電力総研 水力あれこれ
とはずがたりな掲示板( 利 水スレ電 力スレ)
20.10.07運開

新荘川水系..?

1.多雨地帯 2.新荘川 3.柳瀬川 4.仁淀川 5.柳瀬川再訪 6.第四仁淀川発電所再訪

1.多雨地帯  
四国は多雨地帯が存在している。
出典:四 国電力
主に三箇所3,000mm以上の多雨地帯があって,それぞれ那賀川・物部川奈半利川を擁す東部(阿佐地区),早明浦ダムを擁す中部,そして四万十(渡 川)源流を含む西部であ る。

この西部,余り開発されていないきらいがある。寧ろ3000mmの一寸北川,仁淀川なんかは盛んに開発されている。地形なども重要で雨だけ降れば良いとい うものでもないのであろう。
出典:四 国電力
見て見ると新荘川という須崎へ流れ出る川がある様である。四電にも相手にされて無く描かれてもいなかったのでこちらで書き足してみた。
一寸ちょっかい出してみるw

2.新荘川   
さて何処から始めるべきか。適当に川が集まってまともな流れになりそうな92m付近から始めたいと思う。

新荘川堰堤[場 所]
川底92m
取水95m
満水100m

藤の川(近くの地名から)
https://maps.gsi.go.jp/#17/33.442176/133.172375/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1


西舞の川(近くの地名から)
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.446160/133.176677/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

東舞の川(近くの地名から)
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.446429/133.177450/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1


桑の川
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.450618/133.185303/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1


赤木
https://maps.gsi.go.jp/#17/33.449982/133.190260/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1


具の川
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.455004/133.200495/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1


久保川
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.453339/133.207533/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1


上井田北谷(地名から)
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.450958/133.213048/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

上井田南谷(地名から)
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.449526/133.216653/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1


西谷
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.447557/133.226652/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1


樺の川
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.446106/133.231072/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1


三間川
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.445945/133.236737/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1



放水(14m)
https://maps.gsi.go.jp/#15/33.399059/133.246007/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1


集水面積
40.0km2 3.9m3/s

直接面積
26.5km2 2.6m3/s


間接面積
13.5km2 1.3m3/s


[没]新荘川発電所
最大出力:2,400kW
有効落差:75m
最大利用水量:3.9m3/s
取水:新荘川水系各所(95m水準)
放水:新荘川(14m)

新荘川堰堤は良い感じで貯留出来る感じだったけどこの発電力では厳しいかな。。

激しい雨に流されてすっかり低地になってしまってるようだ。。

諦めきれず可能性を探して這いずり回ることにする。

3.柳瀬川   
さて周囲を血眼になって95m地点を探すと割りと近くに見つかる!但し山の向こうである。規模もまあまあ。

柳瀬川(94m)
https://maps.gsi.go.jp/#15/33.491410/133.260899/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
間接:27.7km2  2.7m3/s


山の向こうだがこの際であるw

大樽谷川(95m)
https://maps.gsi.go.jp/#15/33.522327/133.242745/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1


放水:大桐川(57m)
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.529196/133.245149/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1


[私案]越智発電所

最大出力:1,814kW
有効落差:33m
最大利用水量:6.6m3/s
取水:新荘川水系各所・仁淀川水系柳瀬川(95m水準)
放水:仁淀川水系大桐川(14m)

あかん,投資額増えとるのに発電力さがっとるがな(;Д`)

下流でも発電せな。。
ところがこの場所は仁淀川第三発電所が絶賛送水中の標高。以下の通り取水出来るのは43mになってからである。

仁淀川第三発電所[水力
四国電力(株)
運開:1958.8
ダム式・調整池式
認可最大出力:10.000kw   常時出力:1,800kW
最大使用水量:44.00m3/s  (常時:7.92m3/s)
有効落差:26.45m
水車:出力10600kW1台
取水:仁淀川[筏 津ダム](73.00m)
放水:仁 淀川(43.65m)

筏津ダム[便覧
四国電力(株)
目的:発電
堤高/堤頂長:25.5m/141.7m
流域面積/湛水面積: 961.1km2 ( 全て直接流域 ) /37ha
総貯水容量/有効貯水容量: 183.7万m3/67.8万m3
竣工:1958

と云う事で仁淀川第三PSの確認が終わったこの時点で仁淀川第三の放流水44.00m3/sと我らが越智発電所の放流水6.6m3/sの合計 50.6m3/sの水が仁淀川43.65m地点に渦巻いていることになる。

ここ(43m地点)
で取水。
こ こ(24.8m地点)で放水

[私案]棚瀬発電所or仁淀川第四
出力:6,200kW
水量:50m3/s
有効落差:15m
導水路距離:9.4km

う~ん,出力は稼げるけど新荘川から持ってくる意味は微妙,,(;Д`)

43m地点迄更に発電ポイントを下げるのも困難。

…それなら寧ろ,新荘川の水を仁淀第三の取水位73mに繋げればええね!(・∀・)
ということを閃いて調べてみた。

4.仁淀川    

地域の親分,仁淀川である。たくさん発電所を擁しているのでどこから手を付けていいやら敬遠してたがこんな機会で対峙することになるとはw

仁淀川第三に繫ぐには北上が必要である。調べてみると,当初の放水想定先である大桐川というかその上流にある桐見ダムに行く手を阻まれることになる。。
ぬぉ。そんなところに君か。

桐見ダム [場 所(117m)
http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranA/All.cgi?db4=2324
高知県
目的:洪水・多目的利水
堤高/堤頂長:69m/156m
流域面積/湛水面積:  49.1km2 ( 全て直接流域 ) /40ha
総貯水容量/有効貯水容量: 816.0万m3/646.0万m3
着手/竣工: 1969/1988

目的はFN,要するに現状有効には使われていないという事である。

これは詰まり取水位を120mに上げよという啓示である。
早速新荘川の水をこのダムへ導水することを考える。

新荘桐見導水
・放水:桐見湖120m
・取水120m
具の川
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.457063/133.198800/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

赤木
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.453393/133.189509/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

上桑ノ川
https://maps.gsi.go.jp/#17/33.452059/133.182267/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

舞の川東谷
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.450063/133.176999/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

舞の川西谷
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.449150/133.173394/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

藤の川
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.448935/133.168588/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

東黒川
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.447216/133.162000/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

黒川
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.443940/133.160992/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

日浦
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.441057/133.152473/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

大谷
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.439822/133.148353/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

奥新荘ダム
https://maps.gsi.go.jp/#17/33.437646/133.148493/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

川底:117m
取水位:120m
満水位:130m


流域面積
26.5km2


導水路経路
約11.8km


[新設]野老(ところ)山発電所
出力:2,000kW[+2.0MW]
水量:7.5m3/s
落差:33m
水域:75.6km2 (直:大桐川流域49.1km2・間接:新荘川流域26.5km2)
取水:新荘川諸取水口11箇所・桐見ダム(110m)
放水:仁淀川(筏津ダム)(78m)

桐見ダム~筏津ダム:導水路は4.2km程

[増強]仁淀川第三発電所[水力
四国電力(株)
認可最大出力:11,700kW[+1.7MW]←10,000kw
最大使用水量:51.50m3/s←44.00m3/s
有効落差:26.45m
水車:出力10600kW1台
取水:仁淀川(44m3/s)・野老山発電所放流水(7.5m3/s)[筏 津ダム](73.00m)
放水:仁 淀川(43.65m)

[私案]棚瀬発電所or仁淀川第四
出力:6,200kW
水量:50m3/s
有効落差:15m
導水路距離:9.4km

今①仁淀川第四発電所単独建設,②桐見ダム取水のみ野老山発電所・仁淀川第四発電所新設,第三増強,③新荘川導水付野老山発電所・仁淀川第四発電所新設, 第三増強の三つを並べて検討してみる。


仁淀
第四
桐見
発電
新荘
導水
仁淀第四(15m)
仁淀第三(26.45m)
野老山(33m)
総出
力増
導水路
延長
最大水量 最大出力 最大水量 最大出力 水量 発電力
①第一案



50m3/s
6,200kW 44.0m3/s
10,000kW
0.0m3/s
0.0kW +6.2MW
9.4km
②第二案


50m3/s
6,200kW 48.9ms/s
11.100kW
4.9m3/s
1,300kW
+7.7MW
13.6km
③第三案


52.6m3/s
6,500kW 51.6m3/s
11,700kW
7.6m3/s
2,050kW
+10.7MW
25.4km
④第四案



51.2m3/s
6,300kW
50.4m3/s
11.400kW
6.4m3/s
1,750kW
+9.45MW
23.5km

桐見の水は結局仁淀第四を造るなら使われるので折衷案と思った②第二案が殆ど意味ないなw
やるなら④案か。
因みに奥新荘ダムから桐見へ途中取水無しで直結すると導水路9.9km,15.0km2なので1.5m3/.s。これが急遽追加の④第四案である。

まあ此処迄やるならフルの第三案だな~。

途中から仁淀川開発になってしまったw

5.柳瀬川再訪   

ここで(なんとなく不完全燃焼感が拭えず)当初の仁淀川水系の最初の取水先である柳瀬川を思い出した。そこそこ集水面積あったけどあれを桐見ダムに持って けないだろうか,と。
このダムの水,単独では水量少なすぎるし新荘川は多少遠いのである。さて結構遠くて取水位120m地点からだと7.4kmとなる。

集水面積は21.8m3/sである。2.2m3/sはいけるかも。

さて準備は整った。
早速再検討である。第一案はこの際関係ないので削除。

仁淀
第四
桐見発電
新荘
導水
仁淀第四(15m)
仁淀第三(26.45m)
野老山(33m)
総出
力増
導水路
大桐
柳瀬
最大水量 最大出力 最大水量 最大出力[増分] 水量 発電力 延長
効率
②第二案



50m3/s
6,200kW 48.9ms/s
11,100kW[+1.1MW]
4.9m3/s
1,300kW
+8.6MW
13.6km
0.63
⑤第五案




50m3/s
6,200kW
51.1m3/s
11,500kW[+1.5MW]
7.1m3/s
1,950kW
+9.65MW
21.0km
0.45
③第三案



52.6m3/s
6,500kW 51.6m3/s
11,700kW[+1.7MW]
7.6m3/s
2,050kW
+10.25MW
25.4km
0.40
⑥第六案




52.6m3/s
6,500kW
53.8m3/s
12,200kW[+2.2MW]
9.8m3/s
2,650kW
+11.35MW
32.8km
0.34
④第四案




51.2m3/s
6,300kW
50.4m3/s
11,400kW[+1.4MW]
6.4m3/s
1,750kW
+9.45MW
23.5km
0.40
⑦第七案




51.2m3/s
6,300kW
52.6m3/s
11,950kW[+1.95MW]
8.6m3/s
2,350kW
+10.90MW
30.9km
0.36

まあここまで検討したんだし一寸コスト高かも知れないけど第六案を推しておく。


6.第四仁淀発電所再訪   

取水場所と発電所を改編。

場所は此処らとする。
鎌井田取水堰
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.561656/133.264933/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
標高37mとなってるけど,ダムで標高を46mに上げて取水。
ダムの満水位は50mとしておけば膨大な水量が貯められそう。

147.4万m3なので3m貯めるだけで420万m3となる。
仁淀川第三の放水標高47.7mより水位が高くなる場合は松尾川第二でやってるように強制的に(電力使って?)水を排出する仕組みが必要となろう。

で,12km程の導水管使ってこの辺(12.8m)で放水。
https://maps.gsi.go.jp/#17/33.547600/133.392949/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1


有効落差はこれで30m程取れる。水量は同じなので単純に出力は倍に。

早速再々検討である。比較対象は第一案にご登場願う。

仁淀
第四
桐見発電
新荘
導水
仁淀第四(30m)
仁淀第三(26.45m)
野老山(33m)
総出
力増
導水路
大桐
柳瀬
最大水量 最大出力 最大水量 最大出力[増分] 水量 発電力 延長
効率
①第一案



50m3/s
12,400kW 48.9ms/s
10,000kW

0.0kW

12.0km
1.03
⑥第六案




52.6m3/s
13,100kW[+0.7MW]
53.8m3/s
12,200kW[+2.2MW]
9.8m3/s
2,650kW
+5.55MW
35.4km
0.50

なんかこう見ると仁淀4だけやれば良くてそれ以外に23.4kmも導水路張り巡らせてもたった5.55MWしか増えないってのはあるよね。。その部分の効率は0.235である。