電 力総研 水 力あれこれ
と はずがたりな掲示板(利 水スレ電 力スレ)
20.10.04運開

佐治川の発電所

上流にダムがあって発電所が単発で立地している佐治川である。(下流に小水力がある様だ。)


佐治発電所[水力
鳥取県企業局
出力:5,000kW 常時0kW
水量:3.60m3/s
流域面積:30.0km2
有効落差:164.8m
取水:(397.5m)
放水:佐治川(224.00m)(地理院だと235m)

此処で下流には別府発電所(別府電化農業協同組合・117kW[理論上167kW]・1.40m3/s・水力.com)しかなく水量が有効活用されていない。
そこで新規発電所を検討する。

用瀬佐治川発電所
出力:4.600kW[+4.6MW]
水量:3.60m3/s
有効落差:155m
取水:佐治川(佐治発電所・235m)
放水:千代川(73m)[3.6m3/s]→取水①

さて放水は用瀬付近の千代川としてみた。
此処には用瀬発電所の放水口も近い。

用瀬発電所[こちら参照
認可最大出力:10,000kW
最大使用水量:20.00m3/s
放水:千代川(75.50m)(地理院81m)[20.00m3/s]→取水②

更に云うと標高も竹市発電所にほぼ等しいのである。

竹市発電所[こちら参照
認可最大出力:5,500kW
最大使用水量:12.00m3/s
放水:八東川72m[12.0m3/s]→取水③

これは天啓であるw
早速下流へ向けて導水構想を開始する。

竹市発電所から千代川へ向けて流そうとすると途中大江川が行く手を沮むので一旦此処でも取水する。(八東川の北岸経由だと郡家の辺りの私都(きさいち)川の形成した平野のお陰でとんでもない迂回か平野横断を強いられるのである。)

大江川取水口
29.4km2程。2m3/s程は取水出来そう。→④


75mから落とせる場所は概ね河原付近37.6mが下限の様である。

[試案]河原発電所

出力:11,900kW[+11.9MW]
有効落差;38m
使用水量:37.6m3/s(=①+②+③+④)
取水:八東川・大江川(71.6m)・千代川(73m)
放水:千代川
導水管:(=9.557km+…)


結構な電力開発が可能である♪