水力あれこれ 北陸電力水発(抄)
2020.11.30運開
九頭竜川水系日野川

広野ダムの方が流域面積広いが県営ダムであり有効貯水量も少なく,桝谷ダムの方が国営(農政局)ダムで流域面積が狭いが有効貯水量が多く,結果的に水が不足する後から出来た桝谷ダムが先に出来た広野ダムの流域から取水ダムを設置して水を奪っている。

お陰で流域面積42.3km2ある広野ダムが間接領域20.3km2とられて残る22.0km2から取れる3.2m3/sという少々物足りない水量で発電している。

いま,両ダムの直下で取水して5m3/sを集め,9m3/s利水する八乙女取水堰の手前で発電する今庄発電所の開発を構想する。なかなかいい感じではないか!?

流域一般平面図


二ツ屋分水堰[福井県
目的:引水
堤高/堤頂長:    24.7m/97.5m
ダム天端標高/ダム基礎標高:
流域面積/湛水面積:     20.3km2 /3ha
総貯水容量/有効貯水容量     2,500.0万m3/2,310.0万m3
ダム事業者     北陸農政局
着手/竣工     1979/2005

桝谷ダム[便覧][福井県
目的:   FAWI
堤高/堤頂長:     100.4m/345.9m
ダム天端標高/ダム基礎標高:
流域面積/湛水面積:     30.5km2 ( 直接:10.2km2 間接:20.3km2 ) /89ha
総貯水容量/有効貯水容量     2,500.0万m3/2,310.0万m3
ダム事業者     北陸農政局
着手/竣工     1979/2005

広野ダム上流で取水して引水している。

広野ダム[便覧][福井県][水力
目的:    FNIP
堤高/堤頂長:     63m/162m
ダム天端標高/ダム基礎標高:
流域面積/湛水面積:     42.3km2 ( 全て直接流域 ) /54ha
総貯水容量/有効貯水容量:     1,130.0万m3/960.0万m3
ダム事業者     福井県
着手/竣工     1967/1976


北陸電力株式会社 広野発電所[水力
    所有:福井県企業局[運開]-北陸電力株式会社[現在]2010年
    平成 8(1996)年12月   :運用開始
ダム式・調整池式
認可最大出力:1400kW      常時出力: 380kW
    最大使用水量:3.20立方メートル毎秒
    有効落差:54.40m
    水車: 出力1490kW1台
    取水位標高:313.800m
    放水位標高:256.100m
  流域面積:42.30平方キロメートル
    取水:日野川[広野ダム]
    放水:日野川

さてその桝谷ダムであるが,小水力発電が計画されたようである。

2013年5月27日月曜日
既設2ダム 小水力発電
http://j-water.blogspot.com/2013/05/blog-post_4649.html
・-----読売新聞、2013/05/26
------小水力発電ニュース------  南越前町と勝山市にある2か所の県営ダムで、県が小水力発電を導入する計画を進めている。ダムの建設後に発電設備を据え付ける事業は県内では初めてで、 2016年春の稼働を目指す。一方、砂防ダムでも同様の計画を地元市町などが検討したが、採算性に問題があり、見直しが相次いでいる。(酒本友紀子)
 7か所ある県営ダムのうち、「笹生川」(大野市本戸)、「広野」(南越前町広野)、「龍ヶ鼻」(坂井市丸岡町上竹田)の3か所は、建設時から発電機を備 えている。昨年7月、再生可能エネルギーで発電された電気を固定価格で買い取る制度が導入されたため、県は「桝谷」(南越前町宇津尾)と「浄土寺川」(勝 山市奥山)にも発電機能を持たせることを決めた。
 桝谷ダムは落差が約82メートルで、1秒あたり9~0・1立方メートルの水が放流される。その水力を使い、341キロ・ワットの出力の発電機を設置する計画で、年間の発電量は一般家庭約400世帯分の151万4000キロ・ワット時にのぼる・・・

(県単)桝谷ダム小水力発電施設整備工事 その2
(2015年01月23日公示)
https://www.njss.info/offers/view/5882784/


2015/11/29
福井県発注の建築工事、業者敬遠 入札結果の3割が不調、不落【福井新聞】
http://j-water.org/tag/%E7%A6%8F%E4%BA%95%E7%9C%8C/
(2015年11月29日午後5時00分)
 福井県が本年度上半期に入札結果を確認した建築工事のうち、1回で落札者が決まらない「不調」と「不落」の割合が30%に上っていたことが、県公共工事 入札監視委員会で明らかになった。前年同期の9%から大幅に上昇。民間の建築需要が堅調な一方、価格面で不利な公共工事が敬遠されている実態が浮き彫りと なっている。
 県の資料によると、建築工事件数は50件で、うち応札者がなかった「不調」は11件、応札者はいたが条件面で折り合わなかった「不落」が4件あった。前 年同期は工事43件中、不落4件のみだった。土木工事などを含めた全体では、本年度上半期の不調、不落率は6%で、前年同期比約2ポイント増。建築工事の 不調、不落が突出する結果となった。
 月別の不調、不落件数でみると、8月が10件中5件、9月は9件中8件と目立ち、敦賀市白木のモニタリングポスト建て替えや、県営住宅の耐震補強、桝谷ダム(南越前町)の小水力発電設置などがあった。水野家住宅(越前町)の復元、福井城山里口御門(やまざとぐちごもん)といった県の目玉事業でも契約できない事態に陥った。
 県は業者への聞き取りの結果、「価格が割に合わない」「鉄工所が手いっぱいで、資材調達が不可能」との理由があったと説明。夏場に民間の工事が集中したことも影響したという。条件を変更して再入札し、現状ではおおむね落札に至っているとした。
 また落札率は、本年度上半期の公共工事全体の平均92・9%に対し、建築工事は96・5%。業者の努力による値下げの余地が他の工事と比べて少ないことも見て取れる。


その後完成したという話しは聞かないので計画が流れてしまってないが心配である。。

福井県 桝谷発電所
入札:2015…不調
ダム式・調整池式?
出力:340kW
最大使用水量:?立方メートル毎秒
有効落差:82m?
取水:桝谷川[桝谷ダム]
放水:桝谷川

下で見る様に,八乙女頭首工迄取水は無いようだしもう一発発電できそう。

[構想]今庄発電所
出力:5,500kW[+5.5MW]
水量:5m3/s
落差:134m
取水:日野川[広野発電所直下]242.6m(この辺)桝谷川[桝谷ダム直下]241m(この辺)
放水:日野川[八乙女取水堰付近]102m
導水距離:9.5km




八乙女頭首工[水土里
場所:福井県南条郡南越前町八乙女地内
日野川用水
堤高     1.9m
堤長     72.4m(可動堰長)
取水設備     最大取水量     8.981m3/s

図の南条利水地基準点(桝谷)は此処か?

出典:北陸農政局


??頭首工[場所
聖橋 治水・利水基準点(広野)は此処か?


日野川用水発電所
最大出力: 141kW
最大使用水量:0.642m3/s
有効落差: 37.10m
年間発電電力量:1,021.0MWh
水車 : 定格出力 154kW
発電機 定格出力: 141kW
発電機定格電圧: 440V


松ヶ鼻頭首工[水土里
場所:福井県越前市向新保町地内
堤高     1.35m
堤長     205.20m
最大取水量     3.701m3/s
潅漑面積:1,654ha