電力総研 水力あれこれ
とはずがたりな掲示板(利 水スレ電 力スレ)
20.10.17運開

江の川の電源開発!

西城川上流篇

全体像 新熊見ダムと生田川 神野瀬川・布野川 西城川上流域

流域の年間降雨量分布図
瀬戸内側は余り降らないが日本海側はそれなりに降るようだ。西城川も概ね大した流量では無いとはいえるが,源流部は1700~1800mm辺りは取れる。
この辺を水源として落合発電所が建設されている。
出典:国土交通省河川局


 http://www.suiryoku.com/gallery/hirosima/ochiai/ochiai.html
http://maps.gsi.go.jp/#15/35.026324/133.111961/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
六の原(ろくのはら)ダム
中国電力(株)
目的:発電
竣工:1964.1
取水堰
堤高:14.500m、堤頂長:50.500m
有効貯水容量:57,700立方メートル
標高
     満水位標高:550.000m
     低水位標高:545.800m
    減勢工床標高:538.800m
取水:西 城川熊 野川野 口川

落合発電所
http://www.suiryoku.com/gallery/hirosima/ochiai/ochiai.html
https://www.energia.co.jp/energy/energy/location/hiro66.html
中国電力(株)
水系河川名     江の川水系 六の原川・油木川ほか
発電開始:1964.1
形式:ダム水路式
出力:4,600kW 常時:520kW
使用水量 :4.00m3/s
落差:132.30m
流域面積:58.49平方キロメートル

落合発電所の4m3/sを取水して発電していく。

更には落合発電所付近の流水を集水して,上流で落合発電所用に集水してるけどもう一度熊野川で取水。
熊野川を併せたケース。48.6km2。3.4m3/s位は行けるであろう。

そして発電。

放水:西 城川285m

[私案]庄原発電所
出力:8,600kW[+8.6MW]
水量:7.4m3/s(=4.00+3.40)
落差:140m
導水路:11.52km (0.74)

此処で発電した7.4m3/sはそのまま下流の[拡張]森原P/S取水口迄 導水して発電する。

[私案]庄原第二発電所
出力:1,700kW[+1/7MW]
水量:8.4m3/s(=4.00+3.40+1.00)
落差:25m
導水路:5.6km (0.30)
取水:西 城川(庄原P/S放水)285m
放水:西 城川(森原P/S取水口直上)254m

まあこれは建設しない方向で。。

でも,これで上流から連続して落合4.6MW・4.0m3/s→庄原第一8.6MW・7.4m3/s・285m(庄原第二1.7MW・8.4m3/s・ 250m)川北川取水(+2.3m3/s)─比和川取水(+9m3/s)─湯木川取水(1.4m3/s)─萩川取水(?)→森原27.6m3/s・13.2MW・171.80m→新三次30.0m3/s・6.2MW→江の川堰堤→新熊見と発電所を連檐させられたぞ♪

合計34.3MW[+29.7MW]