+2.4+2.9+1.8=47.1m3/s

[私案]奈半利発電所
出力:6,750kW[+6.75MW]
水量:47.1m3/s
落差:18m

うん,こっちの方が断然良いし発電量も多い♪

安田川
因みに最上流で魚梁瀬ダムに採水されてしまうお隣安田川であるが,此処で序でに検討してみる。

馬路村中心部で取水。250m地点
流域は魚梁瀬に導水される地域は抜いて以下の如くなる。36.2km2。3.6m3/sは取れるかな。魚梁瀬導水の残りも0.4m3/s位は期待しても良いのではないか?

放水:43.6m 此処らで250m級の山がなくなるので,,

[私案]安田第一発電所
出力:6,650kW[+6.65MW]
水量:4.0m3/s
落差:201m
導水路:10.0km

取水から放水まで以下の如し:

そして此処から直ぐに取水して海岸迄。
取水点での集水はこんな感じである。

37.3km2。まあ此処も機械的に3.7m3/sとする。

[私案]安田第一発電所
出力:2,150kW[+2.15MW]
水量:7.7m3/s
落差:33.6m
導水路:7.3km

まあこんなもんだな♪

結局安田川で6.65+2.15=8.8MW増強。奈半利川の6.75MWと併せて+15.55MW也☆