電 力総研 水 力あれこれ 天竜川中上流域
と はずがたりな掲示板(利 水スレ電 力スレ)
運開:20.11.26
阿知川・阿智川

1.概況 2.現況と増強(昼神発電所[+5.4MW]・駒場発電所・三穂発電所・阿知川発電所)
3.開発(3-1:奥阿智第一発電所[+3.85MW]・奥阿智第二発電所[+7.15MW]3-2:阿知川第一発電所[+10.9MW]・阿知川第二発電所[+7.79MW])

1.概況

阿智川は水量が豊富な日本アルプス沿いの河川。
行政区画は阿智村だけど発電所は阿知川の様だ。河川は両方使うみたい。

出典:天竜川上流河川事務所

2.現況
発電所名
運開
出力
取水位
放水位
落差
水量
その他
昼神
1944
8,700kW
753.10m
607.84m
137.88m
7.40m3/s

駒場
1937
5,600kW
606.71m
507.16m
92.00m
7.235m3/s

三穂
1930
6,000kW
515.20m
414.88m
94.55m
8.06m3/s

阿知川
1923
810kW
393.31m
372.57m
18.52m
5.57m3/s









段々上流へ向けて開発が進んでいったのが解る。昼神の時点で126.4m3/sあって多雨地帯だし12.6m3/sは使える筈。。また駒場は使用水量が小さめ。阿知川は非常に小さい。
昼神と阿知川は増強してみたが,駒場と三穂は未だ。なんとかしたい。

(源流)

阿智川取水堰
地図では調整池っぽく見えるけど昼神P/Sが流込式なので貯留量は無さそう。。
清内路川との合流部
取水量:?
標高:754m付近

本谷川取水堰
取水量:?
標高:753m

横川川取水堰
取水量:
標高:

中部電力(株) 昼神発電所[水力][松本市教
所有:日本発送電株式会社[運開]
昭和19(1944)年12月  :運用開始
水路式・流込式
認可最大出力:8700kW→14,100kW[+5.4MW]  常時出力:2700kW
最大使用水量:7.40m3/s→12.6m3/s 
有効落差:137.88m
水車: 出力8950kW1台
導水路:総延長8058.9m、主要導水路 幅2.02m高2.44m、延長7698.9m
流域面積:126.4平方キロメートル
取水:本谷川→横川川、阿知川、他(←他にもある!?)753.10m
放水:阿知川[駒場発電所]607.84m

戦中の運開だが使用水量が小さい。12.6m3/s位迄は増やせる筈。

中部電力(株) 駒場発電所[水力]
所有:不明[運開]
昭和12(1937)年10月  :運用開始
水路式・流込式
認可最大出力:5600kW  常時出力:2700kW
最大使用水量:7.235立方メートル毎秒
有効落差:92.00m
水車:出力5800kW1台
導水路:総延長4464.2m
流域面積:140.4平方キロメートル
取水:阿知川[昼神発電所]606.71m
放水:阿知川[三穂発電所]507.16m

中部電力(株) 三穂発電所[水力]
昭和 5(1930)年3月  :運用開始[不明]
水路式・流込式
認可最大出力:6000kW  常時出力:3100kW
最大使用水量:8.06立方メートル毎秒
有効落差:94.55m
水車:出力3581kW2台
導水路:総延長3360.5m
流域面積:184.5平方キロメートル
取水:阿知川[駒場発電所]515.20m
放水:阿知川[阿知川発電所]414.88m


駒場P/Sと三浦P/Sの増強も必要である。14m3/s程水量を使える所を7~8m3/s程度しか使っていない。
廃止してリプレースも視野に入るが,取り敢えず平行して建設しても良い。(→増強)


中部電力(株) 阿知川発電所[水力]
所有:不明[運開]
大正12(1923)年1月  :運用開始
水路式・流込式
認可最大出力:810kW  常時出力:720kW
最大使用水量:5.57立方メートル毎秒
有効落差:18.52m
水車:出力860kW1台
導水路:総延長1013.3m、主要導水路 幅2.00m高2.18m、延長812.6m
流域面積:213.0平方キロメートル
取水:阿知川393.31m
放水:阿知川372.57m

使用水量が少ない阿知川発電所のリプレースが必要。(→リプレース)


3.開発

3.1 奥地開発

先ずは昼神発電所の阿知川取水堰を目指して開発!
源流部。こんな感じの場所
1100m付近で10m程の堰堤作って取水(詰まり取水位1110m)。20.16km2
清流などで魚道の整備など配慮は必要。

黒川:20.16km2


隣の小黒川でも取水出来る。

小黒川:4.62km2


最終放流先が754m付近阿智川取水堰。1110-760=350m程あるので一遍に落とすのは難しいので半分の175m辺りで一遍発電してみる。920m辺り。此処やな♪

[構想]奥阿智第一発電所
出力:3,850kW[+3.85MW]
水量:2.5m3/s
落差:185m
取水:黒川・小黒川1110m
放水:黒川920m

さて,この下。

導水:7.3km(水圧鉄管や排水路642m)

流域:52.6km2


[構想]奥阿智第二発電所
出力:7,150kW[+7.15MW]
水量:5.3m3/s
落差:162m
取水:黒川・小黒川・孫六沢・清内路川920m
放水:黒川753m

3.2 下流開発


水路


[構想]阿知川第一発電所

①追加ケース
②代替ケース
出力: 10,900kW
21,800kW
水量: 7.0m3/s
14.0m3/s
落差:
187m
導水:
8.35km
取水:
阿知川[昼神発電所]606.71m
放水:
阿知川[阿知川発電所]414.88m
廃止:
0MW
▲11.6MW
総出力:
22.5MW[+10.9MW]
21.8MW[+10.2MW]

メリット:出力が0.7MW多い・投資額が小さい
デメリット:維持費がでかい

メリット:維持費が小さい
デメリット:出力が0.7MW小さい・投資額が大きい

①案を推す。


[構想]阿知川第二発電所
出力:8,600kW[+7.79MW](旧阿知川P/S:0.81MW)
水量:20.0m3/s
落差:51.9m
面積:213.0km2
放水:阿知川[三穂電所]414.88m
放水:天竜川[泰阜ダム]358m