電力総研 水力あれこれ 信濃川
20.10.20運開
清津川

電発の揚水発電所,奥清津・奥清津第二発電所とその上下調整池の二居ダム・カッサダムを取り囲むようにある清津川発電所。
水系は信濃川水系の支流清津川にあるが,清津川の水は更に違う支流魚野川の湯沢発電所に送られて使用されている。また二居川は利用されてないようだ。

何処かでみたなぁと思ったけどこれだw
>山行が「国道17号旧道 二居峡谷」
どこでへも行ってるなあ~w
まあ水有るところには発電あり,発電有ると事には道ありだからな~。

廃案件としては二居変電所跡も有名だった。
廃墟検索地図「二居変電所 概要・歴史」

また
二居ダム下流の清津川は上信越高原国立公園に指定されている名勝・清津峡がある。国土交通省はここに清津川ダムを建設することを計画していたが、公共事業見直しに伴い中止したダム事業の一つとなった。
Wikipedia 「二居ダム」
ともある。
中止は幸いである。水力に適した形に再編して再開だ。

色々余地ありだ。まずは現状を水力.comで見ていく:



カッサ川ダム
http://maps.gsi.go.jp/#15/36.882693/138.758740/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

884m

http://www.suiryoku.com/gallery/niigata/okky/okky.html
二居(ふたい)ダム
着手/竣工:昭和47(1972)年/昭和53(1978)年
堤高:87.00m、堤頂長:280.00m
総貯水容量:18,300,000立方メートル    有効貯水容量:11,400,000立方メートル
標高
       天端標高:829m
    常時満水位標高:825m
     最低水位標高:804m
面積
    流域面積:107.8 平方キロメートル
    湛水面積: 0.77平方キロメートル
トンネル:常用吐トンネル:1箇所    河川維持水用トンネル:1箇所
流量
    非常用洪水吐最大流下量:1620立方メートル毎秒
       常用吐最大放流量:  40立方メートル毎秒
備考:揚水発電の奥清津・奥清津第二発電所下調整池。上調整池はカッサダム

http://www.suiryoku.com/gallery/niigata/kiyotuga/kiyotuga.html
東京電力RP(株) 清津川発電所
運開:1958.12
水路式・調整池式
認可最大出力:16000kW      常時出力: 3800kW
最大使用水量:8.00立方メートル毎秒
有効落差:241.05m
導水路:総延長12647.2m
流域面積:112.0平方キロメートル
取水:(清津川887.72m+浅貝川891.5m)→カッサ川[カッサ川ダム]879.0m
放水:湯沢発電所630.73m



http://www.suiryoku.com/gallery/niigata/tutitaru/tutitaru.html

東京発電(株) 土樽発電所
運開:    昭和39(1964)年10月:運用開始
水路式・流込式
認可最大出力:7000kW    常時出力:1300kW
最大使用水量:5.50立方メートル毎秒
有効落差:150.20m
導水路:総延長7057.0m
流域面積:51.0平方キロメートル
取水:蓬(よもぎ)沢檜又谷茂倉谷万太郎谷、毛渡(けど)沢723.80m
放水:毛渡沢523.53m



http://www.suiryoku.com/gallery/niigata/yuzawa/yuzawa.html

東京電力RP(株)湯沢発電所
運開: 大正12(1923)年5月
水路式・流込み式
認可最大出力:15600kW      常時出力: 6800kW
水量
    最大使用水量:6.12立方メートル毎秒
落差
    有効落差:301.49m(以前は300.72m)
設備
    水車:総出力19440kW
    導水路:総延長6798.6m
流域面積:163.0平方キロメートル
取水:清津川発電所、清津川630.86m
放水:魚野川312.2m

上流の清津川8.0m3/s・土樽5.5m3/sの下流にあるのに6.12m3/sしかない水量はいったいなんなんだ。。と思ったら湯沢は土樽より高いところから取水というより,魚野川からは一切取水してないのか。

二居川流域795m地点での流域:22.124km2 土樽は51km2で5.5m3/s,2.2m3/s程度か。
一番近いのは二居ダムなんだけどなあw 後はカッサ川ダム884m(けど川向こうと云うかダムの向こう)と云った所。

いっそのこと湯沢と同じく山向こうの土樽に運ぶ手もある。
湯沢への取水が減ってしまって不効率だがそれを上回る発電量の増加が見込めるかどうかが鍵か。

二居川発電所
出力:1,150kW
水量:2.2m3/s 土樽や清津川を参考に
落差:65m
取水:800m 放水:土樽P/S取水口付近730m
導水路:6.57km

これだけでは引き合わないけど土樽の増強は出来る

土樽発電所
出力:7,000kW→9,800kW[+2.8MW]
水量:5.5m3/s→7.7m3/s

増量3.6MWに対して導水管6.6なら許容範囲。勿論,土樽の増強などは必要になってくるけど。

また湯沢の水量にパンチが無いので,湯沢取水口迄降ろすのも良いかも!?今より清津川の流れが減っても
大丈夫やろか・・。



二居川発電所
出力:3,000kW[+3.0MW]
水量:2.2m3/s 土樽や清津川を参考に
落差:165m
取水:800m 放水:630m
導水路:5.1km

湯沢発電所
認可最大出力:156,000kW→20,000kW(19,440kW[+3.84MW])
最大使用水量:6.12m3/s→8.0m3/s
有効落差:301.49m
水車:総出力19440kW
導水路:総延長6798.6m
取水:清津川発電所、清津川630.86m
放水:魚野川312.2m

流石,有効落差300mはでかいなあ~。まあぎりぎり水車の容量オーバーは勿体ないので更新迄は19,440kWで構わんが,,

で,変に余裕のある水車の出力容量だけど昔はもっと大量に取水してたけどなんかの原因で取水出来なくなったとかないよね??

出来れば二居川の水はダムで貯めて安定化(と同時に水量の確保にも成ってゐる)して湯沢に送りたい・・。

(湯沢に振られて暫く下流で水が放置の)土樽に関しては下流で取水してもう一度発電したい。



[新設]新土樽発電所
出力:3,300kW[+3.3MW]
水量:6.4m3/s
落差:105m
導水:5.5km
流域:63.6km


湯沢発電所水利権問題

さて散々心配しながら進めてきた開発だが,探してみた訳ではなく周辺地域のあれこれうろうろ検索掛けてたらやっぱあったww

こりゃ導水減らす圧が強くて増やすのはとんでもない感じやな,,orz

東京電力湯沢発電所の水利権問題

結構深刻っぽい。
十日町なんて信濃川が貫通しておりこんな水量豊富な地域の癖に何を我が侭いっておるのか。って感じだけどなあ。。
隣の中津川みたいに,切明(20MW/11m3/s)・中津川第一(12.6MW/36.44m3/s)・中津川第二(22.5MW/13.91m3/s)・下船渡(6.1MW/13.91m3/s)と水を使い切ってから云えよなぁ。。
とはいえ水を取られるばっかりで固定資産税とか入らない十日町の不満も非常に良く解る。湯沢は新幹線も停まるしスキー場も乱立してるし盛り上がってるのに,こちらは雪しか積もらない。。(宮脇俊三『線路のない時刻表』だったかと思うけど雪深い十日町イメージが強い。)

抜本的解決策となるとこれしかないぞ!

清津川第二発電所
出力:23,700kW
水量:10m3/s
落差:285m
放水:清津川341m
取水:清津川634m

清津川第三発電所
出力:13,100kW
水量:15m3/s
落差:105m
放水:清津川231m
取水:清津川341m

追加水量48.75km2なので5m3/s。


清津川第四発電所
出力:11,600kW
水量:20m3/s
落差:70m
放水:信濃川155m
取水:清津川231m

追加水量107.2km2なので10m3/s。

導水路:4.6km

清津峡水没を反対運動で免れたけど,包蔵水力賦存を存分に活かしたい。
これが実現すれば一気に48.4MW[+32.8MW]の電源地帯が発生するし,水も十日町に戻ってくるし固定資産税も入ってくるし全て解決である!