電 力総研 水 力あれこれ
と はずがたりな掲示板(利 水スレ電 力スレ)
20.10.06運開

伊尾木川の発電所(+安芸川)

多雨地帯,和歌山県の中部(?;紀ノ川流域でも南紀でもない辺り)には1箇所だけ大きめのダムが造られ大きめの発電所が設置されてるケースが多い(有田川[二川ダム(多目的)・岩倉発電所]日高川[椿山ダム(多目的)・美山発電所]日置川[殿山ダム(発電)・殿山発電所]・古座川[七川ダム(多目的)・佐田発電所]) が高知県東南部も一寸似てゐる状況ではあるが,こちらは超デカイ奈半利川から極小の西ノ川(吉良川)迄河川毎のバラツキが大きい印象である。そんな中で伊 尾木川は和歌山県と似た感じである。とは云え水量は大したことなく発電規模もそこそこ。放水位も低くて下流での電源開発は無理そうって感じではある。

上流の余地を探るのがメインになりそう,,

現状 地域の概況 電源開発 結果 安芸川

現状    

伊尾木川(いおきがわ)ダム[水力
四国電力(株)
目的:発電
堤高:22.8m、堤頂長:57m
総貯水容量:88.7万m3    有効貯水容量:32.7万m3
着手/竣工:1952/1954
流域面積:86.1 平方キロメートル    湛水面積: 11ha
湖面標高:162m

湛水面積11haもあって堤高22.8mもあって32.7万の有効貯水量はちと少ないが,この場合のダムは水量と云うより高さを稼ぐ役割を果たしているようだ。
総貯水量88.7万m3の半分以上は死容量となっている訳だし。とは云え計算してみると13時間近くは持つ計算に。

伊尾木川発電所[水力
四国電力(株)
運開:1954.3
ダム水路式・調整池式(約13時間)
認可最大出力:7,700kW 常時出力:320kW
最大使用水量:7.00m3/s (8.1%)
有効落差:129.00m
導水路:総延長10121.1m
取水:伊尾木川[伊尾木川ダム]166.80m
放水:伊尾木川20.09m

地域の概況  
地図

出典:四国電力


雨量
多くの部分は2500mm以上,最上流部は3000mmに達している様だ
出典:四国電力


電源開発   

伊尾木川スドウ380m
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.676283/134.005373/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

横荒川茗荷380m
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.658228/134.036121/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

上部水槽381m
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.603539/133.984258/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

集水面積:35.8km2。伊尾木ダムの集水面積に対する伊尾木発電所の最大使用水量の比率を援用すると2.9m3/s。


放水:165m
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.605988/133.980203/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

有効落差:210
導水路延長:11.9km


[試案]奥伊尾木発電所  
最大出力:5,000kW[+5.0MW]
最大使用水量:2.9m3/s
有効落差:210m
導水路延長:11.9km (0.42)

なんかこの作業にも熟練してきたぞw
まあこのくらいの設備投資で5MW,いい感じだ。

安芸川篇   

さて,お隣に安芸川がある。多雨地帯にも限らず発電所はないようだ。
早速流域調査。220mでこんな感じ。
伊尾木もダムが高低差稼いでるような所があったけど,こちらも随分奥地迄低い。
ダムを新規に造れる御時世ではないし(いっぱい構想してるけどw)伊尾木に注入して発電しつつ下流の水量増強を図ることにする。


[試案]奥安芸発電所
最大出力:3,100kW[+3.1MW]
最大使用水量:4.3m3/s
有効落差:89m
取水:安芸川(畑山川・大野川)・岩井谷川・張川(張川・正藤川)(220m)
放水:伊尾木川[伊尾木ダム]166.80m
導水路:6.75km (0.45,下流分迄カウントすれば1.15)

勿論,この水で伊尾木川は増強出来る。

[増強]伊尾木川発電所
認可最大出力:12,400kW[+4.7MW]
最大使用水量:11.30m3/s
有効落差:129.00m
取水:伊尾木川[伊尾木川ダム]166.80m
放水:伊尾木川20.09m