電力総研 水力あれこれ
とはずがたりな掲示板(利 水スレ電 力スレ)
20.09.12運開
紀伊丹生川開発

紀伊丹生川は和歌山県北部に流れる紀ノ川水系の河川である。
奈良県にも同じ名前の丹生川が流れているのでそれぞれ大和丹生川と紀伊丹生川で呼び分ける事がある。

出典:国土交通省

今の所,この紀伊丹生川に現在ダムは無いが,計画はあったというか着手はされていた様だ。

紀伊丹生川ダム (きいにゆうがわ)[便覧]
左岸所在     和歌山県伊都郡九度山町大字北又   
右岸所在  和歌山県橋本市彦谷
河川     紀の川水系紀伊丹生川
目的/型式     FNWI/G
流域面積/湛水面積     63km2 / 110ha
総貯水容量/有効貯水容量     6,040万m3/5,670万m3
ダム事業者     近畿地方整備局
着手     1989

出典:国土交通省
2000年度   現ダム位置400m上流において地質調査を実施,ダムサイトとして適さないことが判明
2001年5月
利水者に水需要計画について確認
和歌山市:0.2m3/s→撤退
大阪府営水道:2.8m3/s(日量25万m3)→1.31m3/s(日量13万m3)

ダムの位置を上流800mに変えたり規模を小さくしたりして検討した結果,中止となったようだ。

反対運動を主導したと思われる団体のサイトなどが引っ掛かる。(玉川峡を守る会)

反対運動が盛んになって結局ダム批判が高まり中止になったということらしい。

基本的に市民運動は全て間違う。合っていたのは基地反対運動と原発反対運動ぐらいではなかったか?(註:当方,一応左なので市民派の運動にも敬意は払っております。)
昨今の風力反対や一時期のダム反対には憂慮せざるを得ないが,お陰で近年ダム開発に当たって軽視されているようにも見えた水力発電という要素を再び前面に出して再構築するチャンスが生まれたと云うべきである。

玉川峡の環境は護りつつ水力発電の要素も入れて行くべきであろう。

その辺を考慮に入れつつ治水用のダムの数分の1の規模で一応治水にも協力する位置づけの奴を建設して電源開発してみたい。

三尾川との合流点の先にダム作りたいけど地形的に一寸難しそう。。
ダムと取水口はこの辺(110m)にでも建設して三尾川からは導水路を建設。紀の川が60m程度だから落差50mで水量が例えば7m3/s位だとすると2,600kW程度。ダムは難しそうだし落差も稼げず発電量もしょぼい。

と,一応現地の様子を見ておくと…玉川峡塩之瀬キャンプ場と。。おい,ここらからもうその反対派の居る玉川峡かい・・
出典:google map
周囲はキャンプ場だの研修センターだの保養所だのに溢れている(と云う程ないけどポツポツあってなかなかむずい)
ここらはそっとして置いた方が良さそうである。

先ずはダムから考える。北又彦谷の原案ですら流域面積が63km2で標高が200m程度なのでそれより上流にしてしまうと更に水量が減ってしまうが高さは 得られる。水量と落差に関して発電は単純な積の比例関係であるから水量と落差,更に流域面積と標高のトレードオフ関係は概ね反比例の関係となる。

色々考えた末,此処しか無い,と云う地点に辿り着いた。
清川と丹生川の合流点標高327mを基準に導水する事にする。●河合堰堤とでも呼んでおく。
http://maps.gsi.go.jp/#16/34.242176/135.652828/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

河合橋交叉点
r102の合流地点から紀伊丹生川沿いを走ってきたR371が此処で二又に岐れる。清川沿いがR371,丹生川沿いが町道上筒香となる。
看板が色々出ているが,この町道,県道にも指定されずに不遇をかこっているが富貴・五條と橋本・九度山を結ぶなかなか重要な道路なのである。よく見ると画面右手の何かはトタンであり,廃屋なのかもしれない。周囲は全くの無人であった。

川の様子はこんな感じ。橋のたもとから下流を眺める。

漁業権も設定されているようではある。。これは清川・高野山方面

此処で水量を或る程度貯めて平準化出来ると発電所として使えるものとなる。
https://www.google.co.jp/maps/@34.2418619,135.653191,3a,90y,295.1h,83.2t/data=!3m6!1e1!3m4!1sp55sgvQ6VyoV9ddcm1WaiA!2e0!7i13312!8i6656?hl=ja

道路とかも付け替えて一寸大きめの調整池でも出来ると水量が安定してGoodなんじゃけど。。

紀伊丹生川ダム構想
湛水面積6.2haと小さめのダムを建設。
川底327mの場所に満水位340mだから小さめである。6.2ha。

この場合,北又川の326m付近にも取水口を設置できる。北又取水堰とでも呼んでおく。
http://maps.gsi.go.jp/#16/34.263867/135.628002/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

8.0km2しかない。。まあ精々0.5m3/sってとこかな。。



堰堤10m嵩上げしてみた。川底320mに湛水標高350m!面積は11.15haになってなんとなくそれっぽくなってきた感じw
推計有 効水量は85.6万m3以上ってとこ。当初計画が総貯水量6,000万,湛水面積110haとしているとこを見るにまあ可成りささやかである。というか丹 生川ダム建設でこの辺まで水没させる心算だったんか。。明神岩は沈んでしまいそうだと思ったけどどっちにせよ沈む計算だったという事か。。

流域面積は42.25km2位はありそうなのでまあ少なくとも4.2m3/s程度は確保出来るか。


もう一寸大きくしてみる。
北宿の南側にある標高341mの山を利用して満水位350mのダムを建設してみたw
35万km2(35ha)とそこそこでかくなる。これで現計画の1/3の湛水面積。

一寸流域面積も5.0km2程増やせて47.2km2程になる。

参考までに日置川の発電専用ダム及び多目的だと日高川の諸元を抜き出すと以下の如し。
原計画の壬生川ダムの有効貯水量,盛り過ぎじゃね?って感じがしなくもない。どんだけ洪水対策に積み上げて建設費急騰させて自民党や官僚どもで中抜きしようとしてたんや?
一方で流域面積の狭さがネックになりそう。


ダム
発電所

河川名
有効貯水量 湛水
面積
流域面積 最大使
用水量
有効
落差
最大認
可出力
合川ダム(発電専用)・殿山発電所 日置川
1,400万m3弱 137ha 300km2弱 26m3/s 約70m 15.0MW
椿山ダム・美山発電所 日高川
4,000万m3弱
(内,不特定
)容量400万m3
268ha 400km2弱 30m3/s 46m
12.4MW
猿谷ダム(不特定利水・発電)
・西吉野第一発電所
熊野川(天ノ川)
1730万m3
100ha
224km2
(含間接流域)
16.7m3/s
231m
33.0MW
壬生川ダム(構想)
紀伊壬生川
5,600万m3
110ha
63km2
計画なし?
壬生川ダム(妄想)


35ha
47km2




お隣西富貴を源流とする東ノ川から導水するとすると6.2km2。まあ0.6m3/s程。


北又川からも取水出来るが先程よりは標高が上がってしまい,2箇所に分けて取水し且つ面積は小さくなってしまう。7.54km2。精々0.7m3/sってどこか。北又は人口統計ラボだと二つに分かれてるけど合計15人程(2015年現在)


合計で6.0m3/s程度の水は確保出来そう。

此処からどこへ送水するか?色々考えた末,矢張りここしかないのではないかという場所に辿り着いた。
国土地理院グーグルストビュー
この南斜面に水圧鉄管を這わせて発電。直ぐ下流の葵茶屋キャンプ場に迷惑が掛からないようになるべく直ぐに取水(ここら)
間は渓谷になっているのでこの範囲で調整池を設ける。
それぞれ■玉川峡発電所(110m)・●玉川峡堰堤・玉川調整池・玉川峡取水口(107m)(と仮称)を作るぐらいかな。。(;Д`)

玉川峡からはこの辺(113m)に上部水槽を設けて一気に水を落とし地下で発電(■九度山発電所,とでもしておく),そのまま地下でこの辺(63m)で紀の川に放水。

玉川峡になるべく影響を与えない為に発電所からの放流水は蓋渠にして追加的に丹生川で追加取水するとしてそのまま九度山発電所に流す感じで良い位だ。
玉川峡の流域面積は案外広くて24.7km2(当初の河合橋案)。峡谷への配慮で少なめに1m3/s取水でどうだろう?


さて,大 阪府への1.31m3/sを送水するにはどんな計画だったかは不明だけど九度山発電所計画みたいにギリギリ紀の川の水面まで下げてしまうと紀の川の向こう 側に送水するのは不可能になってしまうので1.31m3/s分を計画として活かすなら発電レベルを一寸上げないと行けない?水を確保してればポンプで揚げでも取水するし大丈夫か な??どうせ紀泉山地の向こう側まで運ぶ必要があるんだしどっかで汲み上げる必要はありそう。。・・

■玉川峡発電所
有効落差:235m (ダム:350m・玉川峡:110m)
最大使用水量:5.6m3/s (4.3+0.6+0.7)
認可最大出力:10,500kW[+10.5MW]
導水路:

■九度山発電所
有効落差:37m (玉川峡:105m・紀ノ川:63
最大使用水量:6.8m3/s (玉川峡で1.2m3/s取水)
認可最大出力:2,000kW[+2.0MW]
導水路:5.23km


一寸九度山の方が小さいかな。。稲葉川基準に照らすと不可w
こっちは条件が合えば,のオプショナルな感じで。