電 力総研 水 力あれこれ
と はずがたりな掲示板(利 水スレ電 力スレ)
20.9.17運開

宮川ダムと宮川の電源開発!


さて雲出(くもず)川水系の君ヶ野ダムに引き続いて安濃(あのう)川の安濃ダムの調査も完成。

三重県営ダムの主な3ダムの内2つが完了☆
残るは宮川ダムと相成った。

此処らは何と云っても多雨地帯。
年降水量は、上流山間部で約3,400mm以上、平野部ですら約2,000~2,500㎜を叩き出す。強気の使用水量で攻めることが出来そうである。
出典:宮川の現状と課題(2013年)


さて此処ではどんな感じかなと覗いて見ると,おお,結構でかい規模で発電してるぅ♪♪
最大使用水量も伸び伸びしてるw

<宮川ダム・宮川第一発電所・宮川第二発電所>
宮川ダム[Wiki]
流域面積 125.6 km2
湛水面積 200.0 ha
総貯水容量 70,500,000 m3
有効貯水容量 56,500,000 m3
利用目的 洪水調節・不特定利水
かんがい・発電
事業主体 三重県
電気事業者 三重県企業庁→中部電力(2014.1)
発電所名(認可出力)
 宮川第一発電所 (最大25.6MW常時7MW,最大使用水量24m3/s,有効落差121.666m・取水位標高:280.00m[宮川ダム]・放水位標高:147.05m[宮川第二P/S])[水力
 宮川第二発電所 (最大28.6MW常時8.1MW,最大使用水量24m3/s,有効落差134.736m・取水位標高:138.65m[宮川第一P/S]・放水位標高:1.35m[三浦湾])[水力
着手年/竣工年 1952年/1955年

と云う事で水力発電がどんな感じか探してみる。ダム堰堤の側に取水口がないなあと思ってると,なんと南の方にあるではないか。。

何処行くねん,宮川の下流とは逆やで,と思ってる水路を辿ると,なんと海辺に着いた!!!!

俺の阿佐での海辺まで持ってって発電構想は荒唐無稽でもなかったんやな!!!!

これは素晴らしい☆

また上流の発電所もなかなかワイルド。

<大和谷発電所>
流石多雨地帯。その辺の沢をぐるっと回るだけで3m3/sぐらい直ぐ集まっちゃうようである。
https://maps.gsi.go.jp/#15/34.294931/136.150110/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1


大和谷発電所[水力]
所有:三重県企業庁[運開]→2015.4中部電力株式会社[現在]
運開:1985.5
水路式・流込式
認可最大出力:6,400kW 常時出力:180kW
最大使用水量:3.00m3/s
有効落差:262.0m
流域面積:17.9km2
取水:地池谷→大和谷→焼山谷→三滝谷(557.80m)
放水:大和谷(298.30m)

<宮川第三発電所・不動谷ダム>
うほっ。凄い水圧鉄管♪高低差公営発電所最大だったそうな(今は中電)
https://maps.gsi.go.jp/#16/34.234220/136.168488/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1


宮川第三発電所[水力]
所有者:三重県企業庁→2015.4中部電力株式会社[現在]
運開:1962.3
ダム水路式・調整池式
認可最大出力:12,000kW  常時出力:1,100kW
最大使用水量:3.00m3/s
有効落差:477.179m
流域面積:28.6km2
取水:与八郎谷→堂倉谷(宮川)→小不動谷→不動谷川[不動谷ダム](779.0m)
放水:宮川(280.0m)

不動谷(ふどうだに)ダム
着手/竣工:1958/1961
容量
 総貯水容量:7.1万立米 有効貯水容量:4万立米
流域面積:27.8km2
湛水面積: 0.01km2

<宮川ダム発電所>

また宮川ダムに附属して河川維持流量を用いた小水力も開発されてるようだ。
宮川ダム発電所[水力]
所有者:三重県企業庁
運開:2003年
ダム式・河川維持水量式
認可最大出力:316kW
最大使用水量:0.500m3/s (以前は0.277m3/s)

<未開発領域>

宮川ダム(280m)から三瀬谷発電所(83.0m)まではがら空きである。
最大使用水量24m3/sで海へ放出した後ではあるが,まだまだ水量は豊富な筈である。
水量豊富なせいか,この程度では無視ってなスタンスを感じるw

さて先程の資料(宮川の現状と課題)に拠ると
流水管理・水利用の現状と課題
宮川水系河川水の適正な利用
○…中流部では粟生頭首工から宮川用水として最 大約10m3/sの取水が行われている。

渇水時における対策の推進宮川ダムの運用状況
○宮川の水利用の近況は、近年安定的に推移しているが、2005年、2007年、2011年には渇水となり、河川管理者、ダム管理者、水利使用者により構成される「宮川渇水調整協議会」を設置し、水利使用の調整などについて協議を 行い、取水制限を行いながら、発電用水から農業用水への水融通が行われた。

宮川ダムの運用状況
○不特定潅漑については、潅漑期間中(4/11~9/10)に於いて伊勢市他4町4,700haの耕地に750万m3を上限として、最大4.62m3/s供給されている。
○2003(H15)年4月には、発電水利権の更新に伴い貯留制限流量(ダム直下0.5m3/s)が、設定されている。
○現在、粟生頭首工直下において、3.0m3/sの流量確保を目標に、発電容量より年間1,000万m3の範囲内で補給することが検討されている。

宮川ダム貯水池容量配分図


少なくとも5カ月は4.62m3/sが確保されている。更に河川維持流量も0.5m3/sあるがこれが不特定潅漑水量に上乗せされるかどうかは不明。
さしあたってダム直下で5m3/sは行けると想定して取水量を以下の如く設定してみる。

取水
宮川ダム直下 5m2/s
犂(からすき)谷(279m)流域面積:2.6km2 →想定利水量:0.21m2/s

大熊谷(279m)流域面積:4.3km2 →想定利水量:0.34m2/s

■大熊谷口(149m)発電所[場所]
水路式・流込式
有効落差130m
水量:5.55m3/s
発電量:6,000kW

宮川水系 (850513) | 国土数値情報河川データセット
https://geoshape.ex.nii.ac.jp/river/resource/850513/

雲母取水口(139m) [場所]流域面積:2.25km2→想定取水量0.188m3/s

始神谷(140m)[場所]流域面積:3.9km2→想定取水量0.29m3/s

栗谷川(139m)[場所]流域面積:22km2 →想定取水量1.87m3/s

浦谷(138.8m)[場所]流域面積6.4km2 →想定取水量0.45m3/s

■新三瀬谷発電所
最大使用水量:9.70m3/s(直下の三瀬谷P/Sは40m3/s)
有効落差:52m
認可最大出力:4,200kW

放水:宮川(87m)[三瀬谷ダム湖]

ざっとこんなもんか。