電力総研 水 力あれこれ
と はずがたりな掲示板(利 水スレ電 力スレ)
20.9.26運開

裾花川

wikipediaに拠ると,
犀川の支流・裾花川は、戸隠連峰に端を発し、奥裾花渓谷・裾花渓谷を経て長野市中心市街地を貫流する。このため洪水によって氾濫した場合、大きな被害を及 ぼしかねないものである。特に1949年(昭和24年)の水害では長野市の大半が浸水したこともあって、裾花川の治水が求められた。

裾花川のように市街地を貫流している場合、河川改修は家屋や鉄道・道路移転のための費用が膨大なものとなることから、きわめて困難である。長野県は裾花川 上流総合開発事業を計画し、裾花川にダムを建設して裾花川の洪水調節を図るとともに、人口が増加している長野市への上水道用水を確保することにした。ま た、長野市以北は中部電力の電力系統の中でも末端に位置しており、電力の供給が不安定になりがちであったことから、安定した電力供給を確保するため発電所 の必要性も高まった。

裾花ダムはこの事業の中核として1962年(昭和37年)より建設に着手し、1969年(昭和44年)に完成した。裾花川上流総合開発事業はその後も整備 が進められ、1972年(昭和47年)からは上流の長野市鬼無里(旧・上水内郡鬼無里村)に奥裾花ダムの建設が開始され、1979年(昭和54年)に完成 している。
との事。
水力.comさん[里島裾花奥裾花]に拠ると上流から奥裾花ダム・奥裾花発電所,裾花ダム,裾花川発電所,湯ノ瀬ダム,里島取水堰(仮称),里島発電所と並んでいて諸元は以下の如し。


奥裾花(おくすそばな)ダム[便覧
長野県
目的:洪水・上水道・発電
着手/竣工:1969/1979
堤高:59m
総貯水容量:5,400,000立方メートル    有効貯水容量:3,300,000立方メートル
流域面積:65  平方キロメートル/   湛水面積: 0.30平方キロメートル

奥裾花発電所
長野県企業局
所在地:長野県長野市鬼無里[場所
運開:1979.2
ダム式・貯水池式→精々調整池式では?!
認可最大出力:1,700kW      常時出力:120kW
最大使用水量:4.00m3/s
有効落差:53.68m
水車:出力1800kW1台
流域面積:65.0平方キロメートル
取水:裾花川[奥裾花ダム](871.00m)
放水:裾花川(816.00m)

奥裾花第二発電所
長野県企業局
所在地:長野県長野市鬼無里[場所]
運開:2019.4.1
ダム式・河川維持水流式
認可最大出力:999kW
最大使用水量:?m3/s
有効落差:?m
流域面積:65.0平方キロメートル
取水:裾花川[奥裾花ダム]
放水:裾花川

奥裾花発電所と奥裾花第二発電所を併せて公募できなさ水芭蕉発電所という愛称だか名称になってしまったようだ。ほんま気色悪い。
せめて鬼無里(きなさ)発電所にしとけや。


<250mぐらいがら空き!→検討

■裾花(すそばな)ダム[便覧]
長野県
目的:発電・洪水・上水道
着手/竣工:1962/1969
堤高:83.00m
総貯水容量:15,000,000立方メートル
有効貯水容量:10,000,000立方メートル(洪水期に於ける洪水調節分。非洪水期と同容量の利水分を含む)
洪水期制限貯水容量: 2,500,000立方メートル(有効貯水容量の内)
 有効貯水容量: 9,200,000立方メートル(非洪水期)
 サーチャージ容量:  800,000立方メートル(有効貯水容量とは別。非洪水期洪水調節用)
     発電容量: 9,200,000立方メートル(有効貯水容量の内)
    上水道容量:  300,000立方メートル(有効貯水容量の内)
堆砂、死水容量: 5,000,000立方メートル
流域面積:250.00 平方キロメートル/湛水面積: 0.578平方キロメートル
標高
     天端標高:563.000m
  常時満水位標高:560.000m→発電取水位
洪水期制限水位標高:545.50 m(6月20日~9月30日)
上水道確保水位標高:538.50 m
  計画堆砂位標高:537.50 m
     基礎標高:480.00 m

■裾花発電所
長野県企業局
所在地:長野県長野市小鍋[場所]
運開:1969
ダム式・調整池式
認可最大出力:14,600kW  常時出力:1,600kW
最大使用水量:18.00m3/s
有効落差:98.35m
水車:出力15700kW1台
流域面積:250.0平方キロメートル
取水:裾花川[裾花ダム](560.00m)
放水:裾花川[湯の瀬ダム](459.00m)

発電取水が満水位なのか?これでは調整できひんのでは??

■湯の瀬(ゆのせ)ダム
着手/竣工:1965/1969
堤高:18m
総貯水容量:330,000立方メートル 有効貯水容量:290,000立方メートル
流域面積:256.5 平方キロメートル/湛水面積: 0.07平方キロメートル

■里島発電所
中部電(株)
長野県長野市西長野
運開:1936.10[長野電灯]
水路式・流込み式
認可最大出力:3,500kW      常時出力: 720kW
最大使用水量:8.01m3/s
有効落差:52.50m
水車:最大出力2030kW2台(定格総出力3500kW)
導水路:総延長2846.1m、主要導水路 幅2.56m高2.54m、延長2677.5m
流域面積:257.4平方キロメートル
取水:裾花川(443.57m)
放水:裾花川(386.13m)

折角,裾花で18.00m3/sも使ってるのに此処では8.01m3/sしか使ってない。。
使用水量を16m3/sと倍増させれば7.0MWの発電所になるのに~。取水の都合とか逆調整池の設置困難などもあるかも知れないからまあ1.5倍にしておく。

里島増強案
認可最大出力:5,200kW[+1.7MW]
最大使用水量:14.0m3/s

■裾花川地点水力発電所事業性評価

更に裾花川地点水力発電所事業性評価調査事業なんてのをみっけた。

2.事業の内容
(1)事業者名東京発電株式会社
(2)事業名裾花川地点水力発電所事業性評価調査事業
(3)事業期間平成29年6月26日~平成30年2月16日
(4)調査を実施する発電設備の概要
 a.発電形式:水路式(流れ込み式)
 b.使用水量:6.40m/s
 c.有効落差:90.49m
 d.出力:4,800kW

そのうち建設されるかも知れない♪場所はどこかな~。。

■新規開発検討

<250m位がら空き!>の部分

[と案]鬼無里発電所
最大出力:4,400kW[+4.4MW]
最大使用水量:4.0m3/s (奥裾花PS放流水をそのまま利用)
有効落差:135m
取水:奥裾花ダム(816m)
放水:裾花川(鬼無里・675m)

[と案]戸隠発電所
最大出力:4,300kW[+4.3MW]
最大使用水量:5.5m3/s (奥裾花放水4.0m3/s+天神川・神地沢・保寺沢・小川プラスでどのくらい行くかな?!5.5は全くの当てずっぽう)
有効落差:95m
取水:裾花川(鬼無里・663m)
放水:裾花ダム(560m)

裾花川地点は我が戸隠ぐらいに相当するかな!?

下流はこれ以上無理そう。。
まあ3箇所で+10.4MW。まあまあ♪