電力 総研 水 力あれこれ 北陸水力発電
とはずがたりな掲示板(利 水スレ電 力スレ)
20.10.15運開

神通川水系の水力発電

1.流域の年降水量 2.神通川 3. 高原川(有峰引水) 4.宮川(4-1.宮川・下小鳥川/4-2.小八賀川) 5.久婦須川・野積川


3.神通川水系高原川

一 旦は関電所属となった東町と猪谷・牧などの発電所であるが地元財界が反撥して関電との交渉の結果陸電が継承した。
そ の後北陸電力と地元財界で富山共同自家発電を設立し神通川電源開発を行った。
最上流部では陸電が総力を挙げて開発した有峰への引水もある。高原川が陸電の領域となった故に実現か?

模式図は以下の通り。
出典:国 交省

ダム名
ダム湖名・水系名等 貯水量 有 効貯水量 流域面積 標高 そ の他・備考(ダム)
発電所名
認可最大出力
常時出力
形式
最大使用水量 有効落差 その他・備考(発電所)
新 猪谷ダム
神通川水系高原川 160.8万立米 120.3万立米 762.00km2 堤頂標高:279.00m
常時満水位標高:278.00m
最低水位標高:272.20m
陸電
猪谷[水力]
22.9MW 11.3MW ダム水路式・調整池式 31.50m3/s
85.45m
出力増加前22.9MW、運開当時 22.3MW・運開当時 (1942):水路式・流域面積:764.5平方キロメートル
新猪谷[水力]
35.4MW 0MW ダム水路式・調整池式 45.0m3/s
87.5m
増強前33.5MW 1964
新猪谷ダム 0.5MW 河川維持放流水式

4GWh/年 隣に中山発電所。
ソ ンボ谷
中山
1.1MW
0.63MW 水路式・流込式

1926運開
高 原川

40.5MW
9.9MW
水路式・流込式


1942運開
浅 井田ダム 神通川水系高原川 34万立米 32.8万立米

陸電
東町 32.2MW 0.55MW ダム水路式・調整池式

出力増加(2013)前31.3MW・ 1942運開
双六川[双六ダム]等
取水堰



富山共同
富山共同: 見座 25.5MW
7.6MW
水路式・流込式 29.0m3/s
常:8.77m3/s
最大:103m
常時:105 m
葛山発電所等からも受水
~双六川・金木戸川~

神岡鉱山:金木戸
出力:18.0MW (常時:5.76MW)
水路式・流込式
水量:6.00m3/s
落差:352.84m
取水:金木戸川取水堰堤(池の尾直下)
放水:双六ダム(見座直上)

陸電:池の尾
出力:9.1MW (常時:1.3MW)
水路式・流込式
水量:5.00m3/s
落差:199.70m
取水:双 六川取水堰中 の俣取水口北 の俣取水口・分水槽(→有峰引水→有峰湖)→池の尾
放水:金木戸川取水堰堤(金木戸取水口直上)

富高原川[今見ダム]等
取水堰



富山共同
富山共同: 葛山 25MW
7.8MW
水路式・流込式

放水:双六ダム
鎌 田川
栃尾 15.5MW
3.6MW
水路式・流込式

放水:葛山P/S取水口
右 俣谷左 俣谷穴 毛谷?
中崎[水力] 10.5MW 1.9MW 水路式・流込式 5.00m3/s
253m
出力増加前10.4MW 流域面積:44.7km2
放水:蒲 田川右岸(栃尾P/S取水口)1070.14m 
合  計




ソンボ谷
由来が判らんww

北陸電力株式会社 中山発電所[水力]
運開:1926.7[三井鉱山株式会社(神岡鉱山)]
水路式・流込式
認可最大出力:1,100kW+1,480kW=2,580kW
(運開当時1000kW)      常時出力: 630kW
最大使用水量:0.557m3/s+0.743m3/s=1.3m3/s
有効落差:240.60m
水車:出力1130kW1台(+1,500kWもう一台)
導水路:総延長1254.4m
流域面積:16.1平方キロメートル
取水:ソンボ谷445.30m
放水:高原川193.03m

落差は十分あるのだが16.1km2で0.557m3/s(3.4%)しか取れていない。
2000~2400mmであるが少々少なすぎる。
現代風に行けば一寸強気に1.6m3/sは(地域的には2000mm寄りなので)行きすぎにしても1.3m3/s程度は取水するのではないか?
平行して導水路建設して増強したい。



有峰引水概念図
支流側の双六川は国 土地理院地図では金木戸川と成ってゐる。双六川こと金木戸川から有峰湖迄高低差80m位あるようだが発電する程ではな いのか?
常願寺川有峰開発はこちら参照
出典:kabupro.jp

上の模式図だと金木戸川側から20m3/sも取水しているそうだが,上の地図と現実の地図に一寸乖離 があるようにも見える。
また地図と水力.comの記述にも乖離がありそうだ。

水力.com
有 峰発電所 取水:神通川水系金木戸川+折立、折立増設発電所+和田川[有峰ダム]
池の尾発電所  最大使用水量5.50m3/s 取水:金木戸川→中ノ俣川→北ノ俣川

地 図だと
有峰発電所 取水:金木戸川(双六川)→中の俣川→北の俣川→和田川[有峰ダム]
池の尾発電所 取水:北の俣→池の尾発電所
に見える。


結局,有峰引水模式図には(事件とは無関係の?)北陸電力池の尾発電所での発電が書いて無く て,池の尾発電所直下で取水して神岡鉱山金木戸発電所で発電し,更にその直下の双六ダムと高原川方面で取水して発電する富山共同自家発電(株)見座発電所 も書いてないから可怪しいくて,国土地理院からは分水槽が読み取れないから分離してるように見えてしまっていて,水力.comは有峰引水の北の俣と中の俣 と分水槽を無視してるから一寸混乱しているようだ。



熊野川(神通川水系)
ダム名
ダム湖名・河川・水系名
貯水量 有効貯水量 その他・備考(ダム)
発電所名
認可最大出力
常時出力
形式
その他・備考(発電所)
熊野川 日本海発電:新 熊野川 5MW 0.43MW 水路式・流込式 2001運開・源流で取水,支流小原川に放水
熊野川ダム
910万立米 760万立米 有効貯水容量内訳:
 洪水調節容量:220万立米(有効貯水容量の内
 利水用容量:420万立米(有効貯水容量の内)本来上水道→水需要減で未利用
 河川維持水用容量:120万立米(有効貯水容量の内)
日本海発電:熊野川 7MW 0.6MW ダム水路式・貯水池式
熊野川 熊野川第二 0.43MW 0.15MW 水路式・流込式 放流水は農業用水として利水






常願寺川農業水利事業一般図