戻る
2020.11.27暫定運開
五箇瀬川の水力発電①五ヶ瀬川[水力] [九 州地方整備局
五ヶ瀬川祝子川北川

流石の水力さんも此処迄は手が回らないのか未着手である。自力で調べてみた。九電・宮崎県企業局・大分県企業局・旭化成・チッソなどが水力発電を沢山建 設・運営していて集中立地地帯である。高千穂線も赤字続きの中豪雨水害で廃止されてしまった。雨はざんざん降りそうな地帯である。
>五ヶ瀬川の水利用の歴史は古く、大正時代から電力量拡大のための発電所建 設が行われてきており、現在では、22発電所で最大約237m3/s(最大出力約138,000kw)が発電用水として利用されている。[mlit]

何処迄川扱いされているか不明だけど,延岡港の有る場所は未だ五ヶ瀬川扱いされてて北川も五ヶ瀬川の支流扱いされているのかな?海 の真ん中に五ヶ瀬川って書いてあるww
此処では最初は纏めてやってたけど北川と祝子川は独立させる事とし本頁では五ヶ瀬川本流を取り扱う。

<九州電力>

http://www.kyuden.co.jp/var/rev0/0246/3887/pdf_hydroelectric-power-plant_202005.pdf


(河 口!)


槙峰鉱山

最下流の星山発電所で49m3/s使用で49mで ある。此処らは南紀の多雨地帯と似ていて(多雨で削られて)標高は低いが未だ山である。しかも標高はこちらの方が高め。
って事でもう一発発電出来るであろう。槙 峰大橋51m付近で網の瀬川の取水もすべきだ。槙峰はこの辺なのか。『国鉄全線各駅停車⑩九州720駅』(1983小学館)と云う中高生時代の我 がバイブルのシリーズで切り欠きホームのみの無人駅だけど昔は硫化鉱の積み出しで栄えたと云う記述が蘇る。
当鉱山は宮崎県東臼杵郡北郷村大字宇納間小字武田ノ内(ブ タノウチ)に在る。すなわち北郷村と北方村との村境に在る速日峰(868.1m)の西方約2kmに位する三 角点(877。6m)の東
南約200m附近,延岡市西方約20kmの距離にある。
 当地に至るには次の経路が便利である。
 日豊本線富高駅前─バス37km→鉱山事務所(北郷村宇納間─トラック8km→索道下貯鉱場─徒歩約1キロ→現場 事務所。[地質調査所

色々凄い。富高は今の日向市駅。細島と富高が合併して日向市みたいなきもい名前になってしまったのは残念。
調べてみると富高と細島が合併して日向市では無く,細島合併後の富高が岩脇みたいな無名の村と合併する際に僭称市名(熊野市とか出雲市とか伊那市みたいな やつら)を名告った様である。
南日向も元々岩脇村の岩脇駅だったそうな。両者元に戻して細島線も復活させようぜ。
1937年10月1日 - 細島町・富高町が対等合併し富島町になる。
1951年(昭和26年)4月1日 - 富島町・岩脇村が対等合併・市制施行し日向市になる。
1952年(昭和27年) - 細島工業港の築港。
1955年(昭和30年)1月1日 - 美々津町を編入。
1963年(昭和38年)5月25日 - 富高駅が日向市駅に、また岩脇駅が南日向駅に駅名改称する。[wiki]

で,延岡駅からでも高千穂線(当時は高千穂迄開通しておかず日之影線[1937年には槙峰迄開通;wiki]) でもなく富高ってことはその頃は今より日向市の地位が高かったという事か?
と思って調べてみたら,速日の峰の北側に槙峰はあって名前も槙峰鉱山であったも入口は山の南側の富高筋,今の美郷町の方にあって人間はそっちから現場へ至 る道筋の様だ。こちらへは貨物(鉱物)だけ索道で運び出したりしてたのかな?
槙峰鉱山
宮崎県延岡市・日之影町にまたがってあった銅鉱山。五ヶ瀬川の中流,綱ノ瀬川との合流点付近にあった。1657年の発見と伝える。稼行と休山を繰り返した が,1864年延岡藩主内藤家の経営となる。1870年鉱区が東部と西部に分割され,西部の鉱業権は1889年三菱の手に渡り,槙峰鉱山と改称された。同 鉱山は三菱合資会社から三菱鉱業に継承され,1939年日平鉱山と合併。最盛期の1943年には粗銅生産23万tに達し,日本有数の銅山となる。ほかに黄 鉄鉱,磁硫鉄鉱なども産出。第2次大戦後は,次第に出鉱量が減少し,1967年閉山。[ コ トバンク
いずれにせよ半世紀以上前に閉山となり高千穂線も最早無く夢の跡というしかないのか。。

再び[地質調査所]に戻っ て当時の出荷先と出荷量の様子。
出荷先
1949年

4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
旭化成延岡工場
333
213
0
0
0
83
213
111
908
尼ヶ崎肥料(株)
0
0
0
92
154
120
152
299
817

333
213
0
92
154
158[ママ]
365
410
1,752
(単位:トン)
当時(1949(S24)12の調査),鉱山は再開されたばかりであり9月迄は貯鉱の払出とのことである。1943年の最盛期の23万tには遠く及ばない 1,752トン程度のようである。尼ヶ崎肥料は今のどこの会社だろ??

さて,脱線は終了。主に星山発電所新菅原発電所の水量を使用して発電してみる。

[構想]延岡西発電所
出力:15,000kW[+15MW]
水量:55m3/s
落差:33m
取水:五ヶ瀬川[星山発電所]網の瀬川[槙峰大橋]・八峡川49m
放水:五ヶ瀬川12.3m
導水:11.8km


~網の瀬川~

旭化成(株) 梁崎発電所[RPS 法
場所:宮崎県西臼杵郡日之影町大字七折字梁崎104番地
運開日:1999.12.01
出力:480kW
水量:1.67m3/s
RPS認定日:2004.03.15[旭化成ケミカルズ]
取水:黒 原発電所放流水92.2m付近
放水:網 の瀬川(or五ヶ瀬川)51.7m付近
   
旭化成(株) 黒原(くろばる)発電所[RPS 法
場所:宮崎県西臼杵郡日之影町大字七折字黒原55番地
運開日:1999.12.01
出力:650kW
水量:1.67m3/s
RPS認定日:2004.03.15[旭化成ケミカルズ]
取水:網 の瀬川[新菅原発電所放水口・取水堰]145.4m付近
放水:梁 崎発電所取水口92.2m付近

九州電力(株)新菅原発電所
出力:7,500kW
水量:5.5m3/s

嘗て延岡電気(株)運開でその後九電に移管された菅原(1900運開・150kW・1917出力増強600kW・1958.10廃止)と片内(1907運 開・400kW・1958.10廃止)の両発電所があった様だ[wiki
名前と時期から推論するにこの二つを纏めて新菅原発電所を作ったっぽい。

割りと大きめの新菅原の使用水量を下流の黒原・梁崎で使い切れてるかが注目だけど如何せん使用水量が不明で。。→調べたら見つかった!(既に球磨川の時に見付けてた資料だった)
新菅原の5.5m3/sは丸で使えてないささやかな1.67m3/sである。

此処では残る3.8m3/sを有効活用したい。
星山ダムに送水して星山発電所の発電量を増やすのはどうだろう?


旭化成(株) 星山発電所[旭化成NW
出力:12,200kW
水量:49.000m3/s

旭化成(株) 星山ダム[便覧
目的:発電
取水位:77.9m 付近
堤高/堤頂長:30.5m/142m
流域面積/湛水面積     770km2 ( 全て直接流域 ) /33ha
総貯水容量/有効貯水容量:   173.1万m3/91.9万m3
着手/竣工     1939/1942

旭化成(株) 五ヶ瀬川発電所=改修工事中[旭化成NW][日経] [ITmedia
竣工:1925年
出力:145,000kW予(旧:135,000kW)
水量:29.7m3/s
2019年10月に着工し、2021年10月に稼働する予定


~日之影川~

日之影土地改良区 日之影発電所


旭化成(株)水ヶ崎発電所[旭化成NW] [土 木学会誌][NHK
位置:宮崎県高千穂町水ヶ崎
使用水量:(最大)24.20m3/s (常時)11.20m3/s
有効落差:(最大)78.150m (常時)79.870m …上位高千穂放流水と下位五箇瀬川取水位の残された落差を完全に利用することにした
出力:(最大)16,000kW (常時)7,500kW
年間発電量:105*10^6 kWh (105GWh)
工事着手/発電開始:1949.12.1/1950.12.15
取水:5箇所
流域面積:465km2
流域100km2当たり流量
 豊水量:5.21m3/s
 平水量:4.09m3/s
 低水量:3.35m3/s
 渇水量:2.42m3/s

以下により差当り調整池等は設けない。
a) …流況が良好で豊渇水の差が少い。
b) 地形及び名勝の関係上貯水池を設けると利用落差が半減する上に工費も莫大となる
c) 一般供給電力と事情を異にし,日負荷の変動が少いし,工場既設の火力で十分調整出来る。
d) 年間負荷の変動は工場の電解設備に余裕があるので豊水期にフル運転し半製品となし,渇水期まで貯蔵し。完全に貯水池に代替させ得る。

JNC(株) 高千穂発電所[JNC
運開:1929年
出力:14,400kW
水量:19.48m3/s
取水:芋洗谷調整池ダム、取水堰等4箇所

九州電力(株) 桑野内発電所
調整池式
最大認可出力:6,400kW
最大使用水量:15.00m3/s
取水:桑野内ダム、取水堰等5箇所


~川走川~

旭化成(株) 川走川第二発電所[旭化 成NW
放水:川 走川(or五ヶ瀬川)330m付近

旭化成(株) 川走川第一発電所[旭化 成NW


旭化成(株) 白水発電所[旭化成NW



仲川ダム

~三ヶ所川~

九州電力(株) 三ヶ所発電所
1,400kW


旭化成(株) 馬見原発電所=改修工事中[旭化成NW
5,000kW
5.00m3/s


九州電力(株)回淵発電所
1,100kW



九州電力(株)下滝下発電所
68kW