電力総研 水 力あれこれ
と はずがたりな掲示板(利 水スレ電 力スレ)
20.9.18運開

犬上川の電源開発!

野洲川でも水争いあったみたいだが,こっちの方がすげえw
6地域水利への誇り ...犬上川流域
https://www.pref.shiga.lg.jp/file/attachment/4040474.pdf


最後の水利紛争

昭 和7年の6月から7月にかけて降った大雨によって、一ノ井堰の一部が決壊したため、一ノ井堰の復旧工事が着手されました。一ノ井は、過去の明治・大正にか けて、同様の状況で違法工事を行っており、今回もその兆候が一部で見られたとして、二ノ井側の70人が現場に急行し、河原へ下り、竹槍を振りかざして、石 合戦を展開しました。さらに、土を運搬するトロッコのレールを、川に投げ込んで引き揚げました。他方の一ノ井側も、数百人を集めて工事を続行しました。二 ノ井側も数百人が集結し、再び竹槍を振りかざした石合戦となりました。夜を迎えて警官約200人が出動し、事態の鎮静にあたりました。

…地元と県は争いを根絶するためには、水不足の原因を取り除くほか無いことを確認しました。

ダムと頭首工の建設

昭 和7年にいち早く着工した金屋頭首工は、昭和9年に完成しました。翌10年には幹線水路も完工し、昭和11年に使用が開始されました。犬上川の騒動の直接 の原因となった水配分の問題を解消するため、一ノ井、二ノ井の反別、石高に応じて、用水配分量をおおむね8:2に確定し、その割合に応じて頭首工の左右に 水門を設けました。昭和14年の大干ばつでは、他地区が用水に苦労し、争いも起きていましたが、この地域はそのような争いと無縁であり、以降も水争いが起 きることはありませんでした。

…昭和9年には、当時としては最大の農業用ダムとなる、犬上川ダムの建設に着工しましたが、太平洋戦争に よって進捗が遅れ、完成を見たのは、計画から遅れること9年後の昭和21年でした。その後、末端部分の水路改修や排水路改修、堰の改良が行われ、昭和32 年に全ての事業が完成し、流域の全地域で用水が確保されて、二毛作も可能となりました。

http://www.jsidre.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2020/07/88-4-19.pdf

「村の堰(金屋頭首工)─滋賀県犬上郡多賀町地先─」(株)三東工業社北川  孝 Water,LandandEnviron.Eng.Apr.2020
金 屋頭首工(表紙写真)は,当初,昭和8年に県営犬上川農業水利改良事業によって施工されたが,その後平成18年に,県営かんがい排水事業により全面改修が 図られた。この基幹水利の抜本的な改良により,地域の水利用の効率化と,近代農業経営の確立に大きく寄与することとなった。…

金屋頭首工

所在地:滋賀県犬上郡多賀町富之尾地先[ここら]
当初施工年度: 昭和7〜8年度
改修年度:昭和27年,50年,平成18年
受益面積:723ha
取水量:合計4.90m3/s
左岸 3.407m3/s
右岸 0.683m3/s

犬上川ダム
[ダム便覧]
[場所]
目的:潅漑・発電
流域面積/湛水面積:31.2km2 ( 全て直接流域 ) /35ha
総貯水容量/有効貯水容量     450万m3/370万m3
ダム事業者:滋賀県
着手/竣工:1934※/1946
※ダム建設に着工。第二次大戦の戦局悪化で完成は遅れる

犬上発電所[水力.com]
事業者:関西電力(株)
運開:1954年
ダム水路式・調整池式
認可最大出力:1,100kW    常時出力:0.0kW
最大使用水量:3.20m3/s
有効落差:43.32m
流域面積:32.3km2
取水:犬上川(南谷)[犬上ダム](252.5m)
放水:犬上川(南谷)(206.55)

流域面積が32.3km2なので使用水量3.2m3/sはほぼ物部川の法則に从っている。
しかし金屋頭首工の取水量は4.9m3/sである。もう一寸水量増やして放水地点も下流で良い筈。

と云う事で犬上発電所1,100kWは廃止。河川維持流量などあれば残しても良い。

新規取水:犬上川(北谷)(253m)
取水:犬上川(南谷)[犬上ダム](252.5m)
新規取水:大杉川(253m)…名称に関してはこれhttps://geoshape.ex.nii.ac.jp/river/resource/860604/

谷越部:http://maps.gsi.go.jp/#16/35.195905/136.320870/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1 …此処らで谷を越えないと難しい。

上部水槽:http://maps.gsi.go.jp/#15/35.191942/136.307459/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
新犬上発電所
ダム水路式・調整池式
認可最大出力:4,600kW(+3.5MW)
最大使用水量:5.2m3/s
有効落差:107m
流域面積:32.3km2+α
放水:犬上川(145m)
導水路:6.41km