電 力総研 水 力あれこれ
と はずがたりな掲示板(利 水スレ電 力スレ)
20.9.23運開

犬鳴山・紀泉高原・その他

犬鳴山は昔から気になる場所であった。
そもそも知ったのは水間鉄道が分岐して熊取NTの中を抜けて犬鳴山経由で粉河を目指す紀泉鉄道の計画を知ったのが初めであった。

時 は流れて何十年,息子が出来ると色々人生をもう一度追体験出来る,別に古い者に誘導した訳でも無いのに私が子どもの頃に遊んだ古いプラレールに興味持った り,事に感慨みたいなのを感じながら来た所,都市伝説で九州の方にある犬鳴村伝説に興味津々の息子が,大阪にもあるぞと教えたら同じ名前ってだけなのに犬 鳴に行ってみたいと云いだした。

早速,出かけてみた。
凄い滝であった。開発してくなってくる。
ヘビもいた。神の使いか?犬鳴伝説にも大蛇が出てきたが,成る程じめじめして水っ気の多い場所である。
大阪近郊の信仰の場として牛滝山と一寸似ていた。

この水量は電源として使えるのでは?!と云うことで早速検討してみる。

面積は21.3km2。流石に1.2m3/s程は取水出来そうな勢いである。
取水ポイントは犬鳴山直下の147m地点。行者の滝の上300m位から取水すると距離も稼げそうだけど流石にあの渓流を破潰できねえ。。

犬鳴林道も寺のメインの滝の背後ではトンネルで抜けていた。

取り合えずこの沢でも0.1m3/s程取水してといかここに貯留池設けて,1.3m3/sにした上で,この辺(150m)に持ってきてこの辺(50m)に落とす感じかな
有効落差100m。


[私案]泉佐野発電所
最大出力:1,050kW
最大使用水量:1.3m3/s
有効落差:100m

まあまあだな。都市部だから他の利水とぶつからないかどうか,だけど。

おまけ(近木・牛滝・滝畑)

近木(こぎ)
取水:160m
9km2


牛滝
取水:牛滝川192m西谷(仮称)193m
7km2ぐらいしかない,,

発電・放水103m
http://maps.gsi.go.jp/#16/34.405777/135.437908/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1


可能性のあるのは石川・滝畑ダムぐらいか?

http://www.pref.osaka.lg.jp/minamikawachinm/m_index/d_damyakuwari.html


農業用水の確保
 石川を水源とする羽曳野市、藤井寺市等石川沿岸の耕地約400ヘクタールの用水を確保するもので、ダム貯水容量のうち、利水分の4613,000トンを石川に直接放流します。

水道用水の確保
 河内長野市、富田林市の上水道水源として、計画給水人口288,300人のうち約10万人を対象に、一日あたり最大43,750トンを給水します。

河川維持用水の放流
 石川の河川環境を保全するため、かんがい期は毎秒0.189トン、非かんがい期毎秒0.115トンを放流します。
     かんがい期     6月20日から9月20日まで
     非かんがい期   9月21日から6月9日まで

ダム(255m位)で取水してこの辺145m位で発電したい。

ダム導水も同じ石川水系のこの辺260m(名称不明)や加賀田川(265m)やその西側の谷(262m)で取水して発電水量に資したい。
1.6mで110mだと1,400kW位行ける。まあ利水には色々制約がありそうだし0.8m3/sなら700kWだ。