電力総研 水力あれこれ 四国水力
とはずがたりな掲示板(利 水スレ電 力スレ)

吉野川下流域支流[+10.9MW]
穴吹川・貞光川・鮎喰川③~鮎喰(あくい)ルート開発~

吉野川中下流域の河川ども。本総研でも色々検討した。
穴吹川概要・穴吹川開発(①奥穴吹ダム→木屋平P/S[+3.1MW]②木屋平→吉野川方面)
・半田川(吉良大改造で一寸取扱)
・貞光川(吉良[+1.9MW]切越奥貞光川大改造)
・鮎喰川(穴吹②に関連して本頁で検討)

残る課題は[1]穴吹②の終点を何処にするのか,[2]貞光川で吉良の下で開発余地,[3]鮎喰川の開発余地などである。

穴吹②に関しては②-(i)76m地点辺り,②-(ii)吉野川の畔貞光付近,②-(ii)吉野川の畔(ほとり),山川付近などが想定され得る。

②-(i)と②-(ii)を穴吹川の項で検討してみ たがまあまあではあるけど(i)は導水路が長くなる割りには増加分はパンチに欠けるし,(ii)は残る区間が未開発で残されてしまうし,でしイマイチで あった。。此処では②-(iii)を検討してみる。
330m程であわよくば鮎喰川水系からも導水可能かも知れぬ。

色々検討してみた結果,どれもイマイチで,250m付近に標高を落として鮎喰川系統のみでやった方が良さそうであった。詰まり[1]を検討してたら[3] が出来てしまったのである。

[3]鮎喰川電源開発

(エキストラ)江田谷川250.9m 付近
谷の面積は狭くて足しになりそうにないが,これより東側は一寸遠くなる。


中津川(大長尾谷川)・神通谷川252m 付近
ここが最奥部である。水量が少なかったら更に東の小さな谷である江田谷川から引っ張って来ても良いかも。
13.7km2


鮎喰川・北谷川248m 付近風 景
この辺がメインの起点となる。調整池ぐらい造りたかったが一寸谷は狭そう。
水量の関係で東側の喜来谷から引っ張って来ても良いかも。
22.76km2


(エキストラ)喜来谷川252m 付近
水量に拠ってはここから鮎喰川・北谷川取水口付近に送水しても良い。
4.3km2


川田川249m 付近
蛍の里らしい。11.6km2

奥野井谷川248m 付近
6.1km2


峠(鞍部)越え245m
川沿いの高い山から水を落とすには如何しても此処を通らないとダメ。
330m級の穴吹②を引っ張って来れなかったのもこのせい。
現 地はこんな感じの様で或る。香ばしい感じの未成道である。

後は種穂忌部神社に気を付けつつ上部水槽を設置して吉野川沿いで発電,放 水(28m)である。

検討

個別集
水面積
合計 想定水量(m3/s)
A案 B案 C案 10% 6% 3%
神通谷 13.7km2 54.2km2 58.5km2 61.9km2 1.37 0.82 0.41
鮎喰川 22.76km2 2.28 1.37 0.685
川田川 11.6km2 1.16 0.70 0.35
奥野井谷川 6.1km2 0.61 0.36 0.18
(Ex)喜来谷川 4.3km2 建設せず 0.43 0.25 0.125
(Ex)江田谷川 3.4km2 建設せず 建設せず 0.34 0.20 0.10

使用水量

10% 6% 3%
A案 5.42m3/s 3.25m3/s 1.62m3/s
B案 5.85m3/s 3.51m3/s 1.75m3/s
C案 6.19m3/s 3.71m3/s 1.86m3/s

発電量

10% 6% 3%
A案 9.7MW 5.8MW 2.9MW
B案 10.4MW 6.2MW 3.1MW
C案 11.0MW 6.6MW 3.3MW

まずは江田谷川は止めにして,残りの取水口の内,鮎喰川水系の神通谷・鮎喰川・喜来谷川は1500~2000mm期待できるから6%で,川田川・奥野井谷川は1500未満っぽいので3%ぐらいにしときま すか。


個別集
水面積
合計 想定水量
6% 3% 合計
神通谷 13.7km2 58.5km2 0.82m3/s
2.97m3/s
鮎喰川 22.76km2 1.37m3/s
川田川 11.6km2
0.35m3/s
奥野井谷川 6.1km2
0.18m3/s
喜来谷川 4.3km2 0.25m3/s

導水管(本線・神通谷~山川P/S)延長14km程度

[私案]山川発電所
最大出力:5,300kW(+5.3MW)
最大使用水量:2.97m3/s
有効落差:215m
集水面積:58.5km2
導水:15km (0.38)

有効落差がデカいせいで出力そこそこだな♪

とは言え規模は小さい。導管延長と発電出力の関係に関する妖しい経験則の稲葉川比は0.38と一応の目安の0.4に届かない。

あと一歩,本鮎喰ルートの発電規模を拡大する為に。穴吹側から少々水を頂きたく思う。検討してみる

穴吹川と二戸谷の合流点に湛水位450mのダムを建設。湛水面積は8ha程になる。取水レベルは440m程度を想定。
これに併せて鮎喰ルートの標高を全て10m下げる必要がある。面積が広まって水量を増やせる代わりに有効落差は減るけどまあ細かい事は気にしない。
鞍部もサイホン無しで行けるからまあ落差も結果変わらない。

恐ろしく勾配が緩やかなので8万m2*平均深度3.5mとして29万立米と勝手に推測。
これを鮎喰の導水路迄持って行くに大体3kmほど。

700m地点で取水して発電する計画があるのでそれ以外の流域面積を計算するとこんなにも大きくなる!76,4km2である。
ダムと併せて7m3/s取水出来ると鮎喰ルートの発電力も大増強できるけどまあ,穴吹には穴吹のプロジェクトもあって21.719km2・2.2m3/sは取水するし,清流保護を優先したいし,で3.5m3/sとする。


それでも今回は出力が導水距離に見合った形になって良い感じである。

[私案]山川発電所
最大出力:13.600kW(+13.6MW)
最大使用水量:6.47m3/s
有効落差:215m
集水面積:114.8km2
導水管:18km(0.75)