電 力総研 水 力あれこれ
と はずがたりな掲示板(利 水スレ電 力スレ)
20.10.13運開

佐久間ダムへの導水検討

佐久間ダム以下船明迄を纏めた時,未だ初見で右も左も解らない内から脊髄反射的に(w)佐久間ダム への導水を考えた。(水窪発電所からの導水の件は先に纏めてて知っていた。)

まず基本情報として地域の降水量はこんな感じ。
出典:天竜川上流河川事務所

佐久間ダムは1,800~2,000mm/年位。南側の山側にかけては2400mm/年が拡がり,大入川,水窪川,気田川の上流域には2400mm/年が拡がると云う塩梅である。

現状,佐久間ダムの拡張パーツとしては水窪ダムと新豊根ダムがあって,そのままでは佐久間ダムを経由せず下流で天竜川に流れ込む水窪川や大入(おおにゅう)川の水を佐久間ダムに入れ込んでいる。

さて水窪発電所はここら,更にそのサブシステムとして門桁(かどげた)取水堰はこの辺で検討した。一方で大入川が流れ込む大千瀬川は豊川用水の絡みで此処で検討している。

と云う事で,これ以上余り検討の余地がないような境地に今は達している。

それを大前提にここで簡単な奴から纏めて行く。

佐久間湖vs西渡発電所vs佐久間第二

河内川
西渡へ導水する場合:相月川8.3km2・ 福沢川7.5km2,三者併せて22.4km2。
西渡P/Sへ導水
212m以上で6.7km2…まあ0.5m3/sってどこだな。。
導水路:2.9km
佐久間第二へ導水
河口からで9.7km2(佐久間湖へ導水もする場合は4.4km2)
導水路:0.5km
佐久間湖へ導水
245m付近(要嵩上げ)で5.3km2
導水路:1.48km



水窪川を水道橋で渡れば相月川や福沢川から佐久間へ導水は可能。
佐久間湖─河内川─相月川で5.27km。福沢川まで延ばすともう1.9km程度。合計7.16kmか。
面積は19.76km2。1億4千万m3程降るとして半分取水出来たとして7,000万m3ってとこ。

相月川
佐久間湖へ導水
8.13km2


福沢川
佐久間湖へ導水
6.33km2



水窪発電所vs西渡発電所


豊岡発電所vs水窪発電所
既に水窪勝利で決着付いてる様な気がするけど実際は両者相討ちで低稼働率に沈んでいる。。
豊岡には石切川流域を与えて,門桁からは徹底的に水窪に送水したい。検討はこちら。結論は水量を安定化する門桁ダム新設では無く,多めの水量の導水管建設である。
年間2億m3位は導水可能であろう。(年間+1億m3位は増量できた?)


相川導水
導水距離14.7km

流域面積41.4km2
発電した場合
A佐久間川合発電所
出力:3,150kW
水量:3.2m3/s
落差:120m
面積:32.1km2
放水:三河川合付近126m
取水:300m

佐久間第二導水の場合は大千瀬川からも取水出来る。153.9km2
佐久間湖導水分の面積を除くと78.0km2