電力総研 水力あれこれ
とはずがたりな掲示板( 利 水スレ電 力スレ)
20.10.07運開

仁淀川水系の電源開発

1.多雨地帯 2.大渡ダムと大渡発電所(仁淀川第一?) 3.加枝発電所(同第二?) 4.仁淀川第三発電所 5.増強 6.仁淀川第四発電所(!)

1.多雨地帯  
四国は多雨地帯が存在している。
出典:四 国電力

主に三箇所3,000mm以上の多雨地帯があって,それぞれ那賀川・物部川奈半利川を擁す東部(阿佐地区),早明浦ダムを擁す中部,そして四万十(渡 川)源流を含む西部であ る。

この仁淀川も盛んに開発されてはいるが3000mmからは一寸外れるような気がする。南側からの湿った雲は先ずは南側の新荘川に降らせるようである。
新荘川の電源開発に関しては色々検討したが,高度が低くて余り効果的な施策は見つからなかった。。

此処では仁淀川の高知県側を見ていく。

2.大渡ダムと大渡発電所

この上流に面河川第三発電所(50.00m3/s・放水位標高:191.00m)がある。

大渡(おおど)ダム[水力][便覧
国土交通省四国地方整備局
目的:洪水・不特定利水・上水道・発電
堤高/堤頂長:96m/325m
  天端標高:216.0 m
  洪水時満水位標高:214.000m(サーチャージ)
  常時満水位標高:204.000m
  洪水期制限水位標高:188.500m
  予備放流水位標高:177.500m
  最低水位標高:174.000m
  堆砂標高:174.000m
  基礎標高:120.0 m
流域面積/湛水面積     688.9km2 ( 全て直接流域 ) /201ha
    湛水延長:9.7キロm
総貯水容量/有効貯水容量:6,600万m3/5,200万m3
  洪水調節容量:49,000,000立方メートル(有効貯水容量の内)
  利水容量:13,000,000立方メートル(有効貯水容量の内)
  予備放流容量:10,000,000立方メートル(有効貯水容量の内)
着手/竣工     1966/1986

大渡発電所[水力
四国電力(株)
運開:1981.8
ダム水路式・調整池式
認可最大出力:33000kW      常時出力: 1500kW
最大使用水量:45.00立方メートル毎秒
有効落差:84.90m
流域面積:668.9平方キロメートル
取水:仁淀川[大渡ダム]204m
放水:仁淀川116.50m

3.加枝発電所[水力

<中津川>
名野川発電所[中四国産業保安監督部四国支部
四国電力(株)
出力:1,200kW
最大使用水量:0.89
有効落差:184.57m
流域面積:32.20km2
運開:1924(T13).1
取水:中津川
放水:仁淀川


<土居川>
土居川発電所[中四国産業保安監督部四国支部
四国電力(株)
出力:1,400kW
最大使用水量:3.61m3/s
有効落差:48.80m
流域面積:143.00km2
運開:1921(T10).10
取水:土居川
放水:仁淀川


加枝発電所
四国電力(株)
運開:1941.11[日本発送電]
水路式・調整池式
認可最大出力:9700kW      常時出力:2600kW
最大使用水量:29.25立方メートル毎秒
有効落差:39.50m
水車:立軸フランシス水車2台 総出力10300kW
発電機:立軸三相交流同期発電機2台
導水路:総延長6123.8m
流域面積:773.5平方キロメートル
取水:中津川(121.9m)→仁淀川[加枝ダム(取水堰)](116.50m)
放水:仁淀川(71.00m)


4.仁淀川第三発電所

筏津ダム[便覧
四国電力(株)
目的:発電
堤高/堤頂長:25.5m/141.7m
流域面積/湛水面積: 961.1km2 ( 全て直接流域 ) /37ha
総貯水容量/有効貯水容量: 183.7万m3/67.8万m3
竣工:1958

仁淀川第三発電所[水力
四国電力(株)
運開:1958.8
ダム式・調整池式
認可最大出力:10,000kw   常時出力:1,800kW
最大使用水量:44.00m3/s  (常時:7.92m3/s)
有効落差:26.45m
水車:出力10600kW1台
取水:仁淀川[筏 津ダム](73.00m)
放水:仁 淀川(43.65m)

5.増強

問題は,この中間の加枝発電所である。
改修(仁淀川発電所10.5MWが廃止されて大渡ダム・大渡発電所33.0MWが建設,1981に運開[wiki])されて増強される一方で,1958年には仁淀第三が建設されており,このダムを挟む両側が既に最大使用水量44~45m3/sとなっているのに対してこのダムが29.25m3/sを決して小さくは無いが取り残されて水の効率的な運用の隘路と成ってゐるのである。
逆に常時使用水量は大渡発電所の少なさが目立つが中津川と長者川から流れてくる分か。

有効落差
最大出力
最大使用水量
常時出力
常時使用水量
その他
大渡発電所
84.90m
33.0MW
45m3/s
1.5MW→5.6MW
2.05m3/s→7.70m3/s

加枝発電所
39.50m
9.7MW→14.9MW[+5.2MW]
29.25m3/s→45m3/s
2.6MW
7.84m3/s

仁淀川第三発電所
26.45m
10.0MW
44m3/s
1.8MW
7.92m3/s


と云う事でここの施策はシンプル。加枝の最大使用水量の増加となる。また大渡の常時使用量を増やす為に左右の川から大渡ダムへ導水路を建設したい。

北川川(221.3m)中津川(207m)長者川(202m)→大渡ダム(202m)

長者川
51.3km2 5.1m3/sは行けるかな。


これと中津川で大渡ダムから7.70m3/s位は行けそう。常時水量で発電している時間帯がどんなもんか不明であるけど年間それなりに増強出来そうである。

6.第四仁淀発電所  

元々は新荘川の開発妄想をきっかけに検討したやつ。再掲。当然,最後の発電所仁淀川第三の下に第四を構想したい。

場所は此処らとする。

[構想]鎌井田取水堰
標高37mとなってるけど,ダムで標高を46mに上げて取水。
ダムの満水位は50mとしておけば膨大な水量が貯められそう。まあ流込式でも全然OK。

147.4万m3なので3m貯めるだけで420万m3となる。
仁淀川第三の放水標高47.7mより水位が高くなる場合は松尾川第二でやってるように強制的に(電力使って?)水を排出する仕組みが必要となろう。

で,12km程の導水管使ってこの辺(12.8m)で放水。
https://maps.gsi.go.jp/#17/33.547600/133.392949/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1


有効落差はこれで30m程取れる。
新荘川で検討した奴も載っけて置く。費用対効果に一寸疑問もある。

仁淀
第四
桐見発電
新荘
導水
仁淀第四(30m)
仁淀第三(26.45m)
野老山(33m)
総出
力増
導水路
大桐
柳瀬
最大水量 最大出力 最大水量 最大出力[増分] 水量 発電力 延長
効率
①第一案



50m3/s
12,400kW 48.9ms/s
10,000kW

0.0kW
+12.4MW
12.0km
1.03
⑥第六案




52.6m3/s
13,100kW
53.8m3/s
12,200kW[+2.2MW]
9.8m3/s
2,650kW
+17.95MW
35.4km
0.50


仁淀川第四三発電所
ダム水路式・調整池式
認可最大出力:12,400kw   常時出力:2,000kW
最大使用水量:50.00m3/s  (常時:8.01m3/s)
有効落差:30.00m
取水:仁淀川[鎌井田ダム](46.0m)
放水:仁 淀川(12.8m)

結局,仁淀川本流上の発電所群は以下の様になりそう。

てこのダムが29.25m3/sを決して小さくは無いが取り残されて水の効率的な運用の隘路と成ってゐるのである。
逆に常時使用水量は大渡発電所の少なさが目立つが中津川と長者川から流れてくる分か。

有効落差
最大出力
最大使用水量
常時出力
常時使用水量
その他
大渡発電所
84.90m
33.0MW
45m3/s
1.5MW→5.6MW
2.05m3/s→7.70m3/s

加枝発電所
39.50m
9.7MW→14.9MW[+5.2MW]
29.25m3/s→45m3/s
2.6MW
7.84m3/s

仁淀川第三発電所
26.45m
10.0MW
44m3/s
1.8MW
7.92m3/s

仁淀川第四発電所
30.00m
12.4MW[+12.4MW]
50m3/s
2.0MW
8.01m3/s(ad hoc)

合計

65.1MW[+17.7MW]

12.0MW




愛媛県側の面河(おもご)川も手を着けなくては。。