電力総研 水力あれこれ 信濃川
20.10.20運開
中津川(信濃川水系・新潟県)

野反ダム(2,675万m3)→渋沢ダム(7.5万m3)→切明(20MW/11m3/s)→高野山ダム(56万m3)→中津川第一 (12.6MW/36.44m3/s)→穴藤ダム(58万m3)→中津川第二(22.5MW/13.91m3/s)→下船渡 (6.1MW/13.91m3/s)→(信濃川)

ぱっと見36.44m3/sで流した中津川第一の水がその後13.91と激減するので使い切れるか心配になるが穴藤ダムがそこそこの大きさなので受け止めきれるのであろう。
穴藤ダムは中津川第二に寄って11時間30分ちょいで空に出来て,中津川第一に寄って4時間半弱で満杯に出来る。
ピークが4時間半も続かなければ大丈夫ということである。なーんだ折角調べたけど俺の介入する余地無いな,,

こんな風に思って地図を見たら吃驚仰天
なんと中津川第一が穴藤ダムの下に有るでは無いか!
これでは中津川第一の大量使用水は中津川第一でも下船渡でも使われずに捨てられてしまうということ!

解決策としてはに中津川第三でも作って貯めとくことだな,,と思ったが,更にどんでん返しが!!
中津川第二の手前にはちゃんと沖の原貯水池という調整池が存在していた!

残念ながら沖ノ原貯水池は
高野山もそんな感じだけどなんか人口的な区画なのでダムっぽく無い。しかし高野山調整池が驚異の有効貯水量=総貯水量なのでこちらもそんな感じで大容量なのかも。

更に調べが進むと穴藤ダムは中津川第一の放流水をちゃんと為ては居るようだ。どうやら戦後の再開発事業で地形の中に無理矢理いれこんだっぽい。(但し水力.comさんの記載にも中津川第一の放水先に穴藤ダムの記載は無い。)
『ダム、が好き。』http://tengmu0824.blog.fc2.com/blog-category-13.html

なんか人口的で好きになれない高野山や沖ノ原だけどちゃんと機能してるらしい。
それにしてもどうやって穴藤に貯めてんだ?中津川第一の1~3号機の落差は一寸小さい=高いところに設置ということでなんとかしているのかも?
『ダムマニア』さんは
>堤体直下に中津川第一水力発電所があるが、こちらの発電所はこのダムには関係ない模様。
としている。
『Damstyle』
さんも
>直下にある発電所。ダムとの規模がアンバランスだと思ったら関係ないらしい。

となると沖ノ原調整池の貯水量でカヴァーしているのかな?此処の貯水量が解る迄は俺の出番は結局余りないようだ。

現状

http://www.suiryoku.com/gallery/nagano/kiriake/kiriake.html
http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranA/All.cgi?db4=0603
http://maps.gsi.go.jp/#15/36.718470/138.641732/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

https://www.lakes-japan.net/lake/lakeNozori/lakenozori.html
野反(のぞり)ダム
東京電力RP(株)
目的:発電
群馬県吾妻郡中之条町←なんと長野県を通り越して水源地は長野県にあった。すげえなあ。奥深い本州山岳地帯。標高日本一らしい
歴史
    昭和28(1953)年  :着工
    昭和31(1956)年6月:竣工
堤高:44.00m、堤頂長:152.50m
容量
     総貯水容量:2,705.0万m3    有効貯水容量:2,675.0万m3
面積
    集水面積:16.56平方キロメートル
    直接集水面積:9.29km2
    間接集水面積:7.27km2(北沢・ハンノ木沢)
    湛水面積: 1.80平方キロメートル
標高
     天端標高:1517m
    満水位標高:1513m
    低水位標高:1489m
     基礎標高:1473m
導水:北沢ハンノ木沢→[野反ダム]1505m→千沢

まず最初の謎は,何故野反ダムから渋沢ダム迄500mも下げるのに発電をしないんだって事である。集水面積が 16.56km2しかないからまあ精々1.6m3/s程度だってのは想像が付くが,上信越高原国立公園内で開発許可が下りなかったのか?地下に造るとか色 々あるだろうに。

また大高沢・中高沢からも取水出来そう。

まあ面積は極小で3.4km2しかない。0.3m3/sが精々である。

しかし併せて20km2となると云う事で2.0m3/s程度を設定。

[妄想]渋沢発電所or奥中津川発電所
出力:6,900kW[+6.9MW]
水量:2.0m3/s
落差:417m

http://www.suiryoku.com/gallery/nagano/kiriake/kiriake.html
渋沢(しぶさわ)ダム
歴史
    昭和28(1953)年:着工
    昭和30(1955)年:竣工
    堤高:20.7m、堤頂長:33.8m
容量
     総貯水容量:22.0万m3→地図ではそんなダムがある様には見えないんだけど。。
    有効貯水容量: 7.5万m3
面積
    集水面積:77.3 平方キロメートル
    湛水面積: 0.03平方キロメートル
導水:[野反ダム]1505m→(千沢経由)→[渋沢ダム]1082m


http://www.suiryoku.com/gallery/nagano/kiriake/kiriake.html

東京電力RP(株) 切明発電所
    所有:東京電力株式会社[運開]
    昭和30(1955)年11月  :運用開始
 :水路式調整池式
出力
    認可最大出力:20000kW
      常時出力: 4800kW
水量
    最大使用水量:11.00立方メートル毎秒
落差
    有効落差:213.00m
設備
    水車: 出力22000kW1台
  
    導水路:総延長11340.2m(2条分)、
標高
    取水位標高:1076.0 m(渋沢ダム)
    取水位標高:1074.0 m
    取水位標高:1073.8 m
    放水位標高: 851.38m
面積
    流域面積:174.9平方キロメートル
河川
    取水:中津川[渋沢ダム]1083m、雑魚川取入口外川沢?
    放水:中津川第一発電所、雑魚川851m



http://maps.gsi.go.jp/#15/36.942689/138.637998/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

http://www.suiryoku.com/gallery/niigata/nakatgw1/nakatgw1.html
    高野山(こうのやま)ダム
歴史
    昭和43(1968)年:着工
    昭和46(1971)年:竣工

    堤高:33m、堤頂長:380m、
容量
     総貯水容量:560,000立方メートル
    有効貯水容量:560,000立方メートル
面積
    集水面積:218.8 平方キロメートル
    湛水面積: 0.07平方キロメートル
取水:中津川(切明P/S余水吐付近)雑魚川切明発電所・途中の沢
放水:中津川第一発電所穴藤ダム中津川


中津川第一から穴藤への放水が不可で且つ沖ノ原調整池の規模が小さい場合に限り:

[妄想]中津川第三発電所
出力:64,900kW
水量:20m
落差:390m
取水:高野山ダム
放水:穴藤ダム

http://maps.gsi.go.jp/#15/36.944130/138.658769/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

http://www.suiryoku.com/gallery/niigata/nakatgw2/nakatgw2.html
    穴藤(けっとう)ダム
歴史
    昭和43(1968)年  :着工
    昭和47(1972)年7月:竣工
    堤高:55.3m、堤頂長:130m、
容量
     総貯水容量:630,000立方メートル
    有効貯水容量:580,000立方メートル
面積
    集水面積:317.6 平方キロメートル
    湛水面積: 0.06平方キロメートル


http://www.suiryoku.com/gallery/niigata/nakatgw1/nakatgw1.html
東京電力RP(株) 中津川第一発電所
    所有:信越電力株式会社[運開]
    大正13(1924)年 9月  :運用開始
    水路式調整池式
出力
    認可最大出力:126000kW
      常時出力: 13900kW
水量
    最大使用水量:36.44立方メートル毎秒
    1~3号機:12.90立方メートル毎秒
      4号機:23.54立方メートル毎秒
落差
    有効落差:414.88m(1~3号機)
         409.58m(4号機)
設備
    水車:4台 総出力131400kW
    導水路:総延長18827.7m
標高
    取水位標高:852.26m
    取水位標高:860.43m
    取水位標高:841.81m
    放水位標高:不明m
面積
    流域面積:218.2平方キロメートル
河川
    取水:高野山調整池[高野山ダム]
    放水:中津川第二発電所、中津川

沖の原貯水池
http://maps.gsi.go.jp/#16/37.004283/138.653437/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1


http://www.suiryoku.com/gallery/niigata/nakatgw2/nakatgw2.html

東京電力RP(株) 中津川第二発電所

    所有:信越電力株式会社[運開]
    大正11(1922)年11月  :運用開始
水路式:調整池式
出力
    認可最大出力:22500kW
      常時出力: 7420kW
水量
    最大使用水量:13.91立方メートル毎秒
落差
    有効落差:171.25m
設備
    水車:2台 総出力23200kW
    導水路:総延長6970.9m
標高
    取水位標高:430.00m
    放水位標高:230.36m
面積
    流域面積:317.6平方キロメートル
河川
    取水:中津川[穴藤ダム]+中津川第一発電所→沖野原調整池
    放水:下船渡発電所

http://www.suiryoku.com/gallery/niigata/simfunat/simfunat.html
東京電力RP(株) 下船渡発電所
    所有:東京電力株式会社[運開]
    昭和29(1954)年1月  :運用開始
 水路式流込み式
出力
    認可最大出力:6100kW
      常時出力:2800kW
水量
    最大使用水量:13.91立方メートル毎秒
落差
    有効落差:52.34m
設備
    水車: 出力6800kW1台
 
    導水路:総延長3984.3m
標高
    取水位標高:232.00m
    放水位標高:171.14m
面積
    流域面積:342.6平方キロメートル
河川
    取水:中津川第二発電所、中津川
    放水:信濃川